群馬大学 大学院医学系研究科 医学部 医学科

本文ヘジャンプします
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

  • Home
  • 組織
  • 臨床医学領域 救急医学講座
  • 救急医学

臨床医学領域 救急医学講座

救急医学

救急医学は「医の原点」であり、救急医学に携わる者には幅広い知識と迅速な判断、さらには的確な処置が求められる。我々は、救急医学の進歩・発展、および地域医療を中心とした救急医療の発展に貢献すべく、実際の臨床活動は勿論のこと、救急医学に関連した様々な臨床研究や基礎的研究や救急医療関連の啓発活動に積極的に取り組んでいる。
特に、
・救急医療のプロフェッショナルとしての地域医療貢献
・救急科専門研修プログラムを有し、次世代を担う若手
 救急科専門医の育成
・様々な救急疾患の病態生理の解明
・救急疾患に対する新たな治療法の開発
・救急医療の現場を知る者として、医療従事者のみならず
 一般市民に対する救命処置法やその他の救急処置手技啓発の推進
等に重点を置き、活動している.

  • スタッフ
  • 研究と教育
  • 臨床業務
  • 社会貢献
  • 業績
  • 沿革

スタッフ

教 授 大嶋 清宏
助 教 村田 将人
助教(病院) 神戸 将彦

ページの先頭へ移動する

研究内容

研究内容

(基礎研究)

・心肺停止状態における血管収縮物質の動態と新たな血管収縮薬投与法の確立

・間葉系幹細胞を用いた新規重症熱傷治療法の開発

(臨床研究)

・血液凝固系検査の救急疾患に対しての応用

・血液凝固検査装置Sonoclotを用いた研究

・高齢者患者についての臨床研究

・学会主導BigDataを用いた臨床研究
1. SOS-KANTO 2012 Study 2. Japan Trauma Data Bank (JTDB)

・めまい患者における脳血管障害診断マーカーの探索

・救急患者に対してのInterventional Radiology (IVR)治療の有用性

・JPTECファーストレスポンダーコース・JPTEC e-learningの医学部医学科学生への外傷教育に対する有効性及び、JPTECプロバイダーコースの事前学習としての有効性の検討

教育業務

(学部学生)

・全学部1年生:「PUSH講習会」胸骨圧迫とAEDの使用法に関する実習

・医学科3年生:「外科・救急医学総論」救急医学に関する講義

・医学科4年生:「臨床基本手技実習」成人に対する一次救命処置(BLS:Basic Life Support)についての実習

・医学科4・5・6年生:「クリニカルクラークシップ」救急医学領域における診療参加型の実習

 ICLS、JPTEC、JATEC等の救急診療の標準診療について熟知したスタッフの指導の下、1次~3次までの軽症から重症までの多様な救急症例を経験してもらえるような実習を行っている。
 具体的には、診療の手順、鑑別診断から確定診断へ至る経緯といった内科的側面から、創部の洗浄、止血や縫合などの創傷処置やドレーン挿入管理といった外科的側面まで、幅広く指導している。
 特に本学唯一の取り組みとして、医学生向けに講習内容を調整したJPTECファーストレスポンダーコースを定期的に開催している。

(大学院生)

・救急診療を行う中で自ら研究課題を発掘し、臨床研究や基礎研究が遂行できるように指導している。
研究結果については積極的に国内外の学術集会での発表や学術雑誌への投稿を指導している。

(教職員)

・院内救命講習:成人に対する一次救命処置(BLS:Basic Life Support)を学ぶための講習会を月に1回開催している。

・ICLSコース:日本救急医学会認定の医療従事者のための一次・二次救命処置を学ぶための講習会を年に3回程度開催している。

・院内災害訓練:約300名の教職員が参加する多数傷病者のトリアージ、災害診療に関連する訓練を年に1回開催している。

ページの先頭へ移動する

臨床業務

・医学部附属病院では救命救急センター(救急科)を担当している。当センターは、前橋市2次輪番病院にも参加し、1次から3次まで幅広い救急疾患に対応している。
そのため、国立大学病院では全国有数の救急搬送台数となっている(平成29年度42国立大学病院中、救急搬送台数第4位)。

・前橋市消防局と共同して、「前橋ドクターカー群大」を運行している。ドクターカーは当センター医師・看護師と前橋市消防局救急救命士が同乗して、救急現場に直接出動するステーション方式で運行している。

・総合診療部と協力して、「救命・総合医療センター」を設置しており、救急医と総合診療医が協力して診療できる体制を取っている。

・外来診療に関しては、24時間365日、原則的に全ての救急症例に対して、当センター医師がFirst touchを行い、ER(Emergency Room)としての役割を果たしている。

・入院診療に関しては、救命救急センター病棟で、当センター医師が主治医となり、院内各診療科とも連携しながら診療を行っている。さらに、重症管理が必要な症例に関しては、集中治療部のスタッフと協力しながら集中治療室で治療を行っている。

