群馬大学 大学院医学系研究科 医学部 医学科

本文ヘジャンプします
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

  • Home
  • 組織
  • 基礎・基盤医学領域 脳神経再生医学講座
  • 脳神経再生医学

基礎・基盤医学領域 脳神経再生医学講座

脳神経再生医学

本分野では、医学科学生に対して神経系の生理学に関する講義と実習を担当している。また、研究では脳神経の発達、記憶、学習と障害のメカニズムを分子から行動レベルで解明するとともに、治療法の確立していない神経変性疾患の新しい治療法開発を行なっている。特に国の難病に指定されている脊髄小脳変性症に対する遺伝子治療法の開発を積極的に行なっている。研究手法は分子生物学、細胞生物学、電気生理学、行動実験と多岐にわたり、これら最新の技術を組み合わせて世界トップレベルの研究を推進している。

  • スタッフ
  • 研究と教育
  • 臨床業務
  • 社会貢献
  • 業績
  • 沿革

スタッフ

教 授 平井 宏和 医学博士
講 師 細井 延武 博士(心理学)
今野  歩 博士(生命科学)
助 教
(研究科講師)
松崎 泰教 医学博士

ページの先頭へ移動する

研究内容

研究内容

本教室における主な研究テーマ
1. 脳の生理機能を遺伝子(ゲノム)、エピゲノム、細胞、シナプス機能、ネットワークレベルから理解する

2. 脳疾患の病態を解明し、ゲノム、エピゲノムを改変することで障害からの回復を目指す

3. 脳の特定の細胞群、神経回路をゲノム・エピゲノムレベルから操作する技術の開発

詳細は当研究分野のホームページをご覧ください。
https://synapse.dept.med.gunma-u.ac.jp/

ページの先頭へ移動する

臨床業務

該当無し

ページの先頭へ移動する

社会貢献

教授は次の役職を併任している。

未来先端研究機構ウイルスベクター開発研究センター長、生体調節研究所附属ゲノムリソースセンター長、日本神経科学学会 学会体制WG委員長、国際放射線神経生物学会理事、日本生理学会評議員、全国脊髄小脳変性症・多系統萎縮症友の会 医療顧問

世界脳週間における高校生体験実習、小中学生のための医学研究者体験教室などを通じて社会貢献している。

ページの先頭へ移動する

業績

最新の業績は当研究分野のホームページをご覧ください。
https://synapse.dept.med.gunma-u.ac.jp/?post_type=publications-type

ページの先頭へ移動する

沿革

1) 昭和29年、生理学第二講座が設置され、東京大学より高木貞敬が教授として赴任した。高木の専攻は、神経生理学であり、生理学第二講座は「嗅覚および嗅神経系の生理学」を研究テーマとし、嗅覚生理学の発展に貢献した。

2) 昭和59年、自治医科大学より小澤瀞司が教授として赴任した。小澤の専攻は、神経生理学、細胞生理学であり、教室の研究テーマを、「中枢神経系のグルタミン酸受容体の構造と機能」とした。小澤は電気生理学を中心とした研究を展開すると共に、分子生物学を積極的に取り入れ、ScienceやNature Medicineをはじめとする一流国際誌に優れた研究成果を数多く発表し、本教室が大きく発展した。

3) 平成15年、大学院講座化により、教室名が大学院医学系研究科・脳神経病態制御学講座・神経生理学分野に改称された。

4) 平成18年5月1日付けで金沢大学より平井宏和が第3代教授として赴任した。平井の専攻は神経生理学、分子生物学であり、教室の研究テーマを、「脳の発達、学習、記憶と障害のメカニズム解明」とした。平井は小脳を研究対象とし、基礎研究に加えて、根治療法がなく国の難病に指定されている脊髄小脳変性症の遺伝子治療に向けたトランスレーショナルリサーチも積極的に行なっている。