群馬大学 大学院医学系研究科 医学部 医学科

本文ヘジャンプします
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

  • Home
  • 組織
  • 臨床医学領域 内科学講座
  • 内分泌代謝内科学

臨床医学領域 内科学講座

内分泌代謝内科学

 当教室は、内分泌代謝糖尿病学を専門としています。附属病院においては、糖尿病や甲状腺疾患、副腎、下垂体疾患など各種内分泌代謝疾患を扱っており、臨床研修制度もこれらの広い領域の疾患を対象に学習することができるようプログラムを組んでいます。また、大学院では上記疾患の発症機構や治療法の開発を研究し世界的な成果を発表し、厚労省や学会の多くのガイドラインや診断治療指針の策定に関与しています。

  • スタッフ
  • 研究と教育
  • 臨床業務
  • 社会貢献
  • 業績
  • 沿革

スタッフ

教 授 山田 正信 医学博士
准教授(保健学科) 小澤 厚志 医学博士
講 師 岡田 秀一 医学博士
山田英二郎 医学博士
助教(医学教育センター)/講師(病院) 齋藤 従道 医学博士
講師(病院) 中島 康代 医学博士
堀口 和彦 医学博士
助教(病院) 松本 俊一 医学博士
石田 恵美 医学博士
助教(地域医療センター) 土岐 明子 医学博士

ページの先頭へ移動する

研究内容

研究内容

 研究グループとして内分泌グループ、糖尿病グループがあります。いずれのグループでも対象とする疾患の臨床研究に加え、手術などで得られた検体のゲノム解析やトランスクリプトーム解析、そして、ノックアウトマウスなどのモデル動物や種々のin vitroの実験系を用いて、対象疾患の発症機構に関与する新たな分子標的や情報伝達系の異常を明らかとし、新規の診断法や治療法の開発を目指しています。また、臨床疫学的研究も盛んで、疾患発症や予後を決定する因子を検討し先制医療を目指しています。

教育業務

 医学部教育では、1年次「これから始まる健康管理」、3年生次「遺伝子と病気」、4年次「内分泌糖尿病」の系統講義、「内科診断学実習」、6年次「実践臨床病態学」に加え、5年次6年次の「臨床実習」を担当しています。特に臨床実習では、診療参加型実習に向けた体制をとり、学生からの評価をフィードバックし毎年改善に努力しています。また、卒後教育において臨床研修1,2年次を臨床研修センターと協力し受け入れ指導しています。
 医学部修士課程では内分泌糖尿病の臨床医学概論の講義、大学院の講義では、「トランスジェニックマウス、ノックアウトマウス作製法」などを担当しています。

ページの先頭へ移動する

臨床業務

 内分泌代謝内科では「内分泌・糖尿病内科」を担当し、外来と入院症例(南9階)を担当しています。群馬県を中心とする北関東の医療機関から診断や治療に苦渋している患者さんが多く紹介されてきます。当科では、最先端の画像診断や遺伝子診断などを用いて迅速に診断を行い、最先端の治療法を駆使して治療を行っています。また、県内においては3次救急としてICUや救急部と協力し北関東の患者さんの最後の砦となっています。

ページの先頭へ移動する

社会貢献

 群馬県や北関東の医師に、最新の診断法や治療法について学術講演会などを行っています。また、市民に対しては講演会や市民公開講座を開催し、疾患の予防や治療法について啓蒙活動を行っています。また、工学部や生体調節研究所、企業との共同研究により、新たな治療法や診断法を開発し製品化を目指しています。

ページの先頭へ移動する

業績

Transducin β-like 1, X-linked and nuclear receptor co-repressor cooperatively augment the ligand-independent stimulation of TRH and TSHβ gene promoters by thyroid hormone receptors. Takamizawa T, Satoh T, Miyamoto T, Nakajima Y, Ishizuka T, Tomaru T, Yoshino S, Katano-Toki A, Nishikido A, Sapkota S, Watanabe T, Okamura T, Ishida E, Horiguchi K, Matsumoto S, Ishii S, Ozawa A, Shibusawa N, Okada S, Yamada M.
Endocr J. 2018 Aug 27;65(8):805-813. doi: 10.1507/endocrj.EJ17-0384. Epub 2018 May 23.

Variation of measured values associated with different lots of sensors for the FreeStyle Libre.
Okada J, Yamada E, Saito T, Okada S, Yamada M.
J Diabetes. 2018 Dec;10(12):986-987. doi: 10.1111/1753-0407.12819. Epub 2018 Jul 24.

