群馬大学 大学院医学系研究科 医学部 医学科

本文ヘジャンプします
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

  • Home
  • 組織
  • 臨床医学領域 産科婦人科学講座
  • 産科婦人科学

臨床医学領域 産科婦人科学講座

産科婦人科学

産科婦人科学講座では、生殖医学、周産期医学、婦人科腫瘍学の各分野で、病因病態の解明、新規治療法の開発を目指した基礎・臨床研究を行っている。特に大学院生には、生体材料の採取、分子生物学的解析、遺伝子解析等の指導教育を行っている。

  • スタッフ
  • 研究と教育
  • 臨床業務
  • 社会貢献
  • 業績
  • 沿革

スタッフ

教 授 岩瀬  明 医学博士
准教授 平川 隆史 医学博士
講 師 亀田 高志 医学博士
池田 禎智 医学博士
北原 慈和 医学博士
助 教 井上 真紀 医学博士
小暮佳代子 医学博士
平石  光
中尾光資郎 医学博士
日下田大輔
小林 未央
内山 陽介

ページの先頭へ移動する

研究内容

研究内容

生殖医学分野では、血清抗ミュラー管ホルモンを中心に、卵巣予備能や妊孕性についての評価方法を、基礎・臨床の両方から研究を行っている。それ以外にも、視床下部-下垂体-卵巣系の制御機構と生殖内分泌関連疾患(多嚢胞性卵巣症候群、早発閉経、思春期早発症など)との関連についての研究や、子宮内膜症の病態解明と新規治療法の開発などを行っている。婦人科腫瘍学分野では、卵巣癌におけるがん抑制遺伝子の変異や病態関連遺伝子のクローニングを通じて、新規治療法の開発を行っている。周産期医学分野では、子宮内膜症と周産期予後について疫学的な手法を用いての研究や、妊娠糖尿病の病態を把握するための新規マーカーの開発など行っている。

教育業務

医学部:女性の生殖生理学、生殖内分泌学、妊娠・分娩の生理と病理、婦人科疾患について講義し、診断、治療法を理解する。内分泌学、病理学などの基礎医学をもとに、女性の生殖生理、病態などを理解し診断・治療を行えることを目的としている。

大学院:上記研究内容に関するテーマを一つ以上担当し、指導教員とともに主体的に研究に取り組む体制となっている。必要に応じ、学内外の基礎研究室と共同研究を行っている。

ページの先頭へ移動する

臨床業務

臨床医学では、生殖医療班、周産期医療班、婦人科腫瘍班に人員を配置し、患者さん一人一人に、最適かつ科学的な治療を行うことを心がけている。生殖医療では、一般不妊治療、体外受精などの生殖補助医療、腹腔鏡・子宮鏡による妊孕性温存・回復手術を数多く手掛けている。周産期医療では前置胎盤、多胎妊娠、合併症 妊娠、特に妊娠性糖尿病について経験が豊富である。婦人科腫瘍の治療では、手術・化学療法・放射線治療を適切に組み合わせた集学的治療を行うと共に、より侵襲の少ない腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術も積極的に行っている。さらに、ロボット支援下手術にも取り組んでいる。いずれの分野も高い医療レベルを維持し、泌尿器科、小児科、外科、内科、放射線科等との連携体制も整っている。

ページの先頭へ移動する

社会貢献

産婦人科医会と合同の集談会、各種研究会・セミナーなどを主催し、他大学から講師を招聘するなどして会員の医療技術や知識の研鑽に貢献している。
子宮癌二次検診への参加、県の医療連携に関しては、各病院との連携を中心的に取りまとめ、急性、慢性を問わず患者さんの必要に応じた治療が行えるような体制を整備している。

ページの先頭へ移動する

業績

1. Nagai T, Ishida C, Nakamura T, Iwase A, Mori M, Murase T, Bayasula, Osuka S, Takikawa S, Goto M, Kotani T, Kikkawa F. Focal adhesion kinase-mediated sequences, including cell adhesion, inflammatory response, and fibrosis, as a therapeutic target in endometriosis. Reprod Sci. 2020