ページの先頭へ移動する

社会貢献

・「群馬県救急医療推進協会(NPO法人)」を中心となって運営し、様々な職種と協力しながらその活動を通じて救急医療の啓発に努めている。

・「群馬県救急医療懇談会」の事務局を運営しており、毎年1回行われる学術集会をサポートしている。

・「群馬大学病院DMAT(Disaster Medical Assistance Team)」の中心となる医師が登録しており、局地・広域災害発生時に医療活動を行っている。

<DMAT派遣実績>2007年 新潟県中越沖地震、2011年 東日本大震災、2016年 熊本地震、2018年 本白根山噴火、2019年 台風19号長野県水害 など

・「群馬県メディカルコントロール協議会」「前橋市メディカルコントロール協議会」に当教室の医師が委員として参加しており、病院前救急診療に関する指導・助言を行っている。

・「救急救命士の救命処置技術向上のための病院実習」の実習病院として、当センターで救急救命士の病院実習を行っている。

ページの先頭へ移動する

業績

1. Aoki M, Abe T, Saitoh D, Hagiwara S, Oshima K. Severe trauma patient volume was associated with decreased mortality. Eur J Trauma Emerg Surg. 2020 Mar 28. Online ahead of print.

2. Ichikawa Y, Murata M, Aoki M, Nakajima J, Isshiki Y, Sawada Y, Fukushima K, Oshima K. Streptococcus pneumoniae-associated thrombotic microangiopathy in an immunosuppressed adult. Open Med (Wars). 2020;15:204-210.

3. Aoki M, Tokue H, Yajima H, Isshiki Y, Sawada Y, Fukushima K, Aramaki Y, Oshima K. Selective angioembolization in a pelvic fracture patient with refractory bleeding and hemodynamic instability. Radiol Case Rep. 2020;15(5):624-627.

4. Aoki M, Abe T, Oshima K. Association of prehospital epinephrine administration with survival among patients with traumatic cardiac arrest caused by traffic collisions. Sci Rep. 2019;9(1):9922.

5. Oshima K, Aoki M, Murata M, Nakajima J, Sawada Y, Isshiki Y, Ichikawa Y, Fukushima K, Hagiwara S. Levels of catecholamines in the plasma of patients with cardiopulmonary arrest. Int Heart J. 2019;60(4):870-875.

6. Aoki M, Ogura T, Hagiwara S, Nakamura M, Oshima K. Prediction of arterial extravasation in pelvic fracture patients with stable hemodynamics using coagulation biomarkers. World J Emerg Surg. 2019;14:14.

7. Aoki M, Abe T, Saitoh D, Oshima K. Epidemiology, patterns of treatment, and mortality of pediatric trauma patients in Japan. Sci Rep. 2019;9(1):917.

8. Oshima K, Murata M, Aoki M, Nakajima J, Sawada Y, Isshiki Y, Ichikawa Y, Fukushima K, Hagiwara S, Hinohara H. Efficacy of the treatment of elderly trauma patients requiring intensive care. Emerg Med Int. 2018:2137658.

9. Aoki M, Abe T, Saitoh D, Hagiwara S, Oshima K. Use of vasopressor increases the risk of mortality in traumatic hemorrhagic shock: a nationwide cohort study in Japan. Crit Care Med. 2018;46(12):e1145-e1151.

10. Oshima K, Murata M, Aoki M, Nakajima J, Sawada Y, Isshiki Y, Ichikawa Y, Hagiwara S. Report of four cases with equestrian injury: therapeutic approach and outcome. Case Rep Emerg Med. 2018:8283179.

11. Murata M, Aoki M, Hagiwara S, Sekihara M, Kohri T, Shibuya K, Koike N, Miyazaki D, Oshima K. Successful endovascular therapy in an elderly patient with severe hemorrhage caused by traumatic injury. Open Med (Wars). 2018;13:203-207.

12. Aoki M, Tokue H, Miyazaki M, Shibuya K, Hirasawa S, Oshima K. Primary postpartum hemorrhage: outcome of uterine artery embolization. Br J Radiol. 2018;91(1087):20180132.

13. Hagiwara S, Kaneko M, Aoki M, Murata M, Ichikawa Y, Nakajima J, Isshiki Y, Sawada Y, Tamura J, Oshima K. Can the wish to receive intensive treatment in elderly patients with respiratory tract infection be predicted? Intern Med. 2018;57(14):1989-1993.