Correlation Between Lateralization Index of Adrenal Venous Sampling and Standardized Outcome in Primary Aldosteronism.
Umakoshi H, Tsuiki M, Yokomoto-Umakoshi M, Takeda Y, Takashi Y, Kurihara I, Itoh H, Katabami T, Ichijo T, Wada N, Shibayama Y, Yoshimoto T, Ashida K, Ogawa Y, Kawashima J, Sone M, Inagaki N, Takahashi K, Watanabe M, Matsuda Y, Kobayashi H, Shibata H, Kamemura K, Otsuki M, Fujii Y, Yamamto K, Ogo A, Okamura S, Miyauchi S, Fukuoka T, Izawa S, Yanase T, Hashimoto S, Yamada M, Yoshikawa Y, Kai T, Suzuki T, Kawamura T, Naruse M.
J Endocr Soc. 2018 May 24;2(8):893-902. doi: 10.1210/js.2018-00055. eCollection 2018 Aug 1.

The Impact of Short-Term Professional Continuous Glucose Monitoring on Glycemic Control Via Lifestyle Improvement.
Shibusawa R, Yamada E, Okada S, Nakajima Y, Bastie CC, Yamada M.
Diabetes Technol Ther. 2018 Sep;20(9):628-631. doi: 10.1089/dia.2018.0164.

Metformin administration attenuates dipeptidyl peptidase-4 inhibitor-induced increases in Krebs von den Lungen-6 (KL-6) levels.
Okada J, Yamada E, Niijima Y, Okada S, Yamada M.
J Diabetes. 2019 Jan;11(1):95-96. doi: 10.1111/1753-0407.12852. Epub 2018 Oct 7.

Dipeptidyl peptidase-4 inhibitors attenuate thyroid-stimulating hormone concentrations.
Okada J, Yamada E, Niijima Y, Okada S, Yamada M.
J Diabetes. 2019 Jun;11(6):497. doi: 10.1111/1753-0407.12895. Epub 2019 Jan 28.

Contribution of Thyrotropin-Releasing Hormone to Cerebellar Long-Term Depression and Motor Learning.
Watanave M, Matsuzaki Y, Nakajima Y, Ozawa A, Yamada M, Hirai H.
Front Cell Neurosci. 2018 Dec 12;12:490. doi: 10.3389/fncel.2018.00490. eCollection 2018.

Age-Dependent Progression of Renal Dysfunction After Adrenalectomy for Aldosterone-Producing Adenomas in Japan.
Yoshioka M, Nakajima Y, Miyamoto T, Igarashi T, Sakamaki K, Akuzawa M, Ishida E, Horiguchi K, Yamada E, Saito T, Ozawa A, Shimomura Y, Kobayashi I, Andou Y, Shirabe K, Yamada M.
J Endocr Soc. 2018 Dec 17;3(3):577-589. doi: 10.1210/js.2018-00260. eCollection 2019 Mar 1.

High Prevalence of Diabetes in Patients With Primary Aldosteronism (PA) Associated With Subclinical Hypercortisolism and Prediabetes More Prevalent in Bilateral Than Unilateral PA: A Large, Multicenter Cohort Study in Japan.
Akehi Y, Yanase T, Motonaga R, Umakoshi H, Tsuiki M, Takeda Y, Yoneda T, Kurihara I, Itoh H, Katabami T, Ichijo T, Wada N, Shibayama Y, Yoshimoto T, Ashida K, Ogawa Y, Kawashima J, Sone M, Inagaki N, Takahashi K, Fujita M, Watanabe M, Matsuda Y, Kobayashi H, Shibata H, Kamemura K, Otsuki M, Fujii Y, Yamamoto K, Ogo A, Okamura S, Miyauchi S, Fukuoka T, Izawa S, Hashimoto S, Yamada M, Yoshikawa Y, Kai T, Suzuki T, Kawamura T, Naruse M; Japan Primary Aldosteronism Study Group.
Diabetes Care. 2019 May;42(5):938-945. doi: 10.2337/dc18-1293.

Latent Autonomous Cortisol Secretion From Apparently Nonfunctioning Adrenal Tumor in Nonlateralized Hyperaldosteronism.
Ohno Y, Sone M, Inagaki N, Takeda Y, Kurihara I, Tsuiki M, Ichijo T, Wada N, Katabami T, Ogawa Y, Okamura S, Fukuoka T, Kai T, Izawa S, Yoshikawa Y, Hashimoto S, Yamada M, Chiba Y, Naruse M; JPAS/JRAS Study Group.
J Clin Endocrinol Metab. 2019 Oct 1;104(10):4382-4389. doi: 10.1210/jc.2018-02790.

Central Hypothyroidism Related to Pituitary Adenomas: Low Incidence of Central Hypothyroidism in Patients With Acromegaly.
Takamizawa T, Horiguchi K, Nakajima Y, Okamura T, Ishida E, Matsumoto S, Yoshino S, Yamada E, Saitoh T, Ozawa A, Tosaka M, Yamada S, Yamada M.
J Clin Endocrinol Metab. 2019 Oct 1;104(10):4879-4888. doi: 10.1210/jc.2019-00466.

