群馬大学 大学院医学系研究科 医学部 医学科

本文ヘジャンプします
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

  • Home
  • 組織
  • 臨床医学領域 総合外科学講座
  • 乳腺・内分泌外科学

臨床医学領域 総合外科学講座

乳腺・内分泌外科学

乳癌は女性の癌で罹患率が1990年代から最も高く、かつ発症年齢も他臓器の癌と異なり、40-60歳代に発症のピークがあり、社会的にも重要な癌である。乳腺•内分泌外科分野では、乳癌をはじめとする乳腺疾患、甲状腺疾患、上皮小体(副甲状腺)疾患の診断、治療をおこなっている。特に乳癌においては、現在の日本乳癌学会の前身となる乳癌研究会の時代から、学術集会の主催や乳癌取り扱い規約の刊行に関わるなど、日本の乳癌診療において中心的な役割を果たしてきている。研究面では、乳癌の薬物感受性や予後因子の解析を中心に行っており、世界に通じる研究を推進している。

  • スタッフ
  • 研究と教育
  • 臨床業務
  • 社会貢献
  • 業績
  • 沿革

スタッフ

診療科長/准教授 藤井 孝明
助 教 矢島 玲奈
平方 智子
尾林 紗弥香
黒住  献
医 員 中澤 祐子
徳田 尚子
矢内 恵子
医療人能力開発センター
講 師
菊地 麻美

 

ページの先頭へ移動する

研究内容

研究内容

女性で最も罹患率が高い乳癌および内分泌疾患の診断と治療について実践、研究している。基礎研究としては、1)腫瘍血管新生、2)乳癌治療薬の感受性、予測因子評価としてのバイオマーカー同定、特に感受性、予後因子の解析をTILsやmicroRNAを中心に網羅的に行っている。臨床研究としては、1)乳癌診療におけるFDG-PETの有用性、2)リンパ節転移のメカニズム解明、3)上皮小体および乳癌センチネルリンパ節同定におけるナビゲーションサージェリーの解析などに取り組んでいる。上記以外のテーマについても研究可能であり、毎週行っている研究カンファレンスにてディスカッションを行っている。

教育業務

医学部では、乳腺外科学講義、内分泌外科学講義(以上4年生)、外科学臨床実習(5、6年生)、実践臨床病態学講義(6年生)などを担当している。外科医として、オンコロジストとしての基本的な知識、技術を身につける為の実習、医療技術教育を行っている。大学院では、総合外科学講座の研究室の他、本学の基礎講座や国内の施設に留学して研究を行っている。臨床とならび研究においても、研究目的を理解し、計画的に研究が遂行できるよう、また研究結果に基づいた新たな展開を指導し、国際的学術雑誌への投稿をすすめている。

ページの先頭へ移動する

臨床業務

乳癌をはじめとする乳腺疾患、甲状腺疾患、上皮小体(副甲状腺)疾患の診断、治療をおこなっている。乳癌に対しては、乳房温存術だけでなく、形成外科と協力し、乳房再建を含めたオンコプラスティックサージャリーにも積極的に取り組んでいる。内分泌疾患では、甲状腺癌、バセドウ病、副甲状腺機能亢進症に対する手術をおこなっている。副甲状腺機能亢進症においてMIBIシンチグラフィーによるナビゲーションサージャリーにも取り組んでいる。

ページの先頭へ移動する

社会貢献

群馬県健康づくり財団と連携し、乳腺、甲状腺疾患の集団検診および精密検査を施行している。乳癌においては地域連携パスを用い、地域の病院、診療所と連携した診療を実践している。総合外科学講座としては、特定非営利活動法人 群馬大学総合外科学講座開講記念会を通じて、学生、研修医、若手外科医への教育や研究、技術支援をおこなっている。

ページの先頭へ移動する

業績

Fujii T, et al. Phase II Study of S-1 plus Trastuzumab for HER2-positive Metastatic Breast Cancer (GBCCSG-01). Anticancer Res (in press)

Fujii T, et al. Implication of atypical supraclavicular F18-fluorodeoxyglucose uptake in patients with breast cancer: Relationship between brown adipose tissue and breast cancer progression.  Oncology Letters (in press)

Obayashi S, et al. Stathmin1 expression is associated with aggressive phenotypes and cancer stem cell marker expression in breast cancer patients.  Int J Oncol 2017

Kurozumi S, et al. Significance of evaluating tumor-infiltrating lymphocytes (TILs) and programmed cell death-ligand 1 (PD-L1) expression in breast cancer. Med Mol Morphol 2017
Kurozumi S, et al. Power of PgR expression as a prognostic factor for ER-positive/HER2-negatiev breast cancer patients at intermediate risk classified by the Ki67 labeling index. BMC Cancer 2017.

