群馬大学 大学院医学系研究科 医学部 医学科

本文ヘジャンプします
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

カリキュラム

医学科におけるカリキュラム構成コンセプトは、進展してやまない時代状況を踏まえ、地域医療の担い手としてまた世界の最前線に立つことのできる人材育成にあります。

1年次から6年次までのカリキュラム全体の流れ

教養教育・専門前教育( 医師として基本的な素養と人間性を磨く)

医師には科学者としての素養とともに、人と社会を理解する文化的な素養が求められます。

 医師には科学者としての素養とともに、人と社会を理解する文化的な素養が求められます。事実を客観的に捉えて分析し、既知の部分と未知の部分を明らかにした上で、問題解決の道を探求する科学者としての態度が必要となることはいうまでもありません。一方、臨床の現場での問題解決では、前もって用意されている正解があるわけではありません。一人一人の患者さんが満足できる医療を提供するためには、病気を抱えた人の気持ち、その生活環境や社会的背景までも細やかに理解する態度が不可欠です。このような素養を身に付けるには、人類がこれまで築き上げてきた種々の学問(文化)を教養科目や入学早期の体験実習によって学ぶとともに、異なった価値観や人格をもつ人々と積極的に交わることによって人間性を磨くことが求められます。

生命医学(解剖学から病理学まで、医学の基礎を学ぶ)

2・3年次に学ぶ、基礎医学とも呼ばれる分野です。疾患を理解するには、まず正常な人体の構造と機能を学ばなければなりません。

 2・3年次に学ぶ、基礎医学とも呼ばれる分野です。疾患を理解するには、まず正常な人体の構造と機能を学ばなければなりません。2年次前期には基礎医学の知識の修得を目標とした生命医学講義、生化学、大学院講義と連携した動物実験学、放射線生物学、基礎遺伝学などがあります。2年次後期からは本格的な専門教育がスタートします。解剖学、組織学、生理学、薬理学、法医学、微生物学、衛生学、寄生虫・免疫学、公衆衛生学、病理学、検査医学などとともに臨床医学の基本を講義と実習を通じて学びます。このような専門科目主体の時期になると、教養科目主体の頃に比べて学生生活はたいへん忙しくなります。気持ちをしっかり切り替え、専門教育に臨んでください。

応用医学(国家試験取得を目指し、臨床の現場に)

生涯を通じて学び、社会に貢献する医師、研究者、教育者、医療行政担当者になって欲しいと思います。

 臨床医学とも呼ばれる分野です。4年次の教育は、提示された症例の問題点を自ら解決していくチュートリアル型学習と従来の座学型講義とのハイブリット形式を採っています。講義内容の重複を避け、全臨床科目を有機的に構成しました。5年次の12 月までは、主に附属病院の各診療科をローテーションするクリニカルクラークシップを行います。5年次の1月から6年次の7月は卒業前臨床実習を行い、実践臨床病態学講義が8~9月にあります。この講義は専門教育の総まとめで、これによって知識を整理し、10~11月にかけての試験に合格すれば卒業できます。2月には医師国家試験を受験しますが、国家試験の合格は医師としてのスタートラインに立てたことを意味するに過ぎません。生涯を通じて学び、社会に貢献する医師、研究者、教育者、医療行政担当者になって欲しいと思います。

チュートリアル型学習

 少人数(3~6人)グループの自己学習を基本とした問題解決型の学習システムです。本学科では、1年次の学びのリテラシーと4 年次の臨床シナリオチュートリアルがあります。チュートリアル教育用の学習室が18 室あり、これらは自習室としても使用できます。

クリニカルクラークシップ

 従来の見学型臨床実習では、医学生自身が実際の医療を体験する機会が少なく、医師に求められる基本的診療技術や態度を十分に習得できませんでした。クリニカルクラークシップでは、医学生も医療チームの一員として指導者の監督の下に、規定された範囲の医療行為をいろいろと経験します。ただし、クリニカルクラークシップを行うためには、本学科の学科試験と全国共通のCBT、OSCEで一定以上の成績を修めなければなりません。CBT、OSCE は、患者さんに対して医学生の質(知識、技能、態度)を保証するために行います。

※CBT(Computer Based Testing)

知識が十分であるかどうかを客観的に評価する試験です。コンピュータにプールされた20,000題の中から、受験者一人一人に対してランダムに320問が出題されます。出題範囲は2年次~4年次の専門教育で学習した全科目です。

※OSCE 客観的臨床技能試験(Objective Structured Clinical Examination)

基本的診療技術と診療態度を評価します。4年次修了時にはクリニカルクラークシップに進む前の医療面接(問診)、頭頸部・胸部・腹部・神経診察(身体診察)などの共用試験OSCE を、5年修了後には1年間のクリニカルクラークシップの成果を評価する高度な内容のAdvanced OSCE(本学科独自の試験)を行っています。