本文へジャンプ メインメニューへジャンプ
国立大学法人群馬大学 大学院医学系研究科 医学部医学科
国立大学法人群馬大学 大学院医学系研究科 医学部医学科
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
研究組織・大学院
Graduate
ここから本文です

法医学 <基礎・基盤医学領域 法医学講座>
Legal medicine <Basic Medicine Department of Legal medicine>

教室・講座

法医学は、自然科学に基づき研究・開発されてきた方法や技術を社会問題解決に応用する科学である。すなわち、法医学は広範囲、ときに複合する分野にわたる社会上の諸問題に対応する。これら社会生活上の諸問題や法律にかかわる諸問題を解決するためにあらゆる科学が動員される。例えば、基礎科学から臨床医学を包括する科学(法医病理学)、生物学から数学を包含する科学(法医遺伝学)、歯科学から人類学にわたる領域を包括する科学(法歯学)等が挙げられ、法医学はこれらの科学から成っている。当教室の活動は、死後画像診断から遺伝子解析、法医病理学を包含する融合型法医解剖を実施し、広く納得できる死因の究明を行うと同時に死因究明の中から新たな課題を見いだし、それを解決する過程を通して次世代の後継者育成を目指している。

教室・講座

Legal medicine is essentially the application of scientific methods and techniques to matters involving the public: that covers a lot of ground. Every science from chemistry to medicine, from biology to statistics, from dentistry to anthropology, can be a forensic science if it has some applications to the law or public matter. Our department has been conducting autopsy to elucidate cause and manner of death using histopathological examination, postmortem imaging and genetic analysis. When such investigation raised important issues in practical forensic autopsy, we have developed unique techniques including superimposed CT imaging and postmortem coronary CT angiography. Through such processes, we can cultivate human resources capable of undertaking autopsy to demonstrate the bona fide cause and manner of death.

スタッフ Staff

分野主任
分野主任・教授 Director/Professor 小湊 慶彦KOMINATO Yoshihiko
准教授Associate Professor 佐野 利恵SANO Rie
講師 Senior Assistant Professor 高橋 遥一郎TAKAHASHI Yoichiro
助教 Assistant Professor 早川  輝HAYAKAWA Akira
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です