群馬大学 大学院医学系研究科 医学部 医学科

本文ヘジャンプします
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

  • Home
  • 組織
  • 臨床医学領域 総合外科学講座
  • 消化管外科学

臨床医学領域 総合外科学講座

消化管外科学

群馬大学大学院 総合外科学講座は、消化管外科、肝胆膵外科、呼吸器外科、循環器外科、乳腺・内分泌外科、小児外科の6つの診療科からなる大講座であり、また群馬大学医学部附属病院における外科診療センターは、これらに形成外科を加えた7つの診療科で構成されています。消化管外科は、その中の一分野として、診療・研究・教育に取り組んでいます。
消化管外科は疾患の範囲が多岐にわたるため、大きく上部消化管外科(食道、胃)と下部消化管外科(小腸、大腸、肛門)にグループが分かれ、それぞれのグループで専門的な診療・研究を行っています。一方では、チーム総合外科の一員として、分野や診療科の垣根を越えて、お互いが協力し合いながら日々の業務を行っています。
“安心、安全なチーム医療の提供”を合い言葉として、高い倫理観に基づき、患者さんに十分納得いただいた上で治療を行うことを基本姿勢としています。

  • スタッフ
  • 研究と教育
  • 臨床業務
  • 社会貢献
  • 業績
  • 沿革

スタッフ

教授(診療科長) 佐伯 浩司 医学博士
准教授(診療副科長) 宗田  真 医学博士
講師 酒井  真 医学博士
助教・病院助教 小川 博臣 医学博士
佐野 彰彦 医学博士
原  圭吾 医学博士
加藤 隆二
大曽根勝也 医学博士
岡田 拓久
医員 白石 卓也 医学博士
生方 泰成
中澤 信博 医学博士

 

ページの先頭へ移動する

研究内容

研究内容

治療応用を目的とした問題解決型研究、基礎と臨床の双方向的研究、エビデンスの創出と発信をモットーに、社会へ貢献できる外科研究を目標として研究に取り組んでいます。主な研究テーマは、消化管癌に対する診断法の発展や新規治療法の開発を目的とした臨床研究、消化管癌の発生・進展メカニズムに関する基礎研究、消化管の生理機能解明に関する研究などです。

教育業務

教育では医師としての人間性の育成、実臨床を意識した知識の伝達、高度な手術手技の定型化と継承を目標として、未来を担う消化管外科医の育成を目指しています。効果的、効率的な外科教育e-learningコンテンツの開発など、先駆的な取り組みも行っています。

ページの先頭へ移動する

臨床業務

食道、胃、小腸、大腸、肛門など消化管全般の外科を担当しています。鏡視下手術・ロボット手術などの低侵襲手術、外科治療に化学療法・放射線治療・免疫療法などを組み合わせた集学的治療、さらには分子生物学的な診断技術を導入し診療を行っています。専門医による先進的な治療の推進と同時に、「身体の傷」だけでなく「心の傷」も小さい、心と身体にやさしい医療を心がけています。また救急部との連携のもと、救急疾患にも力を入れています。

治療方針の決定にあたっては、多領域の専門家(消化器内科・放射線科・病理医・看護師など多部署、多診療科)が一同に会するカンファレンスを定期開催し、充実した診療の提供を心がけています。

ページの先頭へ移動する

社会貢献

群馬大学総合外科は、NPO法人群馬がんアカデミーの運営に協力しています。このNPOは市民・医療従事者・医学部等学生にがんを中心とした医療全般の人道的・社会的・文化的・教育的活動を行い社会福祉に寄与することを目的としています。

主な事業活動は、

1)市民公開講座などによる市民へのがんの知識の普及、啓発および検診の必要性の啓蒙
2)がん患者への専門家によるカウンセリングや患者家族のサポート
3)医療従事者に対する教育や支援およびがん研究に対する助成

などです。

また、国際的視野の下で教育・研究を充実する観点から、海外からの留学生への研究指導を通して、学術交流や国際交流に積極的に取り組んでいます。

ページの先頭へ移動する

業績

1. Saeki H, Sohda M, Sakai M, Sano A, Shirabe K: Role of surgery in multidisciplinary treatment strategies for locally advanced esophageal squamous cell carcinoma. Ann Gastroenterol Surg. 2020 in press

2. Saeki H, Jogo T, Kawazoe T, Kamori T, Nakaji Y, Zaitsu Y, Fujiwara M, Baba Y, Nakamura T, Iwata N, Egashira A, Nakanoko T, Morita M, Tanaka Y, Kimura Y, Shibata T, Nakashima Y, Emi Y, Makiyama A, Oki E, Tokunaga S, Shimokawa M, Mori M: RAD51 Expression as a Biomarker to Predict Efficacy of Preoperative Therapy and Survival for Esophageal Squamous Cell Carcinoma: A Large-cohort Observational Study (KSCC1307). Ann Surg. 2020 in press