2. Mizutani S, Matsumoto K, Kato Y, Mizutani E, Mizutani H, Iwase A, Shibata K. New insights into human endometrial aminopeptidases in both implantation and menstruation.BBA. 1868(2):140332, 2020

3. Ganieva U, Nakamura T, Osuka S, Bayasula, Nakanishi N, Kasahara Y, Takasaki N, Muraoka A, Hayashi S, Nagai T, Murase T, Goto M, Iwase A, Kikkawa F. Involvement of Transcription Factor 21 in the Pathogenesis of Fibrosis in Endometriosis Am J Pathol. 190:145-157, 2020

4. Onizuka Y, Nagai K, Ideno Y, Kitahara Y, Iwase A, Yasui T, Nakajima-Shimada J, Hayashi K. Association between FSH, E1, and E2 levels in urine and serum in premenopausal and postmenopausal women.Clin Biochem. 73:105-108, 2019

5. Osuga Y, Akira S, Irahara M, Iwase A, Katagiri Y, Kugu K, Terada Y, Maruyama T, Fujiwara H. Annual report of Reproductive Endocrinology Committee, Japan Society of Obstetrics and Gynecology, 2019. J Obstet Gynaecol Res. 45(10):1975-1979, 2019″

6. Darwis NDM, Nachankar A, Sasaki Y, Matsui T, Noda SE, Murata K, Tamaki T, Ando K, Okonogi N, Shiba S, Irie D, Kaminuma T, Kumazawa T, Anakura M, Yamashita S, Hirakawa T, Kakoti S, Hirota Y, Tokino T, Iwase A, Ohno T, Shibata A, Oike T, Nakano T. FGFR Signaling as a Candidate Therapeutic Target for Cancers Resistant to Carbon Ion RadiotherapyInt J Mol Sci. 20(18):4563, 2019

7. Kato N, Iwase A, Ishida C, Nagai T, Mori M, Bayasula, Nakamura T, Osuka S, Ganiyeva U, Qin Y, Miki R, Kikkawa F. Upregulation of FGFs caused by HAND2 suppression in endometriotic cells: a possible therapeutic target in endometriosis.Reprod Sci. 26(7):979-987, 2019

8. Shimizu K, Nakamura T, Bayasula, Nakanishi N, Kasahara Y, Nagai T, Osuka S, Goto M, Iwase A, Kikkawa F. Molecular mechanism of FSHR expression induced by BMP15 in human granulosa cells. J Assist Reprod Genet. 36(6):1185-1194, 2019

9. Nguyen XP, Nakamura T, Osuka S, Bayasula, Nakanishi N, Kasahara Y, Muraoka A, Hayashi S, Nagai T, Murase T, Goto M, Iwase A, Kikkawa F. Effect of the Neuropeptide Phoenixin and Its Receptor GPR173 During Folliculogenesis.Reproduction. 158(1):25-34, 2019

10. Mizuno M, Miki R, Moriyama Y, Ushida T, Imai K, Niimi K, Nakano T, Tsuda H, Sumigama S, Yamamoto E, Senga T, Iwase A, Kikkawa F, Kotani T. The role of E2F8 in the human placenta.Mol Med Rep. 19(1):239-301, 2019

11. Osuka S, Nakanishi N, Murase T, Nakamura T, Goto M, Iwase A, Kikkawa F. Animal Models of Polycystic Ovary Syndrome: A Review of Hormone-Induced Rodent Models Focused on Hypothalamus-Pituitary-Ovary Axis and Neuropeptides.Reprod Med Biol. 18(2):151-160, 2018

12. Qin Y, Iwase A, Murase T, Bayasula, Ishida C, Kato N, Nakamura T, Osuka S, Takikawa S, Goto M, Kotani T, Kikkawa F. Protective effects of mangafodipir against chemotherapy-induced ovarian damage in mice. Reprod Biol Endocrinol. 16(1):106, 2018

