本文へジャンプ メインメニューへジャンプ
国立大学法人群馬大学 大学院医学系研究科 医学部医学科
国立大学法人群馬大学 大学院医学系研究科 医学部医学科
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
研究組織・大学院
Graduate
ここから本文です

遺伝発達行動学 <基礎・基盤医学領域 遺伝発達行動学講座>
Genetic and Behavioral Neuroscience <Basic Medicine  Department of Genetic and Behavioral Neuroscience>

行動の生物学的基盤は、脳の回路にある。また、行動は多数の遺伝子と多くの環境因子(胎児期環境、栄養、ストレス、知覚刺激を含む)、およびその相互作用に依存して決定される。一方、げっ歯類のマウスとラットはすべてのDNA配列が明らかにされているなど、昔から遺伝学的研究や生理学的研究に使用され、多くの知見が蓄積されている。また、様々なミュータント(遺伝子に変異をもつ個体)がおり、その中には不安レベルの高いマウスや痙攣発作をおこすマウス、多動のラットなどがいる。遺伝発達行動学分野では、遺伝子改変動物(条件付きノックアウトマウス、ノックインマウス、トランスジェニックラット、ノックアウトラットなど)を作製し、遺伝子改変動物が示す行動異常について遺伝学、分子生物学、電気生理学、形態学などの様々な手法を用いて分子、細胞、ネットワーク、個体の各レベルから探求することにより、脳の機能や発達の仕組みについて明らかにしようとしている。マウスとラットは哺乳動物であり、行動異常を示す遺伝子改変動物はヒト疾患のモデル動物として、その発症機序や病態の解明、治療薬の開発に貢献できる。

Final output of the brain is the behavior, and animal behaviors are defined by the nature (genes) and nurture (environment). The brain mixes these two components to produce the best behavior for the animal under a given environment. In our laboratory, we are interested in the relation between behavior and brain function and use genetic techniques to dissect this relationship. Drosophila melanogaster is the best animal for our purpose. Drosophila has a variety of behaviors, such as courtship, aggression and territorial behaviors, and many behavioral mutants have been established. Furthermore, techniques to study brain functions, optical and electrical, can be readily applied at the neuromuscular synapse. Among basic animal behaviors the “learning” behavior is of our current interest. “Learning” is established by a mixture of nature and nurture. By combining odors and electrical shock, it is possible to “teach” flies. The learned behavior, memory, can be followed quantitatively along the time to estimate the state of memory. There are various mutants that cannot maintain memory, although they can learn at first. That is, they are forgetful. By studying these mutants we can elucidate the cellular and molecular mechanism of memory maintenance. In Drosophila, all genomes are already known, which provides us a powerful tool to study the relation between behaviors and genes.

スタッフ Staff

分野主任 Director 現在選考中Professor Currently under selection
(兼任)(Concurrent) 平井 宏和(脳神経再生医学)HIRAI Hirokazu, M.D.,Ph.D. (Neurophysiology and Neural Repair)
講師Senior Assistant Professor 宮田 茂雄MIYATA Shigeo, Ph.D.
助教Assistant Professor 柿崎 利和KAKIZAKI Toshikazu, Ph.D.
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です