群馬大学 大学院医学系研究科 医学部 医学科

本文ヘジャンプします
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

  • Home
  • 組織
  • 基礎・基盤医学領域 機能形態学講座
  • 機能形態学

基礎・基盤医学領域 機能形態学講座

機能形態学

 機能形態学分野は、医学部医学科の解剖学と組織学、および関連する分野の講義・実習を担当している。また、形態学、細胞生物学、分子生物学の手法を用い、個体の成立や体のさまざまな器官、組織、細胞の成り立ちについて研究している。特に神経回路の形成原理の解明と神経回路の網羅的解析(コネクトーム解析)および新たなイメージング技術の開発に力を入れて研究を進めている。スタッフは教員3名の他、技術職員2名。

  • スタッフ
  • 研究と教育
  • 臨床業務
  • 社会貢献
  • 業績
  • 沿革

スタッフ

教 授 岩﨑 広英 医学博士
准教授 村上  徹 医学博士
講 師 多鹿 友喜 医学博士

ページの先頭へ移動する

研究内容

研究内容

 形態学の研究室としての特色を生かし、電子顕微鏡および光学顕微鏡を用いた形態学的解析を中心に据える。特に新しいイメージング技術の開発・創出を通じて、生命科学における新たな問題提起や病態病因の解明を目指す。顕微鏡技術に加えて分子生物学・生化学的手法、細胞培養やトランスフェクションなどの細胞生物学的手法を駆使し、脳をはじめとする様々な器官の組織・細胞の構造と機能との関連を明らかにする。具体的なテーマとしては、
1.神経細胞・グリア細胞の形態形成機構の解明
2.発達期におけるシナプス形成・消失過程の分子機構の解明
3.神経回路のコネクトーム解析
4.骨格筋およびその他の器官・細胞における小胞輸送の検討
5.ゼブラフィッシュを用いた初期発生における新規接着分子の探索と機能の解明
6.解剖学における新教育システムの開発
などである。

教育業務

 大学院教育では学生の探究心を大切にし、科学的思考法を身につけることを最大の目標としている。特に形態学の研究室としての特徴を活かし、顕微鏡の原理を理解した上で、「正しく」物を見るための目を養うことに重点を置いて指導する。
 学部教育では2年次後期の生命医学Ⅱの組織学の一部、および肉眼解剖学の大部分を担当している。これらの科目では人体の肉眼的・顕微鏡的諸構造の理解および生命倫理の基礎の獲得を目指している。平成21年度からは、ご遺体のCT画像を参照しながら解剖をおこなうことにより、人体構造の深さ方向も含めた3次元的理解と画像教育の基礎の獲得を目指した講義・実習をおこなっており、現在もこの統合教育の充実化を図っている。その他、必修の授業の他に、高学年の希望者には夏季休暇などにおいて臨床解剖の実習を認め、受け入れている。

ページの先頭へ移動する

臨床業務

(該当する業務はありません)

ページの先頭へ移動する

社会貢献

1.卒後教育としての解剖実習
夏季臨床解剖実習として学内のみでなく、本学教授の紹介があれば学外からも医師の卒後教育としての解剖実習の機会を提供している。

2.医師を始めとする医療職等の教育機関の学生、生徒に対する解剖見学実習
近隣の大学の医系学部・学科、看護学校、各種療法士の学校、鍼灸師、マッサージ師等の東洋医学の学校などに対し、解剖見学実習の機会を提供している。

3.高校生の理科教育に対する協力
世界脳週間の催しの一部として高校生に研究の現場を開放し、生命科学の研究を直接に体験することでその理解に役立ててもらっている。

ページの先頭へ移動する

業績

1. Takahashi A, Parajuli LK, Iwasaki H, Tanaka S and Okabe S.: Ultrastructural observation of glutamatergic synapses by focused ion beam scanning electron microscopy (FIB/SEM).
Methods in Molecular Biology. Volume 1941: “Glutamate Receptors – Methods and Protocols”, Humana Press, 17-27, Humana Press, 2019.

2. Iijima K, Tajika Y, Tanaka Y, Yorifuji H and Yoshimoto Y.: Microanatomy Around the Facial Nerve Pathway for Microvascular Decompression Surgery Investigated with Correlative Light Microscopy and Block-Face Imaging.118:e526-e533, 2018.

3. Ikezawa M, Tajika Y, Ueno H, Murakami T, Inoue N and Yorifuji H.: Loss of VAMP5 in mice results in duplication of the ureter and insufficient expansion of the lung. Devlopmental Dynamics. 247:754-762, 2018.

4. Chen S, Weitemier AZ, Zeng X, He L, Wang X, Tao Y, Huang AJY, Hashimotodani Y, Kano M, Iwasaki H, Parajuli LK, Okabe S, Tsutsui-Kimura I, Tanaka KF, Liu X. and McHugh TJ.: Near-infrared deep brain stimulation via upconversion nanoparticle-mediated optogenetics. Science. 359:679-684, 2018.