Kurozumi S, et al. Recent in microRNA research into breast cancer with particular focus on the associations between microRNAs and intrinsic subtypes. J Hum Genet 2017.

Fujii T, et al. Clinicopathological Features of Ductal Carcinoma In Situ from 18F-FDG-PET Findings. Anticancer Res 2017.

Fujii T, et al. 18F-fluorodeoxyglucose uptake as predictor for invasion in preoperatively diagnosed breast ductal carcinoma in situ: Significance in cases without mass formation
Mol Clin Oncol 2017

Fujii T, et al. A case of subareolar abscess in the male breast: Usefulness of MRI for diagnosis. International Journal of Case Reports and Images 2017

Yajima R, et al. Tumor-infiltrating CD45RO+ memory cells are associated with a favorable prognosis
breast cancer. Breast Cancer 2016.

Kurozumi S, et al. HER2 intratumoral heterogeneity analyses by concurrent HER2 gene and protein assessment for the prognosis of HER2 negative invasive breast cancer patients. Breast Cancer Res Treat 2016.

Kurozumi S, et al. Prognostic value of the ubiquitin ligase carboxyl terminus of the Hsc70-interacting protein in postmenopausal breast cancer. Cancer Med 2016.

Fujii T, et al. Clinicopathological features of cases with primary breast cancer not identified by 18F-FDG-PET. Anticancer Res 2016.

Fujii T, et al. Clincal significance of 18F-FDG-PET in invasive lobular carcinoma. Anticancer Res 2016.

Fujii T, et al. Implication of F18-fluorodeoxyglucose uptake of affected axillary lymph nodes in cases with differentiated thyroid cancer. Mol Clin Oncol 2016.

Fujii T, et al. Implications of long-term indwelling of tissue expander in breast reconstruction: risk of expander rupturing. Anticancer Res 2016.

Fujii T, et al. Implication of F18-fluorodeoxyglucose uptake of affected axillary lymph nodes in cases with breast cancer. Anticancer Res 2016.

Fujii T, et al. Prediction of extracapsular invasion at metastatic sentinel nodes and non-sentinel lymph nodal metastases by FDG-PET in cases with breast cancer. Anticancer Res 2016

Fujii T, et al. Anticancer effect of rapamycin on MCF-7 via downregulation of VEGF expression. In Vitro Cell Dev Biol Anim 2016.

Fujii T, et al. Cystic parathyroid adenoma with MIBI scan-negative PHPT: Usefulness of Gamma camera. Int J Case Rep Imag 2016.

Kurozumi S, et al. ER, PgR, Ki67, p27(Kip1), and histological grade as predictors of pathological complete response in patients with HER2-positive breast cancer receiving neoadjuvant chemotherapy using taxanes followed by fluorouracil, epirubicin, and cyclophosphamide concomitant with trastuzumab. BMC Cancer 2015.

Fujii T, et al. Impact of vascular invasion of a primary tumor as a strong risk factor for disease recurrence in patients with node-positive breast cancer. Am Surg 2015

Fujii T, et al. Significance of lymphatic invasion combined with size of primary tumor for predicting sentinel lymph node metastasis in patients with breast cancer. Anticancer Res 2015

Fujii T, et al. Implication of duration of clinical presentation on tumor progression and the short-term recurrence in patients with early breast cancer.  Mol Clin Oncol 2015

Yajima R, et al. Prognostic value of extracapsular invasion of axillary lymph nodes combined with peritumoral vascular invasion in patients with breast cancer. Ann Surg Oncol 2015.

ページの先頭へ移動する

沿革

準備中