群馬大学 大学院医学系研究科 医学部 医学科

本文ヘジャンプします
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

  • Home
  • 組織
  • 臨床医学領域 内科学講座
  • 循環器内科学

臨床医学領域 内科学講座

循環器内科学

循環器系は生体の生命維持機構で最も重要な器官であり、その疾患の診断法・治療法・予防法の向上は臨床上、急務の課題である。循環器内科では、臨床面では、高度で最先端の臨床技術・知識・倫理観に基づき、循環器疾患診療および研修医・専門医教育を行っている。また、研究面では生命科学の最先端テクノロジーを用いて循環器病の病態解析および新規診断法、治療法の開発に取り組んでいる。教育面では、医学部学生に対して、循環器系の病態生理、内科診断学、臨床実習をおこうとともに、チュートリアルやセミナーを通して、自主的な学習、問題解決能力を養う教育を行っている。大学院生にはトランスレーショナルリサーチによる基礎研究の臨床への応用を指導している。さらに、次世代の医学・医療を推進する人材の輩出や、産業界との共同研究の実施による社会貢献、地域住民の健康管理を目的とした医療ネットワークを構築し、社会からの評価に値する活動を行っている。

  • スタッフ
  • 研究と教育
  • 臨床業務
  • 社会貢献
  • 業績
  • 沿革

スタッフ

教 授 倉林 正彦 医学博士
教 授(臨床試験部) 中村 哲也 医学博士
准教授 金古 善明 医学博士
准教授(システム統合センター) 斎藤勇一郎 医学博士
准教授(臨床試験部) 大山 善昭 医学博士
代謝研究統括リーダー 磯  達也 医学博士
講 師 中島  忠 医学博士
助 教 小板橋紀通 医学博士
高間 典明 医学博士
小保方 優 医学博士
助教(病院) 長坂 崇司
田村 峻太郎
助教(検査部) 加藤 寿光 医学博士
助教(病院・リハビリテーション部) 伴野 潤一 医学博士

ページの先頭へ移動する

研究内容

研究内容

動脈硬化に基づく心血管病の克服は循環器病学の最大の課題である。遺伝子レベルでの解析を中心に新たな抗動脈硬化薬の創薬につなげる研究を行っている。心肥大および心不全は致死的な病態だが、その病態メカニズムは不明な点が多い。当科では遺伝子改変マウスを用いて、様々な心不全モデルを作成し、病態メカニズムの解明と新たな治療法の確立をめざす研究を行っている。

教育業務

循環器系の生理機能は、細胞外シグナルに対する応答によって調節され、この機構の破綻により疾患が発症ずる。この調節系を統合的に研究するために、生命科学の基本的知識と、遺伝子操作技術、蛋白精製技術、細胞可視化技術、実験動物の取扱い法などの多様で総合的な実験技術を習得する教育をおこなう。また、知識偏重にならないように、生命倫理公開セミナー受講を義務づけている。また、遺伝子の構造と機能、核内受容体・転写因子と動脈硬化・心筋疾患、平滑筋の分化調節機構、遺伝子診断の基礎と実践などの連続講義やセミナーをおこなっている。

ページの先頭へ移動する

臨床業務

急性心筋梗塞、不安定狭心症に対して、積極的に経皮的冠動脈形成術を行っている。慢性閉塞冠動脈病変に対する、カテーテル治療も積極的に行っている。徐脈性不整脈に対してはペースメーカーの植え込み、心室性致死性不整脈には植え込み型除細動器(ICD)を使用している。不整脈の診断を目的とした電気生理学的検査、発作性心房細動、上室性頻拍、心室頻拍などを対象とするカテーテルアブレーションを行っている。肺高血圧治療を積極的に行い、エポプロステロール導入を行う県内唯一の施設である。成人先天性心疾患外来も行っている。

ページの先頭へ移動する

社会貢献

北関東の中核病院として高度先端的技術を用いて、安全で質の高い医療を実践している。循環器疾患への最善の治療を提供するため、常に最新鋭の技術と知識を持って診療にあたるとともに、研究会などで地域医療圏への診療情報提供を行っている。また病診連携による医療サービスの向上、産学共同プロジェクトによる地域医薬産業の活性化を目指している。さらに、地域医療に貢献する人材の養成、次世代の医学、医療の発展に寄与する医学研究者の育成を教育基本理念としている。