14. Nishida O, Ogura H, Egi M, Fujishima S, Hayashi Y, Iba T, Imaizumi H, Inoue S, Kakihana Y, Kotani J, Kushimoto S, Masuda Y, Matsuda N, Matsushima A, Nakada TA, Nakagawa S, Nunomiya S, Sadahiro T, Shime N, Yatabe T, Hara Y, Hayashida K, Kondo Y, Sumi Y, Yasuda H, Aoyama K, Azuhata T, Doi K, Doi M, Fujimura N, Fuke R, Fukuda T, Goto K, Hasegawa R, Hashimoto S, Hatakeyama J, Hayakawa M, Hifumi T, Higashibeppu N, Hirai K, Hirose T, Ide K, Kaizuka Y, Kan’o T, Kawasaki T, Kuroda H, Matsuda A, Matsumoto S, Nagae M, Onodera M, Ohnuma T, Oshima K, Saito N, Sakamoto S, Sakuraya M, Sasano M, Sato N, Sawamura A, Shimizu K, Shirai K, Takei T, Takeuchi M, Takimoto K, Taniguchi T, Tatsumi H, Tsuruta R, Yama N, Yamakawa K, Yamashita C, Yamashita K, Yoshida T, Tanaka H, Oda S. The Japanese Clinical Practice Guidelines for Management of Sepsis and Septic Shock 2016 (J-SSCG 2016). Acute Med Surg. 2018;5(1):3-89.

15. Nishida O, Ogura H, Egi M, Fujishima S, Hayashi Y, Iba T, Imaizumi H, Inoue S, Kakihana Y, Kotani J, Kushimoto S, Masuda Y, Matsuda N, Matsushima A, Nakada TA, Nakagawa S, Nunomiya S, Sadahiro T, Shime N, Yatabe T, Hara Y, Hayashida K, Kondo Y, Sumi Y, Yasuda H, Aoyama K, Azuhata T, Doi K, Doi M, Fujimura N, Fuke R, Fukuda T, Goto K, Hasegawa R, Hashimoto S, Hatakeyama J, Hayakawa M, Hifumi T, Higashibeppu N, Hirai K, Hirose T, Ide K, Kaizuka Y, Kan’o T, Kawasaki T, Kuroda H, Matsuda A, Matsumoto S, Nagae M, Onodera M, Ohnuma T, Oshima K, Saito N, Sakamoto S, Sakuraya M, Sasano M, Sato N, Sawamura A, Shimizu K, Shirai K, Takei T, Takeuchi M, Takimoto K, Taniguchi T, Tatsumi H, Tsuruta R, Yama N, Yamakawa K, Yamashita C, Yamashita K, Yoshida T, Tanaka H, Oda S. The Japanese Clinical Practice Guidelines for Management of Sepsis and Septic Shock 2016 (J-SSCG 2016). J Intensive Care. 2018;6:7.

16. Aoki M, Hagiwara S, Oshima K, Suzuki M, Sakurai A, Tahara Y, Nagao K, Yonemoto N, Yaguchi A, Morimura N; SOS-KANTO 2012 Study Group. Obesity was associated with worse neurological outcome among Japanese patients with out-of-hospital cardiac arrest. Intensive Care Med. 2018;44(5):665-666.

17. Takazawa T, Oshima K, Saito S. Drug-induced anaphylaxis in the emergency room. Acute Med Surg. 2017;4(3):235-245.

18. Aoki M, Tokue H, Shibuya K, Murata M, Hagiwara S, Oshima K. Transcatheter Arterial Embolization of a Lumbar Artery Injury with Traumatic Aortic Dissection. Ann Vasc Surg. 2017;45:262.e11-262.e14.

19. Kaneko M, Hagiwara S, Aoki M, Murata M, Nakajima J, Oshima K. The significance of strong ion gap for predicting return of spontaneous circulation in patients with cardiopulmonary arrest. Open Med (Wars). 2017;12:33-38.

20. Hagiwara S, Aoki M, Murata M, Kaneko M, Ichikawa Y, Nakajima J, Isshiki Y, Sawada Y, Tamura J, Oshima K. FDP/fibrinogen ratio reflects the requirement of packed red blood cell transfusion in patients with blunt trauma. Am J Emerg Med. 2017;35(8):1106-1110.

ページの先頭へ移動する

沿革

1988年4月  群馬大学医学部附属病院救急部 部門開設
1997年1月  群馬大学医学部救急医学 講座開設 初代教授として飯野佑一が就任
2002年2月  群馬大学医学部附属病院屋上ヘリポート 完成
2003年1月  日本救急医学会認定医指定施設 認定(現在は救急科専門医指定施設)
2003年4月  救急医学から臓器病態救急学に講座名変更
2006年3月  群馬県救急医療推進協会(NPO法人)発足
2009年4月  群馬大学医学部附属病院救命・総合医療センター 部門開設
2010年3月  飯野佑一教授 退官
2010年7月  第2代教授として大嶋清宏が就任
2012年10月  群馬県により災害拠点病院に指定
2014年4月  臓器病態救急学から救急医学に講座名変更
2016年3月  災害用救急車(DMATカー)導入
2016年4月  群馬県により救命救急センターに指定
2018年3月  前橋ドクターカー群大 運行開始