本文へジャンプ メインメニューへジャンプ
国立大学法人群馬大学 大学院医学系研究科 医学部医学科
国立大学法人群馬大学 大学院医学系研究科 医学部医学科
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
研究組織・大学院
Graduate
ここから本文です

生命医科学専攻 教育ポリシー

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)-このような人を求めています-

人材育成の目標

医の科学(Science)、倫理(Ethics)、技能(Skill)の探求とそれらの統合による医学の研究と教育の推進並びに医学と医療をリードする人材の育成を目指しています。

入学者に求める能力・資質

本専攻の課程で学び、生命医科学分野の知識と実践力を身に付け、高度専門職業人や研究者を志す人を受け入れます。具体的には、

  1. 高い倫理観と豊かな学識に立脚し、自立して研究を行う能力を身に付ける意欲のある人
  2. 身に付けた知識や技能を生かし、医学・医療・福祉の分野で高度専門職業人として社会の発展に貢献する意欲のある人
  3. 身に付けた知識や技能を更に発展させ、博士課程に進学し、生命医科学分野の研究者・教育者を目指す人

選抜方法

本専攻で求める能力・資質に合致した意欲のある学生を選抜するために、外国語(英語)試験と口述試験を行い、出身大学等の成績と併せて総合して合否を判定します。また、学習機会の拡大のため、10月入学の制度を設けています。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)-このような教育を行います-

生命科学と医学との融合領域である生命医科学を対象として次のような教育を行います。

  1. 生命現象の解明を医学的観点から進めるとともに、病気の診断と治療、さらには健康の増進や生活の質の向上を目指した新しい医療の創出を目指した体系的教育
  2. 生命科学・医学・医療の基礎的知識・手技及び必要とされる倫理観を修得させた後、研究課題や進路に応じた実践的な専門的知識を修得させる教育
  3. 研究の立案・遂行・応用に必要な知識と研究成果発表の方法を修得させて修士論文を作成させ、各領域のリーダーにふさわしい能力を育成する教育

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)-このような人材を育てます-

生命医科学の各領域における教育を受け、高い倫理観と豊かな学識に立脚し、自立して研究を行う能力を身につけ、修了要件を満たした次のような者に、修士の学位を授与します。

  1. 生命科学・医学・医療・福祉の各領域で活躍できる、専門的知識・高度な技術を修得した者
  2. 生命医科学の各研究領域でリーダーシップを発揮して、研究に携わることができる者

教育ポリシー(英文)

ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です