ページの先頭へ移動する

業績

(2018年 欧文)

Dharmawan T, Nakajima T, Ohno S, Iizuka T, Tamura S, Kaneko Y, Horie M,
Kurabayashi M.
Identification of a novel exon3 deletion of RYR2 in a family with
catecholaminergic polymorphic ventricular tachycardia.
Ann Noninvasive Electrocardiol. 2019;e12623

Harada T,Obokata M,Kurosawa K,Sorimachi H,Yoshida K,Ishida H,Ito K,Ogawa T,Ando Y,Kurabayashi M,Negishi K
Relationships of high cardiac output with ventricular morphology,myocardial energetics,and energy costs in hemodialysis patients with preserved ejection fraction.
Int J Cardiovasc Imaging 2018 Oct 16

Iso T,Haruyama H,Sunaga H,Matsui H,Matsui M,Tanaka R,Umbawaran Y,Syamsunaruno MRAA,Putri M,Yamaguchi A,Hanaoka H,Negishi K,Yokoyama T,Kurabayashi M.
CD36 is indispensable for nutrient homeostasis and endurance exercise capacity during prolonged fasting.
Physiol Rep 2018,Sep;6(9):e13884

Kaneko Y, Nakajima T, Iizuka T, Tamura S, Kurabayashi M.
A case of atypical fast-slow atrioventricular nodal reentrant tachycardia utilizing a slow pathway extending to the superoanterior right atrium.
Int Heart J, in press.

Kasama S, Toyama T, Suzuki S, Ito Y, Matsumoto N, Kurabayashi M, Kasahara, M
Assessment of therapeutic effects of statin on cardiac sympathetic nerve activity and cardiac events in patients with ischemic cardiomyopathy and mild to moderate heart failure
Nucl Med Commun. In Press

Koitabashi N.,Yamaguchi T.,Fukui D.,Nakano T,Umeyama A,Toda K,FUnada R,Ishikawa M,Kawamura R,Okada K,Hatamochi A,Kosho T,Kurabayashi M.
Peripartum Iliac Arterial Aneurysm and Rupture in a Patient with Vascular Ehlers-Danlos Syndorome Diagnosed by Next-Generation Sequencing.
Int Heart J 2018 Sep 26;59(5):1180-1185

Nakajima T,Sugawara T,Kaneko Y,Kurabayashi M
Atrioventricular Block-induced Torsades de Pointes Associated with KCNA1-G269S.
Intern Med 2018 Mar 15;57(6):905-906

NIijima K, Obokata M, Kurabayashi, M.
Prevalence of and Risk Factors for Paroxysmal Atrial Fibrillation in Patients with Cardiovascular Disease but without diagnosed Atrial Fibrillation.
Journal of Medical Research 2018;4(5)207-212

Obokata M,Kurosawa K,Ishida H,Ito k,Ogawa T,Ando Y,Kurabayashi M,Negishi K.
Echocardiography-based pressure-bolume loop assessment in the evaluation for the effects of indoxylsulfate on cardiovascular function.
J Echocardiogr 2018 Jul 7

Obokata M,Iso T,Ohyama Y,Sunaga H,Kawaguchi T,Matsui H,Iizuka T,Fukuda N,Takamatsu H,Koitabashi N,Funada R,Takama N,Kasama S,Kaneko Y,Yokoyama T,Murakami M,Kurabayashi M.
Early increase in serum fatty acid binding protein 4 levels in patients with acute myocardial infarction.
Eur Heart J Acute Cardiovasc Care 2018 Sep;7(6):561-569

Obokata M,Yogesh NV R,Vojtech M,Sorin P,Barry A B
Deterioration in right ventricular structure and function over time in patients with heart failure and preserved ejection fraction
Eur Heart J 2018 Dec0,1-11 doi:10.1093/eurheartj/ehy809

Obokata M,Thomas P P,Yogesh N V R,Vojtech M,Garvan C K,Barry A B.
Haemodynamics,dyspnea,and pulmonary reserve in heart failure with preserved ejection fraction
Eur Heart J 2018;39(30):2810-2821

