本文へジャンプ メインメニューへジャンプ
国立大学法人群馬大学 大学院医学系研究科 医学部医学科
国立大学法人群馬大学 大学院医学系研究科 医学部医学科
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
研究組織・大学院
Graduate
ここから本文です

乳腺・内分泌外科学 <臨床医学領域 総合外科学講座>
Breast and Endocrine Surgery <Clinical Medicine Department of General Surgical Science>

乳癌は女性の癌で罹患率が1990年代から最も高く、かつ発症年齢も他臓器の癌と異なり、40-60歳代に発症のピークがあり、社会的にも重要な癌である。乳腺・内分泌外科分野では、乳癌をはじめとする乳腺疾患、甲状腺疾患、上皮小体(副甲状腺)疾患の診断、治療をおこなっている。特に乳癌においては、現在の日本乳癌学会の前身となる乳癌研究会の時代から、学術集会の主催や乳癌取り扱い規約の刊行に関わるなど、日本の乳癌診療において中心的な役割を果たしてきている。研究面では、乳癌の薬物感受性や予後因子の解析を中心に行っており、世界に通じる研究を推進している。

Breast cancer is the highest incidence disease among female malignant neoplasm. We review diagnosis and treatment of breast cancer and endocrine disorders. Basic research includes 1) mechanism of therapy resistance in breast cancer, 2) tumor angiogenesis, 3) biomarker of sensitivity for breast cancer treatment, 4) an exhaustive analysis of breast cancer prognostic factors, including micro RNA and tumor infiltrating lymophocytes (TILs). In addition, clinical study includes 1) additional usefulness of FDG-PET in breast cancer, 2) Mechanism of lymph node metastasis, 3) analysis of navigation surgery for identification of parathyroid glands and sentinel lymph nodes.
It is not necessary to focus on the specific research subject, which you belong to. We held a research conference every week and discuss everything to solve the research problems with our professor.

スタッフ Staff

分野主任・准教授 Director/Associate Professor 藤井 孝明FUJII Takaaki, MD, PhD, FACS
助教 Assistant Professor 矢島 玲奈YAJIMA Reina, MD, PhD
助教 Assistant Professor 尾林 紗弥香OBAYASHI Sayaka , MD, PhD
助教 Assistant Professor 荻野 美里OGINO Misato, MD, PhD
助教 Assistant Professor 中澤 祐子NAKAZAWA Yuko, MD, PhD
講師(地域医療研究・教育センター) Senior Assistant Professor
(Center of Regional Medical Research and Education)
菊地 麻美KIKUCHI Mami, MD, PhD
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です