群馬大学 大学院医学系研究科 医学部 医学科

本文ヘジャンプします
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

  • Home
  • 組織
  • 臨床医学領域 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学講座
  • 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学

臨床医学領域 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学講座

耳鼻咽喉科・頭頸部外科学

耳鼻咽喉科学、頭頸部外科学は頸部及び頭部のなかで眼球と脳を除いた領域を対象とします。この領域には聴覚、平衡覚、嗅覚、味覚などの感覚器に加え、発声や摂食・嚥下などヒトの生活の質(QOL)に関わる部分が多く存在し、これからの高齢化社会の中でその果たす役割はますます大きくなることが予想されます。当教室では、1)耳科学:めまいを中心とした神経耳科学、中耳炎に対する病態と治療、人工内耳埋め込みと言語訓練、幼児難聴と補聴器適応、2)鼻科学:アレルギー性鼻炎や嗅(味)覚障害の診断と治療、3)頭頸部外科学:頭頸部癌におけるがん微小環境や免疫抑制機構の研究、免疫療法の開発、4)喉頭学:音声改善の手術療法といったことが現在の主な研究テーマで、常に臨床を意識して研究を進めています。

  • スタッフ
  • 研究と教育
  • 臨床業務
  • 社会貢献
  • 業績
  • 沿革

スタッフ

教 授 近松 一朗 医学博士
准教授 高安 幸弘 医学博士
講 師 紫野 正人 医学博士
助 教 新國  摂 医学博士
桑原 幹夫
高橋 秀行 医学博士
松山 敏之 医学博士
多田 紘恵
井田 翔太
御任 一光

ページの先頭へ移動する

研究内容

研究内容

1)頭頸部癌におけるがん微小環境の解明
2)頭頸部癌における免疫抑制機構の解明
3)頭頸部癌に対する癌ワクチンの開発
4)頭頸部癌における循環癌細胞の解析
5)前庭・小脳ニューロンの電気生理に関する研究
6)平衡覚と視覚・体性感覚統合に関する研究
7)ストレスが平衡覚に及ぼす影響に関する研究

教育業務

医学部教育
1)耳鼻咽喉科領域の疾病について理解を深める
2)耳鼻咽喉科のプライマリケアの手技を熟知する

大学院教育
1)頭頸部扁平上皮癌を中心とした癌免疫学
2)前庭系に関する神経生理学

ページの先頭へ移動する

臨床業務

一般外来の他、専門外来として腫瘍外来、前庭外来、小児難聴外来、補聴器外来、人工内耳外来、中耳外来、嗅覚外来、喉頭外来、アレルギー外来を行っている。手術件数は年間約400件で頭頸部腫瘍や真珠腫性中耳炎などの手術を中心に行っている。頭頸部がんに対しては再建手術を行う一方、重粒子線治療、超選択的動注化学療法などを他科と協力して行っている。また、難聴児支援センターを設立し、新生児及び乳幼児の難聴の早期発見とその原因精査、補聴器及び人工内耳の適応、難聴の原因遺伝子の精査などを群馬県内の各関連施設と連携しながら行っている。また、ナビゲーションなど先進的な設備の導入や、反回神経麻痺に対するより低侵襲な音声改善手術の開発なども行っている。

ページの先頭へ移動する

社会貢献

医師会等が主催する各種研究会、補聴器講習会での講演、毎年「みみの日」に無料相談会、補聴器相談会を開催している。

ページの先頭へ移動する

業績

1.Tada H, Takahashi H, Ida S, Nagata Y, Chikamatsu K. Epithelial-Mesenchymal Transition Status of Circulating Tumor Cells Is Associated with Tumor Relapse in Head and Neck Squamous Cell Carcinoma. Anticancer Res 2020; in press

2.Tada H, Takahashi H, Kuwabara-Yokobori Y, Shino M, Chikamatsu K. Molecular profiling of circulating tumor cells predicts clinical outcome in head and neck squamous cell carcinoma. Oral Oncol 2020;102:104558.