3. Sakai M, Sohda M, Saito H, Ubukata Y, Nakazawa N, Kuriyama K, Hara K, Sano A, Ogata K, Yokobori T, Shirabe K, Saeki H: Impact of combined assessment of systemic inflammation and presarcopenia on survival for surgically resected esophageal cancer. Am J Surg. 2020 in press

4. Yoshida T, Yokobori T, Saito H, Kumakura Y, Honjo H, Hara K, Sakai M, Miyazaki T, Obinata H, Gombodorj N, Sohda M, Saeki H, Kuwano H, Shirabe K: CD36 expression is associated with cancer aggressiveness and energy source in esophageal squamous cell carcinoma. Ann Surg Oncol. 2020 in press

5. Ubukata Y, Ogata K, Sohda M, Yokobori T, Shimoda Y, Handa T, Nakazawa N, Kimura A, Kogure N, Sano A, Sakai M, Ogawa H, Kuwano H, Shirabe K, Oyama T, Saeki H: Role of PD-L1 expression during the progression of submucosal gastric cancer. Oncology. 2020 in press

6. Kuwano H, Yokobori T, Kumakura Y, Ogata K, Yoshida T, Kuriyama K, Sakai M, Sohda M, Miyazaki T, Saeki H, Shirabe K: Pathophysiology of Vomiting and Esophageal Perforation in Boerhaave’s Syndrome. Dig Dis Sci. 2020 Jan 21. doi: 10.1007/s10620-019-06028-0. Online ahead of print.

7. Sohda M, Kuwano H, Sakai M, Miyazaki T, Kakeji Y, Toh Y, Matsubara H: A national survey on esophageal perforation: study of cases at accredited institutions by the Japanese Esophagus Society. Esophagus. 2020 May 15. doi: 10.1007/s10388-020-00744-7. Online ahead of print.

8. Sohda M, Kuriyama K, Yoshida T, Kumakura Y, Honjo H, Sakai M, Miyazaki T, Kuwano H: Comparable Data Between Double Endoscopic Intraluminal Operation and Conventional Endoscopic Submucosal Dissection for Esophageal Cancer. J Gastrointest Surg. 2020; 24(2): 307-312.

9. Ogawa H, Kaira K, Motegi Y, Yokobori T, Takada T, Kato R, Osone K, Takahashi R, Suga K, Ozawa N, Katayama C, Oyama T, Shimizu A, Yao T, Asao T, Saeki H, Shirabe K: Prognostic significance of β2-adrenergic receptor expression in patients with surgically resected colorectal cancer. Int J Clin Oncol. 2020 ; 25(6): 1137-1144.

10. Sakai M, Sohda M, Saito H, Ubukata Y, Nakazawa N, Kuriyama K, Hara K, Sano A, Ogata K, Yokobori T, Shirabe K, Saeki H: Comparative Analysis of Immunoinflammatory and Nutritional Measures in Surgically Resected Esophageal Cancer: A Single-center Retrospective Study. In Vivo. 2020; 34(2): 881-887.

11. Sano A, Ojima H, Ogawa A, Ogata K, Saito K, Fukasawa T, Sohda M, Fukai Y, Mochida Y, Fukuchi M, Naitoh H, Saeki H, Shirabe K: Four stay-sutures method: a simplified hand-sewn purse-string suture in laparoscopic circular-stapled esophagojejunostomy. Surg Today. 2020; 50(3): 314-319.

12. Kuriyama K, Higuchi T, Yokobori T, Saito H, Yoshida T, Hara K, Suzuki S, Sakai M, Sohda M, Higuchi T, Tsushima Y, Asao T, Kaira K, Kuwano H, Shirabe K, Saeki H: Uptake of positron emission tomography tracers reflects the tumor immune status in esophageal squamous cell carcinoma. Cancer Sci. 2020 Apr 17. doi: 10.1111/cas.14421. Online ahead of print.

13. Nakazawa N, Yokobori T, Kaira K, Turtoi A, Baatar S, Gombodorj N, Handa T, Tsukagoshi M, Ubukata Y, Kimura A, Kogure N, Ogata K, Maeno T, Sohda M, Yajima T, Shimizu K, Mogi A, Kuwano H, Saeki H, Shirabe K: High Stromal TGFBI in Lung Cancer and Intratumoral CD8-Positive T Cells were Associated with Poor Prognosis and Therapeutic Resistance to Immune Checkpoint Inhibitors. Ann Surg Oncol. 2020; 27(3): 933-942.

