本文へジャンプ メインメニューへジャンプ
国立大学法人群馬大学 大学院医学系研究科 医学部医学科
国立大学法人群馬大学 大学院医学系研究科 医学部医学科
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
新着情報
News
ここから本文です
プレスリリース
リン酸化酵素・γ型プロテインキナーゼCが運動制御に重要な役割を果たすことを解明
-脊髄小脳失調症14型において運動失調が発症する原因の一端を解明-

本学大学院医学系研究科脳神経再生医学分野の渡邊将特任助教 (現在は岐阜大学)及び平井宏和教授らのグループは、成熟小脳において、リン酸化酵素であるγ型プロテインキナーゼC(PKCγ)が協調運動(複数の筋肉の動きを調整して行う滑らかな運動)の制御に重要な役割を果たしていることを明らかにしましたので、お知らせします。

本研究により、主に成人発症で進行性の運動障害を示す脊髄小脳失調症14型において、運動失調が発症する原因の一端が明らかになったことで、治療法の開発にもつながることが期待されます。

詳細はこちらをご覧ください。

本研究は、群⾺⼤学生体調節研究所ゲノム科学リソース分野との共同研究により実施されました。
また、本研究は⽇本医療研究開発機構(AMED)革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト、AMED創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業 創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム(BINDS)、⽇本学術振興会(JSPS)科学研究費補助⾦ 挑戦的萌芽研究、基盤研究(B, C)、の助成を受けて⾏われました。

<広報に関する問い合わせ先>
国立大学法人群馬大学
昭和地区事務部総務課広報係
〒371-8511 前橋市昭和町三丁目39番22号
TEL: 027-220-7895, FAX: 027-220-7720
E-mail: m-koho@jimu.gunma-u.ac.jp


ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です