3.Takayasu Y, Kubo N, Shino M, Nikkuni O, Ida S, Musha A, Takahashi K, Hirato J, Shirai K, Saitoh J-I, Yokoo S, Chikamatsu K, Ohno T, Nakano T. Carbon-ion radiotherapy combined with chemotherapy for head and neck mucosal melanoma: Prospective observational study. Cancer Med 2019;8:7227-7235.

4.Kubo N, Kubota Y, Kawamura H, Oike T, Sakai M, Kumazawa T, Miyasaka Y, Okazaki S, Kobayashi D, Sato H, Mizukami T, Musha A, Saitoh J-I, Yokoo S, Chikamatsu K, Ohno T, Nakano T. Dosimetric parameters predictive of nasolacrimal duct obstruction after carbon-ion radiotherapy for head and neck carcinoma. Radiother Oncol 2019;141:72-77.

5.Musha A, Fukata K, Saitoh JI, Shirai K, Abe T, Mizukami T, Kawashima M, Yokoo S, Chikamatsu K, Ohno T, Nakano T. Tongue surface model can predict radiation tongue mucositis due to intensity-modulated radiation therapy for head and neck cancer. Int J Oral Maxillofac Surg 2019;49:44-50.

6.Tsurumaki H, Matsuyama T, Ezawa K, Koga Y, Yatomi M, Aoki-Saito H, Chikamatsu K, Hisada T. Rapid effect of benralizumab for hypereosinophilia in a case of severe asthma with eosinophilic chronic rhinosinusitis. Medicina 2019;55:E336.

7.Okamoto A, Sakakura K, Takahashi H, Motegi S, Kaira K, Yokobori-Kuwabara Y, Ishikawa 0, Chikamatsu K. Immunological and clinicopathological significance of MFG-E B expression in patients with oral squamous cell carcinoma. Pathol Oncol Res 2020;26:1263-1268.

8.Takahashi H, Sakakura K, Arosala Y, Tokue A, Kaira K, Tada H, Higuchi T, Tsushima Y, Chikamatsu K. Clinical and biological significance of PD-L1 expression within the tumor miciroenvironment of oral squamous cell carcinoma. Anticancer Res 2019;39:3039-3046.

9.Takahashi H, Sakakura K, Tada H, Kaira K, Oyama T, Chikamatsu K. Prognostic significance and population dynamics of peripheral monocytes in patients with oropharyngeal squamous cell carcinoma. Head Neck 2019;41:1880-1888.

10.Chikamatsu K, Tada H, Takahashi H, Kuwabara-Yokobori Y, Ishii H, Ida S, Shino
M. Expression of immune-regulatory molecules in circulating tumor cells derived from patients with head and neck squamous cell carcinoma. Oral Oncol 2019;89:34-39.

11.Matsuyama T, Kawano M, Takagi R, Nakagome K, Chikamatsu K, Matsushita S. Interleukin-8 produced by T cells is under the control of dopamine signaling. Clin Exp Neuroimmunol 2018;9:251-257.

12.Sakamoto K, Fujita Y, Chikamatsu K, Tanaka S, Takeda S, Masuyama K, Yoshimura K, Ishii H. Ambient mass spectorometry-based detection system for tumor cells in human blood. Transl Cancer Res 2018;7:758-764.

13.Motokawa Y, Kokubo M, Kuwabara N, Tatematsu K, Sezutsu H, Takahashi H, Sakakura K, Chikamatsu K, Takeda S. Production of the MAGE-A4 protein using transgenic silkworms and induction of MAGE-A4-specific immune responses. Exp Ther Med 2018;15:2512-2518.

14.Ishii H, Chikamatsu K, Igarashi S, Takahashi H, Sakamoto K, Higuchi H, Tanaka S, Matsuoka T, Masuyama K. Establishment of Synergistic Chemoimmunotherapy for Head and Neck Cancer Using Peritumoral Immature Dendritic Cell Injections and Low-Dose Chemotherapies. Transl Oncol. 2017;11:132-139.