13. Kigure K, Nakamura K, Kitahara Y, Nakao K, Hirakawa T, Rokukawa S, Ito M, Nishimura T, Ito I, Kagami I, Itoga S. An electrical scalpel conization versus Shimodaira-Taniguchi conization procedure for cervical intraepithelial neoplasia.Medicine (Baltimore). 97(41):e12640, 2018

14. Ohno T, Noda SE, Murata K, Yoshimoto Y, Okonogi N, Ando K, Tamaki T, Kato S, Hirakawa T, Kanuma T, Minegishi T, Nakano T; Working Group for Gynecologic Cancer. Phase I Study of Carbon Ion Radiotherapy and Image-Guided Brachytherapy for Locally Advanced Cervical Cancer.Cancers. 10(9):338, 2018

15. Tumenjargal A, Tokue H, Kishi H, Hirasawa H, Taketomi-Takahashi A, Tsushima Y. Uterine Artery Embolization Combined with Dilation and Curettage for the Treatment of Cesarean Scar Pregnancy: Efficacy and Future Fertility.Cardiovasc Intervent Radiol. 41(8):1165-1173, 2018

16. Imai K, Kotani T, Tsuda H, Nakano T, Ushida T, Iwase A, Nagai T, Toyokuni S, Suzumura A, Kikkawa F. Administration of molecular hydrogen during pregnancy improves behavioral abnormalities of offspring in a maternal immune activation model. Sci Rep. 8(1):9221, 2018

17. Osuka S, Iwase A, Goto M, Takikawa S, Murase T, Nakamura T, Kato N, Bayasula, Kotani T, Kikkawa F. Thyroid autoantibodies do not impair ovarian reserve in euthyroid infertile women: a cross-sectional study. Horm Metab Res. 50(7):537-542, 2018

18. Komatsu K, Iwase A, Murase T, Masubuchi S. Ovarian Tissue Culture to Visualiza Penomena in Mouse Ovary.J Vis Exp. (136):e57794, 2018

19. Nakano T, Kotani T, Imai K, Iitani Y, Ushida T, Tsuda H, Li H, Iwase A, Toyokuni S, Kikkawa F. Effect of molecular hydrogen on uterine inflammation during preterm labor. Biomed Rep. 8(5):454-460, 2018

20. Nakao K, Hirakawa T, Suwa H, Kogure K, Ikeda S, Yamashita S, Minegishi T, Kishi H. High Expression of Ubiquitin C-terminal Hydrolase L1 Is Associated With Poor Prognosis in Endometrial Cancer Patients. Int J Gynecol Cancer. 28(4):675-683, 2018

21. Belli M, Iwata N, Nakamura T, Iwase A, Stupack D, Shimasaki S. FOXL2C134W-induced CYP19 expression via cooperation with SMAD3 in HGrC1 cells. Endocrinology. 159(4):1690-1703, 2018

22. Murase T, Iwase A, Komatsu K, Nakamura T, Osuka S, Takikawa S, Goto M, Kotani T, Kikkawa F. Follicle dynamics: visualization and analysis of follicle growth and maturation using murine ovarian tissue culture.J Assist Reprod Genet. 35(2):339-343, 2018

ページの先頭へ移動する

沿革

昭和19年 2月 5日~ 昭和25年 2月28日 清水直太郎 教授
昭和25年 3月25日~ 昭和33年 1月31日 梅沢  実 教授
昭和33年 2月 1日~ 昭和47年10月19日 松本 清一 教授
昭和48年 3月16日~ 平成 3年 3月31日 五十嵐正雄 教授
平成 3年12月 1日~ 平成12年 3月31日 伊吹 令人 教授
平成12年 8月 1日~ 平成29年 3月31日 峯岸  敬 教授
平成30年 2月 1日~             岩瀬  明 教授