14. Baatar S, Bai T, Yokobori T, Gombodorj N, Nakazawa N, Ubukata Y, Kimura A, Kogure N, Sano A, Sohda M, Sakai M, Tumenjargal A, Ogata K, Kuwano H, Shirabe K, Saeki H: High RAD18 Expression is Associated with Disease Progression and Poor Prognosis in Patients with Gastric Cancer. Ann Surg Oncol. 2020 Apr 30. doi: 10.1245/s10434-020-08518-2. Online ahead of print.

15. Sohda M, Miyazaki T, Sakai M, Kumakura Y, Honjyo H, Hara K, Tanaka N, Yokobori T, Shirabe K: Multidisciplinary Therapy for Locally Advanced Oesophageal Cancer With Special Reference to Surgical Conversion and Salvage. Anticancer Res. 2019; 39(6): 3167-3175.

16. Sohda M, Kuriyama K, Kumakura Y, Yoshida T, Honjyo H, Sakai M, Miyazaki T, Kanemoto M, Tobe M, Hinohara H, Saito S, Kuwano H: Evaluation of Surgical Procedures That Affect the Hemodynamics Using the FloTrac System in Esophageal Cancer Patients. In Vivo. 2019; 33(4): 1221-1226.

17. Sohda M, Saito H, Kuriyama K, Yoshida T, Kumakura Y, Honjyo H, Hara K, Ozawa D, Suzuki S, Tanaka N, Sakai M, Miyazaki T, Fukuchi M, Kuwano H: Post-esophagectomy Adjuvant Chemotherapy Benefits Esophageal Cancer Patients. In Vivo. 2019; 33(2): 501-506.

18. Ogawa H, Kaira K, Motegi Y, Yokobori T, Takada T, Katoh R, Osone K, Takahashi R, Katayama C, Oyama T, Kanai Y, Yao T, Asao T, Kuwano H, Shirabe K: Role of Amino Acid Transporter Expression as a Prognostic Marker in Patients With Surgically Resected Colorectal Cancer. Anticancer Res. 2019; 39(5): 2535-2543.

19. Sakai M, Sohda M, Saito H, Kuriyama K, Yoshida T, Kumakura Y, Hara K, Yokobori T, Miyazaki T, Murata K, Noda SE, Nakano T, Kuwano H, Shirabe K: Docetaxel, cisplatin, and 5-fluorouracil combination chemoradiotherapy for patients with cervical esophageal cancer: a single-center retrospective study. Cancer Chemother Pharmacol. 2019; 83(6): 1121-1126.

20. Toyomasu Y, Mochiki E, Yanai M, Suzuki M, Yanoma T, Kimura A, Kogure N, Ogata K, Kuwano H: A prospective pilot study of an elemental nutritional supplement for prevention of oral mucositis during S-1 adjuvant chemotherapy for gastric cancer. Surg Oncol. 2019; 29: 97-101.

21. Osone K, Yokobori T, Katayama C, Takahashi R, Kato R, Tatsuski H, Takada T, Yajima R, Motegi Y, Ogawa H, Fujii T, Ojima H, Nakamura J, Yao T, Shirabe K, Kuwano H: STMN1 accumulation is associated with dysplastic and neoplastic lesions in patients with ulcerative colitis. Oncol Lett. 2019; 18(5): 4712-4718.

22. Nakazawa N, Ogata K, Yokobori T, Ide M, Baatar S, Ubukata Y, Kimura A, Kogure N, Sohda M, Kuwano H, Saeki H, Shirabe K: Low IRBIT Levels Are Associated With Chemo-resistance in Gastric Cancer Patients. Anticancer Res. 2019; 39(8): 4111-4116.

23. Komine C, Fukuchi M, Sakurai S, Tabe Y, Sano A, Saito K, Fukasawa T, Yamamoto H, Tani M, Naitoh H, Saeki H, Shirabe K: Retroperitoneal Liposarcoma with Multilocular Cysts. Case Rep Gastroenterol. 2019 10; 13(3): 514-520.

ページの先頭へ移動する

沿革

群馬大学の外科は、旧第一外科と旧第二外科が統合され、2015年4月に外科診療センターが、2017年4月に総合外科学講座がスタートしました。「消化管外科」は、その際の臓器別再編に伴い組織された6診療科のうちのひとつであり、初代の桑野博行教授の後を引き継ぐ形で、2019年4月に二代目の佐伯浩司教授が着任しました。まだ、歴史は浅いですが、新しい歴史を創ることができるよう、一丸となり臨床、研究、教育に取り組んでいきます。