本文へジャンプ メインメニューへジャンプ
国立大学法人群馬大学 大学院医学系研究科 医学部医学科
国立大学法人群馬大学 教職員公募
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
教職員公募
Recruit
ここから本文です
【公募延長】医学系研究科 医療の質・安全学 教授

群大医総3第38号
令和4年7月 1日

群馬大学大学院医学系研究科医療の質・安全学講座教員(教授)の公募期間の延長について

この度、本研究科医療の質・安全学講座の小松康宏教授の退任に伴い、担当の主任教授を公募しておりましたが、公募期間の延長をすることになりました。
 ついては以下の書類を添えてご応募くださいますようお願い申し上げます。
 なお、「医療の質・安全学講座」は医療の質・安全学に関して大学院教育を行う講座であり、大学内外の基礎、臨床分野とも協力しながら、医療の質・安全学を協調的に発展しうる人材を募集いたします。群馬大学医学部附属病院においては過去の反省に基づき、職員の医療安全に関する意識の向上や安全文化の醸成に腐心してまいりましたが、このような流れを確実に推進しうる方の応募を期待いたします。さらに当該領域に関する豊富な実務、管理経験に基づき、患者参加型医療の導入を始めとした先進的な取組や医療安全に関する講義や実習などをさらに推進しうる方の応募を期待しております。
 また、医学部附属病院においては、医療の質・安全管理部において附属病院の医療の質・安全に関する業務を実践しておりますが、今回募集する「医療の質・安全学講座」教授は、大学院教育、医学部(医学科・保健学科)学生教育に加え、医学部附属病院の医療の質・安全に関しても管理あるいは実務において医療の質・安全管理部職員や各診療科・部門等と連携していただく予定でありますことを申し添えます。

1.職 名  教授
2.募集者名称  国立大学法人群馬大学
3.所 属  医学系研究科 医療の質・安全学講座

4.業務内容
【研 究】
 ・医療の質・安全学関連分野の研究
【教 育】
 ・大学院・学部学生に対する教育・研究指導
 ・担当授業科目
 (学部)医系の人間学、チーム医療、チーム医療実習、 医療の質と安全、 臨床医学(2)、 チームワーク実習、 チームスキル演習、 臨床実習(必修、選択) 実践臨床病態学 等
 (大学院)システマティックレビュー実習、 医療サービス研究・質評価学実習、医療の質・安全学講義Ⅰ、 医療の質・安全学講義Ⅱ、 医療の質・安全学演習、 医療の質・安全学実習、 医療の質・安全学方法論演習、 医療の質・安全学研究特論 等
 その他、専門分野に関する教養教育科目を担当
【管理運営・社会貢献】
 ・医学部・医学系研究科、医学部附属病院改革推進委員会に関する業務
 ・医学部附属病院における医療安全管理上の業務:
  医療の質・安全管理部長としての業務に従事する。関連する各種委員会は以下の通り。
  医学部附属病院研修管理委員会、ME機器等管理・運用委員会、保険診療委員会、
  先端医療開発センター運営委員会、診療情報管理委員会、 医療業務安全管理委員会、
  医療事故調査専門委員会、 患者参加型医療推進委員会、医療事故防止専門委員会、
  医療の質向上委員会、リスクマネジャー会議、等

5.勤務地  群馬県前橋市昭和町三丁目39-22 医学系研究科
6.募集人数  1名
7.採用予定日  令和5年4月1日(以降のなるべく早い時期)
8.専門分野  大分類:医歯薬学
       小分類:社会医学、その他
      ※JREC-IN Portalの研究分野一覧による分類です。
9.任 期  5年
     任期中に業績評価・審査を行い、適任となった者は任期の定めのない教員として雇用する。定年は満65歳の年度末とする。

10.応募資格  次のいずれも満たす者
(1)博士の学位を有する者
(2)日本国の医師免許を有する者
(3)医療安全対策に係る適切な研修を修了し、病院の医療安全管理業務の経験を有する者(提出書類の様式2に具体名を記載ください)。

