本文へジャンプ メインメニューへジャンプ
国立大学法人群馬大学 大学院医学系研究科 医学部医学科
国立大学法人群馬大学 大学院医学系研究科 医学部医学科
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
研究組織・大学院
Graduate
ここから本文です

生体構造学 <基礎・基盤医学領域 生体構造学講座>
Anatomy and Cell Biology <Basic Medicine  Department of Anatomy and Cell Biology>

当分野では生体の構造と機能を細胞レベル、細胞小器官レベル、分子レベルで解明することを目指しています。教授 松崎利行は2010年4月に着任し、細胞膜に分布する膜タンパク質の解析を中心テーマに据え、研究しています。形態学・組織化学を基盤として、通常の光学顕微鏡はもとより、電子顕微鏡、共焦点顕微鏡などの様々なバイオイメージングの手法を活用しています。遺伝子操作をはじめとする分子生物学的、細胞生物学的手法も積極的に取り入れて、多方面からのアプローチによる研究を進めています。解剖学、細胞生物学教育においても、このような生体構造の重要性を強調しながら教育にあたっています。

We aim to elucidate the biological structure and function of the human body at the cell and molecular level. We analyze the function and regulation of cell membrane proteins by using histochemical and biochemical techniques. We also educate the medical students and graduate students in anatomy and cell biology.

スタッフ Staff

生体構造学
分野主任・教授 Director/Professor 松崎 利行 医学博士 MATSUZAKI Toshiyuki, MD., Ph.D.
講師 Senior Assistant Professor 向後  寛 理学博士KOUGO Hiroshi, Ph.D.
講師 Senior Assistant Professor 向後 晶子 理学博士KOUGO Akiko, Ph.D.
助教 Assistant Professor 池澤 麻衣子 医学博士IKEZAWA Maiko, Ph.D.
助教(医学教育センター)Assistant Professor
(Center for Medical Education)
山本 華子 医学博士YAMAMOTO HANAKO, Ph.D.
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です