群馬大学 大学院医学系研究科 医学部 医学科

本文ヘジャンプします
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

  • Home
  • 組織
  • 臨床医学領域 小児科学講座
  • 小児科学

臨床医学領域 小児科学講座

小児科学

 小児科は、胎児からAYA世代まで、種々の疾患を扱う「総合医」でなければなりません。さらには、児童虐待など社会的に大きな問題となっている小児保健分野にも関与しています。それには、幅広い知識と技術を身につけ、豊かな人間性と倫理観を兼ね備えた小児科専門医を目指すことが出発点になります。わが国では、残念ながら子どもの数が減少の一途を辿っています。しかし、次世代を担う子ども達の大切な命、健やかな成長を見守るために、小児科医の役割は益々増えています。
 当分野は、群馬県の小児医療最後の砦として、全ての臨床に対応できるようにグループを用意しています。新規治療法や患児のQOLを改善するために、我々は遺伝子解析からフィールドワークまで、各分野の専門医が精力的に研究しています。また、医学生や研修医に多くの時間を指導に当てています。患者さんから学ぶ姿勢と確かな診断の目を次世代に継承していくことを教育のモットーとしています。

  • スタッフ
  • 研究と教育
  • 臨床業務
  • 社会貢献
  • 業績
  • 沿革

スタッフ

准教授 滝沢 琢己 医学博士
講 師 小林 靖子 医学博士
羽鳥 麗子 医学博士
石毛  崇 医学博士
助 教 池内 由果 医学博士
八木 久子 医学博士
奥野はるな
井上 貴博
大津 義晃 医学博士
龍城真衣子
西田  豊
堀越 隆伸 医学博士
髙木 陽子
原  勇介 医学博士
川島  淳
宮川 陽一

ページの先頭へ移動する

研究内容

研究内容

腎内分泌代謝グループ:甘味受容体を介したGLP-1分泌促進機構の解明

臓グループ:ポドサイト細胞生物学による特発性ネフローゼ症候群の鑑別方法

血液腫瘍グループ:次世代シーケンサーを用いた343遺伝子の網羅的解析

神経グループ:先天性中枢性低換気症候群における発達予後

新生児グループ:早産児の大腸菌保菌と薬剤耐性に関する研究

消化器グループ:超早期発症炎症性腸疾患を対象とした新規遺伝子の探索並びに機能解析

呼吸器アレルギーグループ:気道上皮細胞からのムチン産生制御機構の解明

教育業務

小児科学 講義
小児科学 演習
小児科学 実習
保健学科 講義

ページの先頭へ移動する

臨床業務

附属病院小児科は小児三次病院として最高水準の医療を行うことを目標にし、専門分野はアレルギー、感染免疫疾患、血液・腫瘍疾患、消化器疾患、循環器疾患、神経疾患、児童精神疾患、内分泌・代謝疾患、未熟児・新生児疾患、腎臓疾患に細分化され、チーム医療体制の下、お互いに協力し診療にあたっております。出生体重が1000g未満の早産児や新生児に対しては、新生児集中治療室(NICU)で特殊治療を行うなど、未熟児から思春期の広い年齢層にわたり診療を提供しております。

ページの先頭へ移動する

社会貢献

小児喘息アレルギー児サマーキャンプ, 小児糖尿病サマーキャンプ

血友病患者会, CCHS家族会

群馬県糖尿病セミナー, 群馬県児童虐待防止医療ネットワーク事業

群馬県先天代謝異常症等対策委員会, 群馬県腎疾患・心臓疾患対策委員会

群馬大学附属幼稚園, 小中校, 特別支援学校の校医, 群馬県立赤城特別支援学校校医

群馬県周産期医療対策協議会, 群馬県小児救急医療対策協議会

群馬県小児等自宅医療連絡協議会, 群馬県アレルギー疾患対策推進協議会

群馬県感染症発生動向調査委員会

ページの先頭へ移動する

業績

1.Inoue T, Sato K, Ohashi H, Motojima T, Takizawa T: Interstitial 6q25 microdeletion syndrome:46,XX,del(6)(q25.2q26). Pediatr Int. 61(6). 618-620, 2019

2.Ishige T: Growth failure in pediatric onset inflammatory bowel disease: mechanisms, epidemiology, and management. Transl Pediatr. 8. 16-22. 2019