15.Shirai K, Fukata K, Adachi A, Saitoh JI, Musha A, Abe T, Kanai T, Kobayashi D, Shigeta Y, Yokoo S, Chikamatsu K, Ohno T, Nakano T. Dose-volume histogram analysis of brainstem necrosis in head and neck tumors treated using carbon-ion radiotherapy. Radiother Oncol 2017;125:36-40.

16.Shirai K, Saitoh JI, Musha A, Abe T, Kobayashi D, Takahashi T, Tamaki T, Kawamura H, Takayasu Y, Shino M, Toyoda M, Takahashi K, Hirato J, Yokoo S, Chikamatsu K, Ohno T, Nakano T. Prospective observational study of carbon-ion radiotherapy for non-squamous cell carcinoma of the head and neck. Cancer Sci. 2017;108:2039-2044.

17.KawadaT, Takahashi H, Sakakura K, Ida S, Mito I, Toyoda M, Chikamatsu K. Circulating tumor cells in patients with head and neck squamous cell carcinoma: Feasibility of detection and quantitation. Head Neck 2017;39:2180-2186.

18. Saitoh J, Shirai K, Imaeda M, Musha A, Abe T, Shino M, Takayasu Y, Takahashi K, Chikamatsu K, Nakano T. Concurrent chemoradiotherapy with conventional fractionated radiotherapy and low-dose daily cisplatin plus weekly docetaxel for T2NO glottic cancer. Radiat Oncol 2017;12:39.

19. Takahashi H, Sakakura K, Kudo T, Toyoda M, Kaira K, Oyama T, Chikamatsu K. Cancer-associated fibroblasts promote an immunosuppressive microenvironment through the induction and accumulation of protumoral macrophages. Oncotarget 2017;8:8633-8647.

20. Shirai K, Saitoh JI, Musha A, Abe T, Kobayashi D, Takakusagi Y, Takaysu Y, Shino M, Toyoda M, Takahashi K, Chikamatsu K, Ohno T, Nakano T. Clinical Outcomes of Definitive and Postoperative Radiotherapy for Stage I-IVB Hypopharyngeal Cancer. Anticancer Res 2016;36:6571 6578.

ページの先頭へ移動する

沿革

昭和19年8月1日、前橋醫學専門学校開設と同時に耳鼻咽喉科学講座開設
昭和19年2月、初代教授、北川信太郎就任
昭和31年12月19日、北川教授が病没
昭和32年4月、2代教授、石井英男就任、医学部長と付属病院長を歴任
昭和59年3月、石井教授が定年退官
昭和59年4月、3代教授、亀井民雄就任
平成10年3月、亀井教授が定年退官
平成10年7月、4代教授古屋信彦就任
平成23年3月、古屋教授が定年退官
平成23年9月、5代教授近松一朗就任

北川は「聴覚における中枢性要素に関する研究」と題する一連の研究を行い、音響生理に関する多くの業績を残した。
石井は「奇形の実験的発生因子の研究」、「口蓋裂の実験的発生」について多くの業績を残した。「耳介形成術」の手技に工夫を凝らし、多くの学会で発表した。当時としては先駆けであった、ファイバースコープを用いた咽喉頭の臨床的研究、気管・食道粘膜における電子顕微鏡による研究を行った。中でも「反回神経麻痺」について一連の研究を行い、同名の単行本の発行に結実させた。
亀井は生理的自発眼振の概念を表明、若年性片側聾の研究から、遅発性内リンパ水腫の概念を定着させ、多くの業績を残した。頭振り眼振を含む後眼振の臨床研究を行った。
古屋は平衡覚の神経生理学の手法を用いて、めまい、平衡神経の基礎研究を行なった。
主な主催学会は以下のとおりである。
第14回日本前庭研究会・総会(会長:石井英男)
第31回日本気管食道科学会・総会(会長:石井英男)
第51回日本平衡神経科学会・総会(会長:亀井民雄)
第63回日本めまい平衡医学会総会(会長:古屋信彦))
第21回日本喉頭科学会総会(会長:古屋信彦)