5. Koeberle S, Tanaka S, Kuriu T, Iwasaki H, Koeberle A, Schulz A, Helbing D, Yamagata Y, Morrison H and Okabe S.: Developmental stage-dependent regulation of spine formation by calcium-calmodulin dependent protein kinase IIα and Rap1. Scientific Reports. 7:13409, 2017.

6. Tajika Y, Murakami T, Iijima K, Gotoh H, Takahashi-Ikezawa M, Ueno H, Yoshimoto Y and Yorifuji H.: A novel imaging method for correlating 2D light microscopic data and 3D volume data based on block-face imaging. Scientific Reports. 7:3645, 2017.

7. Iriuchishima T, Ryu K, Murakami T and Yorifuji H.: The correlation between femoral sulcus morphology and osteoarthritic changes in the patellofemoral joint. Knee Surg. Sports Traumatol. Arthrosc. 25: 2715-2720, 2017.

8. Iwasaki H, Tanaka S and Okabe S.: Dendrites: Development and Disease, Chapter 15: Molecular Assembly of Excitatory Synapses, 359-385, Springer, 2016.

9. Khairani AF, Tajika Y, Takahashi M, Ueno H, Murakami T, Soenggono A and Yorifuji H.: Filamentous structures in skeletal muscle: anchors for the subsarcolemmal space. Med Molec Morph. 48:1–12, 2015.

10. Tajika Y, Takahashi M, Ueno H, Murakami T and Yorifuji H.: Organization of organelles and VAMP-associated vesicular transport systems in differentiating skeletal muscle cells. Anat Sci Int. 90:33–39, 2015.

11. Dai X, Iwasaki H, Watanabe M and Okabe S.: Dlx1 transcription factor regulates dendritic growth and postsynaptic differentiation through inhibition of neuropilin-2 and PAK3 expression. Eur. J. Neurosci. 39: 531-547,2014.

12. Tajika Y, Takahashi M, Khairani AF, Ueno H, Murakami T and Yorifuji H.: Vesicular transport system in myotubes: ultrastructural study and signposting with SNARE proteins. Histochem Cell Biol 141:441-454, 2014.

13. Murakami T, Tajika Y, Ueno H, Awata S, Hirasawa S, Sugimoto M, Kominato Y, Tsushima Y, Endo K and Yorifuji H.: Integrated education of gross anatomy and CT radiology for current advances in medicine. Anat Sci Educ, 7:438–449, 2014.

14. Takahashi M, Tajika Y, Khairani AF, Ueno H, Murakami T and Yorifuji H.: The localization of VAMP5 in skeletal and cardiac muscle. Histochem Cell Biol 139: 573-582, 2013.

15. Itoh M, Shimokawa N, Tajika Y, Murakami T, Aotsuka N, Lesmana R, Farenia R, Iwasaki T, Okada J, Yorifuji H and Koibuchi N.: Alterations of biochemical marker levels and myonuclear numbers in rat skeletal muscle after ischemia reperfusion. Mol Cell Biochem 373: 11-18, 2013.

16. Shin E, Kashiwagi Y, Kuriu T, Iwasaki H, Tanaka T, Koizumi H, Gleeson JG and Okabe S.: Doublecortin-like kinase enhances dendritic remodeling and negatively regulates synapse maturation. Nature Commun 4: 1440, 2013.

17. Tajika Y, Takahashi M, Hino M, Murakami T and Yorifuji H.: VAMP2 marks quiescent satellite cells and myotubes, but not activated myoblast. Acta Histochem Cytochem 43: 107-114, 2010.

18. Hino M, Hamada N, Tajika Y, Funayama T, Morimura Y, Sakashita T, Yokota Y, Fukamoto K, Mutou Y, Kobayashi Y and Yorifuji H.: Heavy ion irradiation induces autophagy in irradiated C2C12 myoblasts and their bystander cells. J Electr Microsc: 59, 495-501, 2010.

19. Hino M, Hamada N, Tajika Y, Funayama T, Morimura Y, Sakashita T, Yokota Y, Fukamoto K, Kobayashi Y and Yorifuji H.: Insufficient membrane fusion in dysferlin-deficient muscle fibers after heavy-ion irradiation. Cell Sturct Funct 34:11-15, 2009.

20. Kabayama H, Nakamura T, Takeuchi M, Iwasaki H, Taniguchi M, Tokushige N and Mikoshiba K.: Ca2+ induces macropinocytosis via F-actin depolymerization during growth cone collapse. Mol. and Cellular Neurosci. 40: 27-38, 2009.

21. Okochi Y, Sasaki M, Iwasaki, H and Okamura Y.: Voltage-gated proton channel is expressed on phagosomes. Biochem. Biophys. Res. Commun. 382: 274-279, 2009.

22. Tajika Y, Murakami T, Sato M, Kubota F and Yorifuji H.: Expression of VAMP2 in muscular tissues during development. Devlopmental Dynamics 237:1886-1892, 2008.