Obokata M,Yogesh N.V.R,Jeong H Y,Brandon M.W,Barry A.B.
Left Atrial Contracture or Failure to Dilate
A New Mechanism for Pulmonary Venous Hypertension?
Heart Failure 2018:11(9) :e005163

Obokata M,Yogesh N.V.R,Vojtech ,Garvan C.K,Thomas P.O,Petr J,Barry A.B,
Myocardial Injury and Cardiac Reserve in Patients With Heart Failure and Preserved Ejection Fraction.
JACC 2018:72(1) DOI: 10.1016/j.jacc.2018.04.039

Ono Y,Takamatsu H,Inoue M,Mabuchi Y,Ueda T,Suzuki T,Kurabayashi M.
Clinical effect of long-term administration of tolvaptan in patients with heart failure and chronic kidney.
Drug Discov Ther 2018;12(3):154-160

Suman Shrestha, Hiroaki Sunaga, Hirofumi Hanaoka, Aiko Yamaguchi, Shoji Kuwahara, Yogi Umbarawan, Kiyomi Nakajima, Tetsuo Machida, Masami Murakami, Akihiko Saito, Yoshito Tsushima, Masahiko Kurabayashi, Tatsuya Iso. Circulating FABP4 is eliminated by the kidney via glomerular filtration followed by megalin-mediated reabsorption.
Sci Rep 2018 Nov6;8(1):16451

Umeyama A, Takama N, Goto K, Kasama S, Kurabayashi M.
Low integrated area of desaturation index after adaptive servo-ventilation therapy is a strong indicator to predict fatal cardiovascular events in heart failure patients.
Therapeutic Advances in Cardiology 2018;2:219-26

Umbarawan Y,Syamsunarno MRAA,Koitabashi N,Obinata H,Yamaguchi A,Hanaoka H,Hishiki T,Hayakawa N,Sano M,Sunaga H,Matsui H,Tsushima Y,Suematsu M,Kurabayashi M,Iso T
Myocardial fatty acid uptake through CD36 is indispensable for sufficient bioenergetics metabolism to prevent progression of pressure overload-induced heart failure.
Sci Rep 2018 Aug 13;8(1):12035

Umbarawan Y,Syamsunaruno MRAA,Koitabashi N,Yamaguchi A,Hanaoka H,Hishiki T,Nagahata-Naito Y,Obinata H,Sano M,Sunaga H,Matsui H,Tsushima Y,Suematsu M,Kurabayashi M,Iso T
Glucose is preferentially utilized for biomass synthesis in pressure-overloaded hearts:evidence from fatty acid-binding protein-4 and -5 knockout mice.
Cardiovasc Res 2018 jul 1;114(8):1132-1144

(2018年 和文)

笠間 周
心臓交感神経機能イメージング
心不全(第2版) 2018:76(9):602-605

小板橋紀通
TGFβシグナリング
心不全(第2版) 2018;76(9):301-307

小板橋紀通
炎症マーカー(TNFα、IL-6,CRp、ST2)
心不全(第2版) 2018;76(9):647-653

小針尭司
Mesalazineにより薬剤性好酸球性肺炎を来たしたと考えられる1例
日内会誌 107:81-87,2018

高間典明
標準モニターでの睡眠呼吸障害評価システム構築とASV治療反応性識別指標の同定
福田記念医療技術振興財団情報 2018;30:65-70

高間典明
睡眠時無呼吸を有する心不全症例における心不全指標の検討 Editorial comment
心臓 2018;50:624

ページの先頭へ移動する

沿革

昭和29年 村上元孝先生を初代教授とし、第二内科誕生、循環器を中心とした診療体制の基盤が作られた。
昭和33年 中尾喜久先生、第二代教授就任。教室の主流は血液学に移行。
昭和38年 鴫谷亮一先生、第三代教授就任。
昭和50年 村田和彦先生、第四代教授就任。予防医学、心筋代謝学、不整脈学、心臓核医学分野の発展の基礎が確立。
平成7年 永井良三先生(現・自治医科大学学長)が第五代教授に着任。臨床、基礎研究および教育の抜本的な改革が行われ、循環器学・呼吸器学分野で日本をリードする施設となった。
平成12年 倉林正彦先生が第六代教授に就任された。
平成16年 教室創立50周年記念
平成29年 大学組織改編により、内科学講座循環器内科分野、呼吸器内科分野となる。