本文へジャンプ メインメニューへジャンプ
国立大学法人群馬大学 大学院医学系研究科 医学部医学科
国立大学法人群馬大学 大学院医学系研究科 医学部医学科
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
プレスリリース
Pressrelease
ここから本文です
プレスリリース
抑制性シナプス形成に必要な新たなタンパク質相互作用の同定に成功
~接着分子と微小管の相互作用が鍵~
本学大学院医学系研究科機能形態学分野の岩﨑広英教授、一ノ瀬聡太郎助教、脳神経再生医学分野の平井宏和教授らを中心としたグループは、抑制性シナプス形成に必要な新たなタンパク質相互作用の同定に成功しましたので、お知らせします。 …
プレスリリース
温度感受性受容体チャネルTRPV4が乾癬の病態に重要な役割を果たすことを解明
本学大学院医学系研究科皮膚科学講座(茂木精一郎教授)の内山明彦講師らの研究グループは、長崎県立大学栄養健康学科細胞生化学研究室(柴崎貢志教授)との共同研究により、難治性の皮膚疾患の1つである乾癬の病態のメカニズムにおける …
プレスリリース
拡大新生児スクリーニング対象者数を大幅に拡大
~共同で検査体制の確立に貢献~
本学大学院医学系研究科小児科学講座は、群馬県でより多くの疾患を対象とした拡大新生児スクリーニングを持続的に実施するため、埼玉医科大学、群馬県、千葉県こども病院らと共同で拡大新生児スクリーニング検査導入の促進等、検査の体制 …
プレスリリース
甲状腺ホルモンが小脳機能の発達に不可欠であることを発見
-先天性甲状腺機能低下症による脳発達障害のメカニズムの一端を解明-
本学大学院医学系研究科応用生理学講座の鯉淵典之教授の研究チームは、小脳をモデルとし、長年謎であった先天性甲状腺機能低下症による脳発達障害の原因を明らかにしましたので、お知らせします。本研究成果は、2022年11月2日に国 …
プレスリリース
抗生物質が効かない薬剤耐性緑膿菌の弱毒化に成功
~難治性の緑膿菌感染症の治療に光~
本学大学院医学系研究科細菌学講座の平川秀忠准教授は、群馬パース大学大学院保健科学研究科医療科学領域の木村鮎子講師らの研究グループとの共同研究で、特殊な炭素素材を用いて既存の抗生物質(抗菌薬)が効かない薬剤耐性(多剤耐性) …
プレスリリース
鉄依存性細胞死(フェロトーシス)や虚血性神経細胞死を止める揮発性物質の発見
ー 新たな脳保護療法の可能性を見出す ー
本学食健康科学教育研究センター、同大学院保健学研究科検査技術科学、同大学院医学系研究科脳神経外科学(群馬県前橋市)を中心とするグループは、有機化合物でニトロキシラジカルの1種であるTEMPO(2,2,6,6-tetram …
プレスリリース
新規MRI技術で利き手の神経制御メカニズムを解明
〜手指運動中の脳・脊髄機能結合パターンの左右差を世界で初めて計測〜
本学医学部附属病院整形外科の高澤英嗣助教と医学系研究科整形外科学の筑田博隆教授らは、国立精神・神経医療研究センター(NCNP)脳病態統合イメージングセンター(IBIC)先進脳画像研究部の阿部十也部長、および京都大学医学研 …
プレスリリース
重度の食中毒を起こす腸管出血性大腸菌O157の無毒化に成功
~腸管出血性大腸菌感染症の予防・治療法の発展に向けて~
本学大学院医学系研究科細菌学講座の平川秀忠准教授らの研究グループは、同医学系研究科生体防御学講座の神谷亘教授、鈴江一友講師と株式会社クレハとの共同研究により、腸管出血性大腸菌O157の無毒化に成功しましたので、お知らせし …
プレスリリース
リン酸化酵素・γ型プロテインキナーゼCが運動制御に重要な役割を果たすことを解明
-脊髄小脳失調症14型において運動失調が発症する原因の一端を解明-
本学大学院医学系研究科脳神経再生医学分野の渡邊将特任助教 (現在は岐阜大学)及び平井宏和教授らのグループは、成熟小脳において、リン酸化酵素であるγ型プロテインキナーゼC(PKCγ)が協調運動(複数の筋肉の動きを調整して行 …
プレスリリース
くびの脊髄損傷:24時間以内の緊急手術で麻痺の回復促進
本学医学系研究科の筑田教授は、群馬大学・東京大学を中心とする研究グループとの共同研究において、大学病院など全国43施設にて国際的にも最大規模のランダム化試験を行い、非骨傷性頚髄損傷に対する早期手術の有効性を調査し、その結 …
2 / 5ページ
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です