群馬大学 大学院医学系研究科 医学部 医学科

本文ヘジャンプします
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

  • Home
  • 組織
  • 基礎・基盤医学領域 生体防御学講座
  • 生体防御学

基礎・基盤医学領域 生体防御学講座

生体防御学

本分野は,ウイルス学または寄生虫学を専門とする基礎医学分野として平成30年4月に新たに設置されました。宿主病原体相互作用の追究を主軸に置き、ウイルス学・寄生虫学・免疫学分野の研究を実施しております。ウイルスに関しては、ウイルスと宿主の相互作用を解明するために、主にコロナウイルスを研究対象として、ウイルス蛋白質による宿主蛋白質の発現調整を明らかにすることで、新興感染症の制圧を目指します。寄生虫学・免疫学に関しては、特にマラリア感染時における防御免疫応答に関する研究を通じ、「病原体」としての寄生虫学を追究すると同時に、寄生虫感染宿主におけるアレルギー・自己免疫・抗腫瘍免疫応答に関する追究を通じ、「環境因子」としての寄生虫学を追究しています。

  • スタッフ
  • 研究と教育
  • 臨床業務
  • 社会貢献
  • 業績
  • 沿革

スタッフ

教 授 神谷  亘 博士(医学)
講 師 鈴江 一友 博士(医学)
助 教 今井  孝 博士(医学)

ページの先頭へ移動する

研究内容

研究内容

当分野では、ウイルス感染の征圧を目指して、ヒトに重篤な肺炎を引き起こすコロナウイルスをモデルとして、ウイルス感染による重篤な肺炎病態の発症機序を分子生物学的手法により解析を行っています。また、細菌人工染色体を用いたウイルスの人工合成の開発に取り組んでいます。

さらに、当分野では、年間2億人以上の患者を出し、約40万人の死者を出す世界最大規模の感染症であるマラリアの制圧を目指し、寄生虫に対する免疫応答を中心に宿主側からの検討と宿主とマラリア原虫の寄生体病原体相互関係に関する研究(鈴江・今井)を行なっています。

教育業務

医学科3年生には、病原体学としてウイルス学および寄生虫学に関して系統的に理解できるように講義、特別講義、実習を担当します。日本では見られないウイルス感染症および寄生虫感染症を紹介することで、国際的な感覚を身につけられるよう配慮します。さらに、宿主の観点からは病原体から身を守る生体防御としての免疫学と衛生学も担当します。

大学院生には、世界で通用する研究者になるべく研究の組み立て方をわかりやすく丁寧に教えます。

ページの先頭へ移動する

臨床業務

(該当する業務はありません)

ページの先頭へ移動する

社会貢献

感染症発生時の専門家としての意見を提供し地域社会に貢献します。

ページの先頭へ移動する

業績

ウイルス学

1:  Molecular pharmacology of ciclesonide against SARS-CoV-2
Hirokazu Kimura, Hiromu Kurusu, Mitsuru Sada, Daisuke Kurai, Koichi Murakami, Wataru Kamitani, Haruyoshi Tomita, Kazuhiko Katayama, Akihide Ryo J Allergy Clin Immunol. 2020 Jun 13  doi: 10.1016/j.jaci.2020.05.029 [Epub ahead of print]
PMCID: PMC7293530

2:  Establishment of a Virulent Full-Length cDNA Clone for Type I Feline Coronavirus Strain C3663 Yutaka Terada, Yudai Kuroda, Shigeru Morikawa, Yoshiharu Matsuura, Ken Maeda, Wataru Kamitani J Virol. 2019 Nov 1; 93(21): e01208-19.  Prepublished online 2019 Aug 2. Published online 2019 Oct 15. doi: 10.1128/JVI.01208-19
PMCID: PMC6803248

