本文へジャンプ メインメニューへジャンプ
国立大学法人群馬大学 大学院医学系研究科 医学部医学科
国立大学法人群馬大学 大学院医学系研究科 医学部医学科
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
研究組織・大学院
Graduate
ここから本文です

呼吸器外科学 <臨床医学領域 総合外科学講座>
General Thoracic Surgery <Clinical Medicine Department of General Surgical Science>

当教室では呼吸器外科領域における各疾患の様々なテーマに対して、基礎研究から臨床研究、臨床試験まで様々な分野の研究を行っています。
呼吸器外科では、肺癌、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍などの悪性疾患に加え、良性腫瘍、感染性肺疾患、膿胸、気胸などの数多くの胸部疾患を取り扱っています。この中でも肺癌は頻度が一番多く、日本の全癌死の第1位であり難治性疾患です。肺癌治療の向上のため、臨床領域では胸腔鏡下肺区域切除を中心とする高難度手術にも積極的に取り組み、安全・確実に行う努力として、様々な臨床研究を行なっています。また、基礎研究にも力を入れており、腫瘍モデルを用いた腫瘍免疫応答のメカニズム解明、肺癌の新規薬物治療の探究などに取り組んでおり、診療・研究・教育を推進しています。

In the Division of General Thoracic Surgery, we conduct both basic and clinical research targeting a wide range of thoracic diseases. We treat diseases related to thoracic surgery, including lung cancer, metastatic lung disease, mediastinal tumors, benign tumors, infectious diseases, empyema, pneumothorax, etc. One major focus is lung cancer, which is the leading cause of cancer death in Japan. In hope to improve the treatment of lung cancer, we have introduced advanced surgical procedures into clinical practice, such as thoracoscopic lung segmentectomy. We put special emphasis on the safety and precision of our surgical procedures. Regarding basic research, we use mouse models to clarify the mechanism of tumor immunity, find new therapeutic drugs, etc.
Our goal is to promote treatment, research, and education in the field of thoracic surgery.

スタッフ Staff

分野主任(兼任) Director (Concurrent) 調  憲SHIRABE Ken
特任准教授 Specially Appointed Associate Professor 矢島 俊樹YAJIMA Toshiki
病院講師 Senior Assistant Professor(Hospital) 大瀧 容一OHTAKI Yoichi
助教 Assistant Professor 尾林 海OBAYASHI Kai
助教 Assistant Professor 中澤 世識NAKAZAWA Seshiru
助教(病院)(大学院生) Assistant professor(hospital),(Graduate Student) 河谷菜津子KAWATANI Natsuko
助教(病院) Assistant professor(hospital) 矢澤 友弘YAZAWA Tomohiro
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です