11.給 与  年俸制適用 退職手当あり
本学教職員就業規則及び2号年俸制適用教員給与規則に基づき、学歴・職務経験を考慮し決定
ほか通勤・住居・扶養等の諸手当及び昇給制度あり
教職員就業規則
https://www.gunma-u.ac.jp/kisoku/pdf/chap_02/sec_0220/022010.pdf
2号年俸制適用教員給与規則
https://www.gunma-u.ac.jp/kisoku/pdf/chap_02/sec_0220/022085.pdf
12.就業時間 8:30~17:15を基本として、専門業務型裁量労働制を適用
(1日7時間45分働いたものとみなす)
13.試用期間  6か月
14.休日・休暇  土・日、祝日法に基づく休日、年末年始(12月29日~1月3日)
       年次有給休暇、特別休暇等
15.社会保険等  文部科学省共済組合、厚生年金、雇用保険、労災保険
16.受動喫煙防止措置の状況 敷地内禁煙

17.応募締切  令和4年8月26日(金)17時 必着

18.提出書類
(1)履歴書(様式1*)  1部
(2)教育研究業績書(様式2*)  1部
(3)最近10年間の科学研究費補助金等の受給状況(様式3*) 1部
(4)医療の質・安全学領域における教育、研究及び臨床についての主張及び抱負(2,000字程度) 1部
(5)着任した場合の医療の質・安全、医療倫理、研究倫理及び保険診療に関する取り組み計画(2,000字程度) 1部
(6)最近5年間の医療の質・安全に関する活動の一覧(様式4*) 1部
(7)最近5年間の作成に関わった医療事故調査報告書のリスト(様式5*)と代表的な報告書3編のコピー等(患者情報等に配慮し黒塗りの箇所があっても差し支えありません)
(8)最近5年間の医療の質・安全学に関する指導実績(学位取得指導や専従医養成など)(2,000字程度) 1部
(9)推薦書(任意様式:医師によるものと医師以外の職種によるもの) 各1部以上
(10)医療の質・安全学に関する主な原著論文10編以内の別刷(コピー可) 各1部
(11)医療の質・安全学以外に関する主な原著論文5編以内の別刷(コピー可) 各1部
(12)写真  1枚(所定の写真台帳*に貼付のこと)

※上記(2)(3)等に関しては「医療の質・安全学」に関するものとそれ以外を明確に区分して記載してください。
(1)~(3)、(6)、(7)、(10)~(12)については、印刷媒体とともに、DVD等に収録した電子ファイルでも提出してください。
(1)~(3)、(6)、(7:リストのみ)、(12:写真データは不要)はExcelファイルとしてください。
(7)の報告書のコピーは3編を統合した1つのPDFファイルとし、外部への持ち出しが不可である場合や、データ提出が不可である場合は、その旨が分かるようにしてください。
(10)、(11)の「主な原著論文の別刷」はそれぞれ10編、5編を統合した1つずつのPDFファイルとしてください。
*様式は、本学ホームページからダウンロード(医学系研究科(https://www.med.gunma-u.ac.jp/)→教職員公募→応募様式)できます。また、Eメールでご請求いただければお送りいたします。なお、提出書類に含まれる個人情報は、選考及び採用以外の目的には使用いたしません。

19.書類送付先
〒371-8511 群馬県前橋市昭和町三丁目39-22
群馬大学昭和地区事務部総務課人事係
書留、簡易書留、レターパックプラスのいずれかにて「医学系研究科 医療の質・安全学 教授 候補者応募書類在中」と朱書きのうえ、郵送願います。持ち込み不可。なお、提出書類は原則として返却いたしません。

20.選考内容  書類選考の上、必要に応じてプレゼンテーション面接を実施します。
面接等実施に伴う旅費・宿泊費等の諸経費は応募者負担となります。

21.問い合わせ先
 群馬大学昭和地区事務部総務課人事係
 電話027-220-7806 E-mail:m-jinji■■jimu.gunma-u.ac.jp
  ■■をアットマークに置き換えてください。
 ホームページのURL https://www.med.gunma-u.ac.jp/

22.その他   
(1)応募書類に記載された個人情報は、本選考以外の目的には使用しません。
(2)群馬大学は男女共同参画を推進しており、業績(研究業績、教育業績、社会的貢献等)及び人物の評価において同等と認められた場合には、積極的に女性を採用します。
なお、女性研究者等に対する支援制度については、こちらをご参照ください。
(リンク先:https://kyodo-sankaku.gunma-u.ac.jp/support_links/)
(3)若手、外国人若しくは海外経験のある日本人の採用を積極的に行います。
(4)本応募の前後に、他機関の教員公募に応募しても差し支えありません。なお、他機関に応募していることにより、本選考において不利な取扱いはいたしません。また、他機関に採用が決定した場合は、速やかに、御連絡をお願いいたします。
(5)選考状況や採否の決定時期等についてのお問い合わせには応じられません。

(R4.4.20掲載)

ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です