3.Shinagawa M. Ishige T, Igarashi Y, Takizawa T, Arakawa H: Pyoderma Gangrenosum of the Finger Associated With Pediatric Ulcerative Colitis. J Pediatr Gastroenterol Nutr. 69(3). e88. 2019

4.Yagi H, Takizawa, T. Sato, K. Inoue, T. Nishida, Y. Ishige, T. Tatsuki, M. Hatori, R. Kobayashi, Y. Yamada, Y. Arakawa, H: Severity scales of non-IgE-mediated gastrointestinal food allergies in neonates and infant. Allergol Int. 68(2). 178-184. 2019

5. Yamato G, Shiba N, Yoshida K, Hara Y, Shiraishi Y, Ohki K, Okubo J, Park MJ, Sotomatsu M, Arakawa H, Kiyokawa N, Tomizawa D, Adachi S, Taga T, Horibe K, Miyano S, Ogawa S, Hayashi Y. RUNX1 mutations in pediatric acute myeloid leukemia are associated with distinct genetic features and an inferior prognosis. Blood. 131(20): 2266-2270. 2018

6. Wada A, Muramatsu K, Sunaga Y, Mizuno T, Takei M, Ogasawara S, Uchida M, Tsukida K, Tashiro M. Brainstem infarction associated with HHV-6 infection in an infant. Brain Dev. 40(3): 242-246. 2018

7. Nishizawa T, Ohki Y, Urano H Suzuki T, Kuwashima M. Knotted transpyloric tube in an infant, a patient report. Pediatr Int. 60(3): 310-133. 2018

8. Motojima T, Fujii K, Ohashi H, Arakawa H. Catathrenia in Pitt-Hopkins syndrome associated with 18q interstitial deletion. Pediatr Int. 60(5): 479-481. 2018

9. Ito K, Takizawa T. Nuclear Architecture in the Nervous System: Development, Function, and Neurodevelopmental Diseases. Front Genet. 9: 308. 2018

10. Ito K, Noguchi A, Uosaki Y, Taga T, Arakawa H, Takizawa T. Gfap and Osmr regulation by BRG1 and STAT3 via interchromosomal gene clustering in astrocytes. Mol Biol Cell. 29(2): 202-219. 2018

11. Ishige T, Igarashi Y, Hatori R, Tatsuki M, Sasahara Y, Takizawa T, Arakawa H. IL-10RA Mutation as a Risk Factor of Severe Influenza-Associated Encephalopathy: A Case Report. Pediatrics. 141(6): pii: e20173548. 2018

12. Ichinomiya K, Maruyama K, Koizumi A, Inoue F, Fukuda K, Kaburagi K, Miyakawa Y; Neonatal Research Network of Japan. Comparison of neurodevelopmental outcomes between monochorionic and dichorionic twins with birth weight ≤ 1500 g in Japan: a register-based cohort study. J Perinatol. 38(10): 1407-1413. 2018

13. Hamajima E, Noda M, Nai E, Akiyama S, Ikuta Y, Obana N, Kawaguchi T, Hayashi K, Oba K, Yoshida T, Katori T, Kokaji M. Therapy with propylthiouracil for T3-predominant neonatal Graves’ disease: A case report. Clin Pediatr Endocrinol. 27(3): 165-169. 2018

14. Arakawa N, Takizawa T, Nishida Y, Yagi H, Arakawa H. Chronic recurrent ostemyelitis with systemic juvenile idiopathic arthritis. Kitakanto Med J. 68(3): 167-169. 2018;

15. Yamato G, Yamaguchi H, Handa H, Shiba N, Kawamura M, Wakita S, Inokuchi K, Hara Y, Ohki K, Okubo J, Park MJ, Sotomatsu M, Arakawa H, Hayashi Y. Clinical features and prognostic impact of PRDM16 expression in adult acute myeloid leukemia. Genes Chromosomes Cancer. 56(11): 800-809. 2017

16. Yamato G, Shiba N, Yoshida K, Shiraishi Y, Hara Y, Ohki K, Okubo J, Okuno H, Chiba K, Tanaka H, Kinoshita A, Moritake H, Kiyokawa N, Tomizawa D, Park MJ, Sotomatsu M, Taga T, Adachi S, Tawa A, Horibe K, Arakawa H, Miyano S, Ogawa S, Hayashi Y. ASXL2 mutations are frequently found in pediatric AML patients with t(8;21)/ RUNX1-RUNX1T1 and associated with a better prognosis. Genes Chromosomes Cancer. 56(5): 382-393. 2017

