本文へジャンプ メインメニューへジャンプ
国立大学法人群馬大学 大学院医学系研究科 医学部医学科
国立大学法人群馬大学 大学院医学系研究科 医学部医学科
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
プレスリリース
Pressrelease
ここから本文です
プレスリリース
母親の抗体が子の脳の発達に影響を与える
~母乳とミルクに違いはあるのか?~
本学大学院医学系研究科附属教育研究支援センターの定方哲史准教授と富山大学学術研究部医学系行動生理学講座の高雄啓三教授を中心とする研究グループは、母親が母乳によって子に与える抗体が子の脳の発達に影響を与えることを明らかにし …
プレスリリース
大脳皮質抑制ニューロンの産生、移動、および層配置を細胞レベルで制御する発生時計プログラムの解明
〜FOXG1遺伝子「量」のダイナミック増減変化による制御機構〜
本学大学院医学系研究科遺伝発達行動学講座は、東京女子医科大学医学部神経生理学講座、およびニューヨーク大学神経科学研究所を中心とする研究グループとの共同研究により、自閉スペクトラム症関連転写因子であるFOXG1「量」が増減 …
プレスリリース
衝撃波治療の変性半月板に対する保護効果
本学大学院医学系研究科整形外科学分野は、応用生理学分野との共同研究により、膝関節の機能に重要な半月板の変性に対する衝撃波治療の効果を検証し、衝撃波治療が半月板の変性の進行を抑制することを明らかにしましたので、お知らせしま …
プレスリリース
高齢者のくびの骨折(第2頚椎歯突起骨折)に対するビッグデータを用いての死亡リスク検証
~治療方法よりも他の病歴が死亡リスクに影響~
本学大学院医学系研究科整形外科学分野は、東京大学大学院医学系研究科公共健康医学専攻臨床疫学・経済学分野との共同研究により、ビッグデータを用いて約900人の第2頚椎歯突起骨折のケースを集め、入院中に死亡するリスクの要因を初 …
プレスリリース
筋肉の減少(サルコペニア)のメカニズム解明
~Fynタンパク質が筋肉量を調整する新たな仕組みを解明~
本学大学院医学系研究科内分泌代謝内科学分野の山田英二郎分野主任および同研究科整形外科学分野の佐々木毅志助教らのグループが、チロシンキナーゼ(チロシンリン酸化酵素)のひとつである Fynというタンパク質が筋肉の量を調整して …
プレスリリース
健康寿命を延ばす脊椎手術の安全性
~くびの疾患(頚髄症)と手術の最新トレンド~
大学院医学系研究科整形外科学分野の高澤英嗣病院講師らの研究グループが、大学病院など北関東の9つの医療機関と共同研究を行い、高齢患者の健康寿命を延ばすうえで、手術が安全な治療の選択肢であること、手術後に注意すべき患者ケアの …
プレスリリース
世界初となる炎症性腸疾患における新規治療法の開発
~アミノ酸由来止血材の新効能評価のための特定臨床研究開始~
本学大学院医学系研究科消化器・肝臓内科学分野の浦岡俊夫教授が、炎症性腸疾患の新たな治療方法としてアミノ酸を原料とした吸収性局所止血材による治療を世界で初めて実施しましたのでお知らせします。 潰瘍性大腸炎の治療では複数の薬 …
プレスリリース
神経細胞内の運び屋タンパク質が荷物を認識・安定化して輸送する仕組みを解明
本学大学院医学系研究科機能形態学分野の一ノ瀬聡太郎助教が、東京大学の廣川信隆名誉教授・ 蒋緒光博士、獨協医科大学先端医科学統合研究施設の小川覚之講師らを中心とした共同研究により、細胞内において物質輸送を担う運び屋タンパク …
プレスリリース
表皮細胞における転写因子SOX2が褥瘡の発症抑制に関わることを解明
本学大学院医学系研究科皮膚科学講座(茂木精一郎教授)の内山明彦講師らの研究グループは、金沢医科大学総合医学研究所生命科学研究領域細胞医学研究分野の岩脇隆夫教授、米国国立衛生研究所(NIH, NIAMS, Laborato …
プレスリリース
空気の汚れを「見える化」
~閉鎖空間での感染防御対策の開発を目指して~
本学重粒子線医学推進機構重粒子線医学研究センターの武者篤助教らの研究グループは、放射線治療室内で咳などによって発症する空気中の汚れの状況を調べ、閉鎖空間での影響を明らかにしましたので、お知らせします。 本研究成果は、20 …
1 / 5ページ
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です