本文へジャンプ メインメニューへジャンプ
国立大学法人群馬大学 大学院医学系研究科 医学部医学科
国立大学法人群馬大学 大学院医学系研究科 医学部医学科
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
プレスリリース
Pressrelease
ここから本文です
プレスリリース
寄生虫が自己免疫疾患の発症を抑える仕組みを解明 ー1型糖尿病の予防・治療に新たな光ー
 このたび、理化学研究所(理研)生命医科学研究センター粘膜システム研究チームの下川周子客員研究員(国立感染症研究所寄生動物部主任研究官、群馬大学大学院医学系研究科生体防御学協力研究員)らの共同研究グループが、自己免疫疾患 …
プレスリリース
若者向け “こころのSOS発信&お助け” LINEスタンプ作成ー「こころの健康社会」の構築に向けた多分野連携の実践活動を事例集として紹介ー
 このたび、大学院医学系研究科神経精神医学分野の福田 正人教授が、昨年度の地域貢献事業の取組みのひとつ「ユース世代のこころの健康社会に向けた県内ネットワークの推進」の成果として、青少年の健康を支える県内の様々な分野の取り …
プレスリリース
環境基準値未満の大気汚染でも院外心停止は増加~ 微小粒子状物質(PM2.5 )の基準値を見直す必要性~
このたび、大学院医学系研究科循環器内科学の倉林正彦教授およびシドニー大学の根岸一明教授らの研究グループは、大気中に浮遊する微小粒子状物質(PM2.5)が環境基準値未満であった場合でも、日本人においては院外心停止が増加傾向 …
プレスリリース
ヒトiPS細胞から作り出した血管内皮細胞の移植で動物モデルの大脳白質梗塞が劇的に改善
 このたび、大学院医学系研究科分子細胞生物学の石崎 泰樹教授らの研究グループは、大脳白質に梗塞を誘導した動物モデルに、ヒトiPS細胞から作り出した血管内皮細胞を移植することにより、白質梗塞が劇的に改善すること発見しました …
プレスリリース
脳腫瘍による視力障害の原因を解明
 このたび、大学院医学系研究科脳神経外科学の登坂 雅彦准教授らの研究グループは、5大脳腫瘍の1つである下垂体腺腫の視力低下を引き起こすメカニズムを初めて解明しましたので、お知らせします。  このメカニズムの発見により、今 …
プレスリリース
てんかん発作は冷やすと治る! ―てんかん病態悪化の分子メカニズムを解明―
 このたび、大学院医学系研究科分子細胞生物学分野の柴崎 貢志准教授は、世界で初めて、てんかん病態が悪化する分子メカニズムを解明しましたので、お知らせします。  今回の論文は、てんかん治療器具や抗てんかん薬の開発につながる …
プレスリリース
マラリアによる死因と防御メカニズムを解明
 このたび、大学院医学系研究科生体防御学の今井孝助教らの研究グループは、国立感染症研究所、東京大学、九州大学、米国Vanderbilt大学他との国際共同研究により、マラリアによる死因と防御メカニズムを解明しましたので、お …
プレスリリース
治りづらい床ずれのメカニズムを解明
 このたび、大学院医学系研究科皮膚科学の茂木精一郎准教授らの研究グループは、本学医学系研究科口腔顎顔面外科学・形成外科学、山梨大学医学部皮膚科学講座、金沢医科大学総合医学研究所生命科学研究領域細胞医学研究分野との共同研究 …
プレスリリース
新たな高性能画像診断機器である「医療用コンプトンカメラ」を開発し、世界で初めての臨床試験に成功―PET薬剤とSPECT薬剤の同時計測・画像化に成功―
 このたび、本学の中野隆史特別教授らの研究グループは、量子科学技術研究開発機構高崎量子応用研究所、東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構との共同研究により、開発した医療用コンプトンカメラにて、世界で初めての臨床 …
プレスリリース
交通事故による外傷性心肺停止の治療にアドレナリン 投与は生存率改善として不十分であると検証 ~積極的な病院前治療が生存率向上への鍵~
 このたび、大学院医学系研究科の青木 誠助教らの研究グループは、交通事故による心肺停止患者への病院前アドレナリン投与の有効性を検証し、生存率改善に有効ではなかったことを確認しましたので、お知らせします。  本研究において …
4 / 5ページ
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です