群馬大学 大学院医学系研究科 医学部 医学科

本文ヘジャンプします
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

  • Home
  • 組織
  • 臨床医学領域 医療の質・安全学講座
  • 医療の質・安全学

臨床医学領域 医療の質・安全学講座

医療の質・安全学

医学の発展とともに、本来提供できるはずの医療と現実の医療との較差、「エビデンス・プラクティス・ギャップ」が拡大しています。医療の質・安全学は諸科学の成果をとりいれ、エビデンス・プラクティス・ギャップを解消し、安全で質の高い医療を実現することをめざす学問領域です。
質の高い医療とは、安全、適時、効果的、効率的、公平で、患者にとって価値ある医療です。基礎・臨床医学研究の成果を取り入れて診療ガイドラインが作成されても、現場で十分活用されるとは限りません。活用可能な知識・技術を、現場の実践につなげるためには、Quality Improvement、すなわちデータに基づく、組織的・体系的活動が不可欠です。医療安全の水準が高まれば高まるほど、リスクが高い検査・治療の適応も広がるので、安全を維持・向上させる活動は、“journey”とも称されるように、常に進化をつづけるものです。
本講座は2017年11月に発足しました。医療の質・安全学に関連する最新の知識を統合し、新たな意味付けをすること、知識を応用、啓発し現場の実践を支援すること、さらに新たな知識や技術を創造することが私たちの役割です。

  • スタッフ
  • 研究と教育
  • 臨床業務
  • 社会貢献
  • 業績
  • 沿革

スタッフ

教 授 小松 康宏 (医学博士、公衆衛生学修士)
助 教 滝沢 牧子 (医学博士)
  田中 和美 (医学博士、薬学修士)
助教(病院) 大石 裕子

ページの先頭へ移動する

研究内容

研究内容

1)患者参加型医療に関する研究
2)インフォームド・コンセントの質改善に関する研究
3)患者とのカルテ共有に関する研究
4)共同意思決定(Shared Decision making)に関する研究
5)レジリエンス・エンジニアリングの医療への応用
6)医療安全シミュレーション教育に関する研究
7)医療安全に資する病院情報システムの機能に関する研究

教育業務

1) 学部教育

1年:ヒューマンファクターズとシステム思考、全人的医療と医療安全(患者中心性)、質改善科学

2-3年:チーム医療実習前講義、科学・メディアコミュニケーション、医療メディエーション、チームワークとリーダーシップ、質改善手法

4年:チームスキル演習、チームワーク実習(保健学科合同)

4-5年:臨床実習

2) 大学院教育

  上記研究内容および、システマティックレビュー等の研究手法の指導

ページの先頭へ移動する

臨床業務

附属病院の医療の質・安全管理部で専従の看護師、薬剤師、事務部スタッフと共同して院内の医療安全および質向上に取り組み、関係部署との連絡調整、および、院内の医療安全に係る委員会(医療業務安全管理委員会、医療事故防止専門委員会、リスクマネージャー会議)の開催運営支援を担っています。また、病院職員に医療安全の意識および文化の向上の啓発、ニュースレターの発行、院内の医療安全研修の企画運営等を実施しています。

ページの先頭へ移動する

社会貢献

厚生局の医療安全セミナーや医師会等における講演、事故調査委員会や監査委員会の外部委員等を務め、医療安全・質向上に努めています。また、医療の質・安全学会の理事、代議員を通じ、学術活動にも貢献しています。腎臓病SDM推進協会の代表幹事を務め、共同意志決定プロセスの普及を推進しています。
2019年10月から2020年6月まで多職種連携教育研究研修センターを通じ、WHO本部へスタッフを派遣しました。

ページの先頭へ移動する

業績

1. Tsushima Y, Hirasawa H, Wakabayashi Y, Taketomi-Takahashi A, Sutou T, Tanaka K, Takizawa M, Komatsu Y., et al. Possible solution for the problem of unread image interpretation reports: the “Gunma University Star Search”. Jpn J Radiol. 2020 Mar 17

2. Isaka Y, Hayashi H, Aonuma K, Horio M, Terada Y, Doi K, Fujigaki Y, Yasuda H, Sato T, Fujikura T, Kuwatsuru R, Toei H, Murakami R, Saito Y, Hirayama A, Murohara T, Sato A, Ishii H, Takayama T, Watanabe M, Awai K, Oda S, Murakami T, Yagyu Y, Joki N, Komatsu Y, Miyauchi T, Ito Y, Miyazawa R, Kanno Y, Ogawa T, Hayashi H, Koshi E, Kosugi T, Yasuda Y; Japanese Society of Nephrology, Japan Radiological Society, and Japanese Circulation Society Joint Working Group.Isaka Y, et al.Guideline on the use of iodinated contrast media in patients with kidney disease 2018. Clin Exp Nephrol. 24(1): 1-44, 2020

3. Komatsu H, Yagasaki K, Komatsu Y, Yamauchi H, Yamauchi T, Shimokawa T, Doorenbos AZ. et al. Falls and Functional Impairments in Breast Cancer Patients with Chemotherapy-Induced Peripheral Neuropathy. Asia Pac J Oncol Nurs. 6(3): 253-260, 2019

4. Hirano K, Kobayashi D, Kohtani N, Uemura Y, Ohashi Y, Komatsu Y, Yanagita M, Hishida A., et al. Optimal follow-up intervals for different stages of chronic kidney disease: a prospective observational study. Clin Exp Nephrol. 23(5):613-620, 2019