3:  Development of fluorescent reverse transcription loop-mediated isothermal amplification (RT-LAMP) using quenching probes for the detection of the Middle East respiratory syndrome coronavirus Kazuya Shirato, Shohei Semba, Sherif A. El-Kafrawy, Ahmed M. Hassan, Ahmed M. Tolah, Ikuyo Takayama, Tsutomu Kageyama, Tsugunori Notomi, Wataru Kamitani, Shutoku Matsuyama, Esam Ibraheem Azhar
J Virol Methods. 2018 Aug; 258: 41–48.  Published online 2018 May 12. doi: 10.1016/j.jviromet.2018.05.006
PMCID: PMC7113683

4:  MERS coronavirus nsp1 participates in an efficient propagation through a specific interaction with viral RNA Yutaka Terada, Kengo Kawachi, Yoshiharu Matsuura, Wataru Kamitani Virology. 2017 Nov; 511: 95–105.  Published online 2017 Aug 23. doi: 10.1016/j.virol.2017.08.026
PMCID: PMC7118922

5:  Two-amino acids change in the nsp4 of SARS coronavirus abolishes viral replication
Yusuke Sakai, Kengo Kawachi, Yutaka Terada, Hiroko Omori, Yoshiharu Matsuura, Wataru Kamitani Virology. 2017 Oct; 510: 165–174.  Published online 2017 Jul 21. doi: 10.1016/j.virol.2017.07.019
PMCID: PMC7111695

 

寄生虫病学

1: CD8+ regulatory T cells are critical in prevention of autoimmune-mediated diabetes.
Shimokawa C, Kato T, Takeuchi T, Ohshima N, Furuki T, Ohtsu Y, Suzue K, Imai T, Obi S, Olia A, Izumi T, Sakurai M, Arakawa H, Ohno H, Hisaeda H. Nat Commun. 2020 Apr 22;11(1):1922. doi: 10.1038/s41467-020-15857-x.

2: IL-33 is essential to prevent high fat diet-induced obesity in mice infected with an intestinal helminth. Obi S, Shimokawa C, Katsuura M, Olia A, Imai T, Suzue K, Hisaeda H.
Parasite Immunol. 2020 Feb 6:e12700. doi: 10.1111/pim.12700. Online ahead of print.
PMID: 32027755

3: Suppression of systemic lupus erythematosus in NZBWF1 mice infected with Hymenolepis microstoma. Olia A, Shimokawa C, Imai T, Suzue K, Hisaeda H.
Parasitol Int. 2020 Jun;76:102057. doi: 10.1016/j.parint.2020.102057. Epub 2020 Jan 16.
PMID: 31954872

4: Chemotaxis Assay for Marsupenaeus japonicas Hemocytes and Application for the Development of an Oral Immunostimulant Against White Spot Syndrome Virus.
Imai T, Takahashi Y. Front Cell Dev Biol. 2020 Feb 7;8:46. doi: 10.3389/fcell.2020.00046. eCollection 2020.
PMID: 32117975 Free PMC article.

5: A P. falciparum NF54 Reporter Line Expressing mCherry-Luciferase in Gametocytes, Sporozoites, and Liver-Stages. Marin-Mogollon C, Salman AM, Koolen KMJ, Bolscher JM, van Pul FJA, Miyazaki S, Imai T, Othman AS, Ramesar J, van Gemert GJ, Kroeze H, Chevalley-Maurel S, Franke-Fayard B, Sauerwein RW, Hill AVS, Dechering KJ, Janse CJ, Khan SM. Front Cell Infect Microbiol. 2019 Apr 16;9:96. doi: 10.3389/fcimb.2019.00096. eCollection 2019. PMID: 31058097 Free PMC article.

ページの先頭へ移動する

沿革

○ウイルス学の沿革

1984年 星野 洪郎 教授 着任 衛生学教室でHIVウイルスの研究を開始
2012年 磯村 寛樹 教授 着任 HCMVウイルスの研究を開始

○寄生虫学の沿革

1966年 衛生学教室より寄生虫学講座として独立し、沢田利貞教授が主任となる
1976年 鈴木 守 教授 着任
2004年 野崎智義 教授 着任
2010年 久枝 一 教授 着任

〇2018年ウイルス学と寄生虫学を専門とする基礎医学分野として生体防御学講座の設立

2019年 神谷 亘 教授 着任