本文へジャンプ メインメニューへジャンプ
国立大学法人群馬大学 大学院医学系研究科 医学部医学科
国立大学法人群馬大学 大学院医学系研究科 医学部医学科
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
研究組織・大学院
Graduate
ここから本文です

薬理学 <基礎・基盤医学領域 薬理学講座>
Pharmacology <Basic Medicine  Department of Pharmacology>

教室・講座

近年、統合失調症や認知症または自閉症スペクトラム障害などに代表される精神神経疾患に罹患する患者数は年々増加している。こうした精神神経疾患はどのように発症するのか理解する上で鍵となるのはシナプスの異常である。シナプスは複雑な脳神経ネットワーク内で情報が伝達される際の中継点で、シナプスを介した情報伝達の異常が精神神経疾患の発症につながると考えられている。 シナプスに注目してその発症機序を分子レベルで明らかにするために、生化学的手法とマウス遺伝学そして超解像イメージング技術を駆使して私たちは研究を展開している。これらの研究で得られた結果を基に新たな創薬標的を見出し、治療法の開発に結び付けたいと考えている。

The number of patients of neuropsychiatric disorders, including schizophrenia, dementia, and autism spectrum disorder is increasing rapidly in the past decades. We are addressing the machineries of the causes of such disorders. Most of these patients have problems with synaptic transmission. Synapses are the relay points for information transmitted within a complex neuronal network. Abnormal synaptic transmission is thought to be a cause of neuropsychiatric disorders. In order to understand the machinery of the cause at the molecular level, we study disease model mice with biochemical methods and super-resolved fluorescence microscopies including STED microscopy and STORM. Based on the new findings of these studies, we are planning to discover new drug targets and develop new treatments for neuropsychiatric disorders.

スタッフ Staff

分野主任・教授 Director/Professor 川辺 浩志 博士 (医学)KAWABE Hiroshi, M.D., Ph.D.
准教授Associate Professor 花村 健次 博士 (理学)HANAMURA Kenji, Ph.D.
助教Assistant Professor 小金澤 紀子 博士 (生命科学)KOGANEZAWA Noriko, Ph.D.
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です