23. Murakami T, Hijikata T and Yorifuji H.: Staging of disuse atrophy of skeletal muscles on immunofluorescence microscopy. Anat Sci Internat 83:68-76, 2008.

24. Iwasaki H, Murata Y, Kim Y, Hossain MI, Worby CA, Dixon JE, McCormack T, Sasaki T and Okamura Y.: A voltage-sensing phosphatase, Ci-VSP, which shares sequence identity with PTEN, dephosphorylates phosphatidylinositol 4, 5-bisphosphate. Proc. Nat. Acad. of Sci. 105: 7970-7975, 2008.

25. Kubota F, Murakami T, Tajika Y and Yorifuji H.: Expression of protocadherin 18 in the CNS and pharyngeal arches of zebrafish embryos. Int J Dev Biol 52:397-405, 2008.

26. Hossain MI, Iwasaki H, Okochi Y, Chahine M, Higashijima S, Nagayama K and Okamura Y.: Enzyme Domain Affects the Movement of the Voltage Sensor in Ascidian and Zebrafish Voltage-sensing Phosphatases. J.Biol.Chem. 283:18248-18259, 2008.

27. 特許 骨格筋検査用キット及び骨格筋検査方法 特許第4150796号 登録年月日 2008年7月11日 特許権者:国立大学法人群馬大学 発明者:村上 徹、依藤 宏 出願番号: 特願2005-070378.

28. Hino M, Wada S, Tajika Y, Morimura Y, Hamada N, Funayama T, Sakashita T, Kakizaki T, Kobayashi Y and Yorifuji H.: Heavy ion microbeam irradiation induces ultrastructural change in isolated single fibers of skeletal muscle. Cell Struct Funct. 32:51-56, 2007.

29. Tajika Y, Sato M, Murakami T, Takata K and Yorifuji H.: VAMP2 is expressed in muscle satellite cells and up-regulated during muscle regeneration. Cell Tissue Res. 328: 573-581, 2007.

30. Zhou H, Iwasaki H, Nakamura T, Nakamura K, Maruyama T, Hamano S, Ozaki S, Mizutani A and Mikoshiba K.: 2-Aminoethyl diphenylborinate analogues: selective inhibition for store-operated Ca2+ entry. Biochem Biophys Res Commun. 352(2):277-282, 2007.

31. Shirahata E, Iwasaki H, Takagi M, Lin C, Bennett V, Okamura Y and Hayasaka K.: Ankyrin-G regulates inactivation of the neuronal sodium channel, Nav1.6. J.Neurophysiol., 96: 1347-1357, 2006.

32. Murata Y#, Iwasaki H#,Sasaki M#, Inaba K and Okamura Y.: Phosphoinositide phosphatase activity coupled to an intrinsic voltage sensor. Nature, 435 (7046): 1239-1243, 2005. (#; equal contribution)

ページの先頭へ移動する

沿革

 本専攻分野機能形態学(旧、器官機能構築学、第二解剖学講座)の歴史は、昭和27年4月に増設され、同年9月15日付けで昭和18年の開校とともに解剖学教室に着任していた瀧澤安子吉助教授が教授に就任したことに始まる。以来30余年、瀧澤教授は初代教授として本講座の確立とともに教育・研究に活躍、多くの後進を育てた後、昭和58年に退官し、名誉教授となった。同年9月石川春律教授が第二代教授として着任し、解剖学、細胞生物学の教育と研究に活躍され、多くの人材を育てた。また、平成6~9年度の二期にわたり群馬大学医学部長として本大学の発展や研究教育環境の充実に尽力された。石川教授は平成13年退官し名誉教授となった。平成14年10月からは第三代教授として防衛医科大学校より依藤宏教授が着任した。平成15年4月には大学院大学化と大講座制の導入により従来の講座名は器官機能制御学講座器官機能構築学専攻分野を経て、平成20年4月より標記の名称に改訂された。依藤教授は骨格筋の分子細胞生物学、形態学に卓越した業績を残され、後進の育成にも尽力された。教育においては平成21年から開始された、ご遺体のCT画像と照合しながら人体解剖を進める先駆的な解剖教育のスタイルを樹立された。依藤教授は平成30年退官し名誉教授となった。平成30年12月から第四代教授として岩﨑広英が着任し、現在に至っている。

瀧澤安子吉
助教授 昭和18年~昭和27年
教 授 昭和27年~昭和58年
大谷 克巳
助教授 昭和29年~昭和32年
大原 義雄
講 師 昭和30年~昭和32年
瀬野 民和
講 師 昭和33年~昭和36年
間藤 方雄
助教授 昭和38年~昭和48年
藤巻 昇
講 師 昭和49年~平成13年
石川 春律
教 授 昭和58年~平成13年
村上 徹
講 師 平成12年~平成22年
准教授 平成22年~現在
土方 貴雄
講 師 平成14年~平成16年
依藤 宏
教 授 平成14年~平成30年
多鹿 友喜
講 師 平成26年~現在
岩﨑 広英
教授  平成30年~現在