5. Komatsu Y. Quality Improvement for the Management of Hyponatremia in Kidney Failure: Scholarship of Integration and Application. Kidney Int Rep. 4(1):14-16, 2018

6. Kubota W, Honda M, Okada H, Hattori M, Iwano M, Akioka Y, Ashida A, Kawasaki Y, Kiyomoto H, Sako M, Terada Y, Hirano D, Fujieda M, Fujimoto S, Masaki T, Ito S, Uemura O, Gotoh Y, Komatsu Y, et al. A consensus statement on health-care transition of patients with childhood-onset chronic kidney diseases: providing adequate medical care in adolescence and young adulthood. Clin Exp Nephrol. 22(4):743-751, 2018

7. Horie S, Oya M, Nangaku M, Yasuda Y, Komatsu Y, Yanagita M, Kitagawa Y, Kuwano H, Nishiyama H, Ishioka C, Takaishi H, Shimodaira H, Mogi A, Ando Y, Matsumoto K, Kadowaki D, Muto S., et al. Guidelines for treatment of renal injury during cancer chemotherapy 2016. Clin Exp Nephrol. 22(1):210-244, 2018

8. 滝沢牧子. 血液内科学から医療の質・安全学への挑戦. 北関東医学会雑誌 70(2), 2020

9. 滝沢牧子. 偶発病変への対応遅延事例における対策としてのITの可能性 ~医療安全の立場から~. 月刊新医療 47(3): 78-81, 2020

10. 田中和美. 昭和キャンパス点描 群馬大学医学部附属病院 スキルラボセンター. 北関東医学会雑誌 70(1): 51-53, 2020

11. 小松 康宏, 患者参加型医療が医療の在り方を変えるー21世紀医療のパラダイムシフト. 国民生活研究 59(2): 56-80, 2019

12. 滝沢牧子. 第9章 手術室における輸血手順の改定. レジリエント・ヘルスケア入門: 擾乱と制約下で柔軟に対応する力, 中島和江(編著). 医学書院 105-111, 2019

13. 小松 康宏. 【透析医療におけるSDM】維持透析患者と共同意思決定(shared decision making). 透析フロンティア 29(4): 10-13, 2019

14. 小松 康宏. 【透析医療におけるSDM】総論 共同意思決定(shared decision making: SDM)とは. 透析フロンティア 29(4): 2-5, 2019

15. 小松 康宏. 【その人らしい生活を支える透析看護】概論 さまざまな療法選択のあり方と共同意思決定. 臨床透析 35(11): 1343-1349, 2019

16. 小松 康宏, 齋藤 繁, 田村 遵一. 【ガバナンス改革で変わる病院】事例 群馬大学医学部附属病院の医療の質・安全改革に向けた取り組み クリニカル・ガバナンスの視点から. 病院 78(9): 655-659, 2019

17. 田中和美. 周産期医療におけるシミュレータとトレーニングプログラムの発展. 医学のあゆみ 270(3): 265-272, 2019

18. 小松 康宏. Shared decision makingによる腎代替療法の選択. 腎臓内科・泌尿器科 9(6): 617-621, 2019

19. 小松 康宏. 【血液浄化療法の現状と展望】腎代替療法選択におけるチームアプローチ. 日本医師会雑誌 148(3): 457-460, 2019

20. 小松 康宏. 【慢性腎臓病の管理と今後の展望-新しいガイドラインを考慮して】Key words 腎代替療法(透析・移植)の療法説明とShared decision making. カレントテラピー 37(5): 512, 2019

21. 小松 康宏. 【人工知能(AI)と小児医療】人工知能と医療安全. 小児内科 51(1): 115-118, 2019

22. 小松 康宏. 【透析医療におけるQI】透析医療と質改善活動(Quality Improvement). 透析フロンティア 28(3): 2-6, 2018

23. 森脇 睦子, 鳥羽 三佳代, 堀口 裕正, 安樂 真樹, 後 信, 小松 康宏, 尾林 聡, 内藤 善哉, 長谷川 友紀, 伏見 清秀. DPCデータを用いた医療安全指標の評価. 日本医療・病院管理学会誌 55(3): 143-153, 2018

24. 牧野 孝俊, 金泉 志保美, 篠崎 博光, 齋藤 貴之, 安部 由美子, 山路 雄彦, 佐藤 江奈, 川島 智幸, 岸 美紀子, 小松 康宏, 田中 和美. 【進化するIPE 地域包括ケアシステムが求める多職種連携教育の今】(Part3-1)導入事例 大学の特色を生かしたIPE 全人的医療とチーム医療に貢献できる人材の育成を目指して 群馬大学の多職種連携教育. 看護展望 43(9): 0842-0848, 2018

25. 小松 康宏. 【透析:適正管理のポイント】透析室の安全管理. 腎と透析 84(6): 777-780, 2018

26. 滝沢牧子, 中島和江. レジリエンス・エンジニアリングの医療への応用。治療 医療安全特集号 99(12): 1522-1527, 2017

27. 田中 和美, 浅尾 高行, 菊地 麻美, 徳嶺 譲芳, 太田 直哉, 永井 弥生, 荒川 浩一. 上級医のための超音波ガイド下中心静脈穿刺シミュレーション・トレーニング. 医療の質・安全学会誌 12(4): 454-459, 2017

ページの先頭へ移動する

沿革

2017年4月    医療の質・安全学講座開設
2017年11月   小松康宏初代教授着任