Lower Renal Threshold for Glucose Reabsorption in Type 1 Diabetes Mellitus (T1DM) May Explain the Smaller Contribution of SGLT2 Inhibitors to the Improvement of Plasma Glucose Control Compared with T2DM.
Osaki A, Shimoda Y, Okada J, Yamada E, Saito T, Nakajima Y, Ozawa A, Niijima Y, Okada S, Yamada M.
Diabetes Ther. 2019 Aug;10(4):1531-1534. doi: 10.1007/s13300-019-0649-8. Epub 2019 Jun 13.

Analysis of FAM19A2/TAFA-2 function.
Okada J, Yamada E, Saito T, Ozawa A, Nakajima Y, Pessin JE, Okada S, Yamada M.
Physiol Behav. 2019 Sep 1;208:112581. doi: 10.1016/j.physbeh.2019.112581. Epub 2019 Jun 17.

Dapagliflozin rescues endoplasmic reticulum stress-mediated cell death.
Shibusawa R, Yamada E, Okada S, Nakajima Y, Bastie CC, Maeshima A, Kaira K, Yamada M.
Sci Rep. 2019 Jul 8;9(1):9887. doi: 10.1038/s41598-019-46402-6.

Historical changes and between-facility differences in adrenal venous sampling for primary aldosteronism in Japan.
Fujii Y, Takeda Y, Kurihara I, Itoh H, Katabami T, Ichijo T, Wada N, Shibayama Y, Yoshimoto T, Ogawa Y, Kawashima J, Sone M, Inagaki N, Takahashi K, Watanabe M, Matsuda Y, Kobayashi H, Shibata H, Kamemura K, Otsuki M, Yamamto K, Ogo A, Yanase T, Okamura S, Miyauchi S, Fujita M, Suzuki T, Umakoshi H, Ogasawara T, Tsuiki M, Naruse M; JPAS Study Group.
J Hum Hypertens. 2019 Aug 28. doi: 10.1038/s41371-019-0229-4. [Epub ahead of print]

Genetics of Congenital Isolated TSH Deficiency: Mutation Screening of the Known Causative Genes and a Literature Review.
Sugisawa C, Takamizawa T, Abe K, Hasegawa T, Shiga K, Sugawara H, Ohsugi K, Muroya K, Asakura Y, Adachi M, Daitsu T, Numakura C, Koike A, Tsubaki J, Kitsuda K, Matsuura N, Taniyama M, Ishii S, Satoh T, Yamada M, Narumi S.
J Clin Endocrinol Metab. 2019 Dec 1;104(12):6229-6237. doi: 10.1210/jc.2019-00657.

Correlation between urinary fractionated metanephrines in 24-hour and spot urine samples for evaluating the therapeutic effect of metyrosine: a subanalysis of a multicenter, open-label phase I/II study.
Takekoshi K, Satoh F, Tanabe A, Okamoto T, Ichihara A, Tsuiki M, Katabami T, Nomura M, Tanaka T, Matsuda T, Imai T, Yamada M, Asada S, Kawata N, Naruse M.
Endocr J. 2019 Sep 10. doi: 10.1507/endocrj.EJ19-0125. [Epub ahead of print]

ページの先頭へ移動する

沿革

昭和18年(1943年)5月10日 前橋医専開校

昭和19年(1944年)6月:七條小次郎先生が初代教授として第一内科を設立。
内分泌代謝、呼吸器、消化器の臨床ならびに研究専門分野を創設。
日本内分泌学会などを開催。第6代病院長(昭和26年~昭和27年)
山田隆司・信州大学老年内科教授、下田新一・獨協医科大学内分泌内科教授(笠井喜久男教授が継承)、女屋敏正・山梨医科大学第3内科教授、竹村喜弘・獨協医科大学越谷病院内科教授(犬飼敏彦教授が継承)を輩出した。

昭和47年(1972年)4月:第2代教授に小林節雄先生が就任。
日本アレルギー学会学術総会や世界アレルギー学会を前橋で開催。
小林功・群馬大学中央検査部教授、中澤次夫・群馬大学保健学科教授を輩出した。
第20代病院長(昭和55年~昭和59年)
この間昭和49年9月~昭和50年4月 立石武先生が教授として肺結核の臨床にご尽力された。

平成3年(1991年)8月:第3代教授に森昌朋先生が就任。

平成15年(2003年):大学院大学への部局化により、病態制御内科に名称が変更。
日本内分泌学会、日本甲状腺学会、日本肥満学会、日本神経内分泌学会などを開催。
村上正巳・群馬大学中央検査部教授、石塚全・福井大学第3内科教授、麻生好正・獨協医科大学内分泌内科教授、大島喜八・群馬大学保健管理センター教授、長嶺竹明・群馬大学保健学科教授、土橋邦男・群馬大学保健学科教授、下村洋之助・群馬県立医療短期大学教授、清水弘行・桐生大学教授を輩出。

平成25年(2013年)6月:第4代教授に山田正信先生が就任。

平成29年(2017年)4月:内科学講座 内分泌代謝内科学に改組