17. Oyanagi T, Takizawa T, Aizawa A,Solongo O, Yagi H, Nishida Y, Koyama H, Saitoh A, Arakawa H. Suppression of MUC5AC expression in human bronchial epithelial cells by interferon-γ . Allergol Int. 66(1): 75-82. 2017

18. Muramatsu K, Sawaura N, Ogata T, Makioka N, Tomita K, Motojima T, Ida K, Hazama K, Arakawa H. Efficacy and tolerability of levetiracetam for pediatric refractory epilepsy. Brain Dev. 39(3): 231-235. 2017

19. Kobayashi Y. Aizawa A, Takizawa T, Igarashi K, Hatada I and Arakawa H. Changes in DNA methylation in naïve T helper cells regulate the pathophysiological state in minimal-change nephrotic syndrome. BMC Research Notes. 10(1): 480. 2017

20. Kamata A, Muramatsu K, Sawaura N, Makioka N, Ogata T, Kuwashima M, Arakawa H. Demyelinating Demyelinating neuropathy in a 6-year-old girl with autism spectrum disorder. Pediatr Int. 59(8): 951-954. 2017

21. Ichinomiya K. Maruyama K, Inoue T, Koizumi A, Inoue F, Fukuda K, Yamazaki Y, Arakawa H. Perinatal Factors Affecting Serum Hepcidin Levels in Low-Birth-Weight Infants. Neonatology. 112(2): 180-186. 2017

22. Ishige T. Tomomasa T, Hatori R, Tatsuki M, Igarashi Y, Sekine K, Arakawa H. Temporal Trend of Pediatric Inflammatory Bowel Disease: Analysis of National Registry Data 2004 to 2013 in Japan. J Pediatr Gastroenterol Nutr. 65(4): e80-e82. 2017

23. Hazama K. Shiihara T, Tsukagoshi H, Hasegawa S,Dowa Y, Watanabe M. A case of mumps-related acute encephalopathy with biphasic seizures and late reduced diffusion. Brain & Development. 39(9): 808-810. 2017

24. Hatori R. Tomomasa T, Ishige T, Tatsuki M, Arakawa H. Fecal retention in childhood: Evaluation.on ultrasonography. Pediatr Int. 59(4): 462-466. 2017

25. Hara Y, Shiba N, Ohki K, Tabuchi K, Yamato G, Park MJ, Tomizawa D, Kinoshita A, Shimada A, Arakawa H, Saito AM, Kiyokawa N, Tawa A, Horibe K, Taga T, Adachi S, Taki T, Hayashi Y. Prognostic impact of specific molecular profiles in pediatric acute megakaryoblastic leukemia in non-Down syndrome. Genes Chromosomes Cancer. 56(5): 394-404. 2017

ページの先頭へ移動する

沿革

1944年(昭和19年) 松村龍雄教授により、前橋医学専門学校に小児科学教室開講
1948年(昭和23年) 前橋医科大学設置、前橋医科大学附属病院と改称
1949年(昭和24年) 前橋医科大学は群馬大学医学部となり、群馬大学医学部附属病院と改称
  松村龍雄群馬大学教授就任
1967年(昭和42年) 群馬大学医学部附属病院内に群馬県立養護学校前橋分校開校
1976年(昭和51年) 黒梅恭芳教授就任
1978年(昭和53年) 松島正視教授就任(昭和53年より半年間)
1986年(昭和61年) 無菌室開設
1987年(昭和62年) 新外来病棟落成
1992年(平成4年) 分娩部を改組し周産母子センター設置(NICU6床、GCU9床が稼働開始)
1994年(平成6年) 森川昭廣教授就任
2002年(平成14年) 北病棟落成 小児科病棟を「小児・成育医療センター」と称する
  高密度無菌病室(BCR)3床稼働
2004年(平成16年) 群馬大学大学院医学系研究科小児生体防御学に変更
  周産母子センター新生児室開設
2008年(平成20年) 荒川浩一教授就任
  群馬大学大学院医学系研究科小児科学分野に変更
  森川昭廣前教授、群馬大学名誉教授称号付与
2013年(平成25年) 東病棟落成、小児科医師室稼働