群馬大学 大学院医学系研究科 医学部 医学科

本文ヘジャンプします
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

フロントライン

群馬大学医学部は、常に先進の医学領域とコミットし、新しい試みに積極的です。そのいくつかを紹介します。

重粒子線治療

世界最先端のがん治療装置

2010年3月に国内の大学では初めて群馬大学で始まり、国内外から大きな注目を集めている最先端の治療法が、がんを「切らずに治す」重粒子線治療です。

重粒子線治療の特徴は、①炭素イオン等を高速に加速して病巣を狙うため、がんに対する線量集中性が極めて優れていること、②一般に使われるX線やγ線に比べてがん細胞を殺傷する力が強いこと、③照射の精度が高く、がん細胞周囲の健常臓器の機能を温存できることなどが上げられます。

ここ群馬大学で世界最先端のがん治療である重粒子線治療がスタートしたのは、放射線治療研究が全国でも屈指のレベルにあり人材が豊かだったことが大きな要因の一つです。

現在、量子科学技術研究開発機構・高崎量子応用研究所、宇宙航空研究開発機構とも協力して、1mm程度の微小病変に対して高精度照射を行う革新的な治療システムの研究開発を進めています。

同時に、米国のマサチューセッツ総合病院(ハーバード大学医学部の教育病院)やメイヨークリニック、ドイツ国立重イオン研究所と学術交流協定を結ぶなど国際的研究拠点の形成にも努めています。また、国際原子力機関(IAEA)のアジア地域保健医療領域の事務局も設置されるなど、放射線治療のトップランナーとして国際貢献を推進しています。

さらに、群馬大学大学院医学系研究科では、文部科学省の「博士課程教育リーディングプログラム」に「重粒子線医工学グローバルリーダー養成プログラム:平成23~29年度」が採択されました。本学位プログラムでは、各専門分野の領域を超えて活躍できる放射線腫瘍医、放射線生物学者、医学物理士、加速器物理工学の専門家などの優れたグローバルリーダーを養成します。このために、重粒子線医学・生物学の基礎に加えて、重粒子線先端臨床研究や高度医療機器の開発・運用技術の開発研究を教育する医学・工学融合型のリーディングプログラム「重粒子線医工連携コース」を大学院に創設するなどの新しい試みを積極的に導入し、国際的な指導者となる優れた人材を養成しています。

入学定員増と地域医療枠

地域医療貢献を目指す

医学科は、多様な医師・医療関係者、医学研究者を育成するため、入学試験制度の改革を積極的に行ってきました。入学定員は平成21年度入試から3回増員され、現在は123名となっています。平成25年度入試では一般入試後期日程が廃止され、各試験の募集人員に一部変更がありました(推薦入試35名、一般入試前期日程73名、第2年次編入学15名)。

平成21年度に創設された地域医療枠も、拡充されて18名になりました。地域医療枠は、群馬県と協力して、県の医療を担う医師を養成し、県内の医師不足解消に貢献することを目的としたものです。この制度では学生に月額15万円の修学資金が貸与され、卒業後、群馬大学医学部附属病院をはじめ群馬県内の指定病院において一定期間診療に従事することで修学資金の返還が免除されます。その際に、リストアップされている基幹病院の中から勤務する病院を選択できる特徴があります。また、返還免除に必要な診療従事期間を、出産・育児や県外医学研修(海外留学を含む)によって中断することもできます。詳細については、学生募集要項の「群馬県緊急医師確保修学資金貸与制度について」をご覧ください。

チューター制度を活用した臨床実習支援

より実践的な学生支援を目指す

医学科では入学者全員に対してそれぞれチューターとして教授を指定し、卒業までいろいろな問題についてきめ細かい個人指導を行っています。しかし、5年次からの臨床実習が始まると臨床実習を行う上での新しい悩みや問題がでてきます。

そこで臨床実習に関連した指導を行うため、平成20年度よりCS(クラークシップ)チューター制度を発足しました。担当は従来のチューターに加えて、臨床実習で実際の指導医となる准教授、講師層を中心に人員を配置し、さまざまな相談に応じたり、あるいは学外実習施設選定の助言をしたり、できるだけ実践的な学生支援を目指しています。

この制度は、概ね双方に好評で、「教授のチューターより親近感があり、細かい点も気軽に相談できて良い」といった意見も聞かれます。今後も、学生がより充実した臨床実習を行えるように支援していきます。

がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
「国際協力型がん臨床指導者養成拠点」

がんを総合的・横断的に診療できる指導的医療人養成

がんはわが国の死亡原因順位第1位の疾患ですが、がんを総合的・横断的に診療できる医療人は少なく、わが国の医療体制の大きな問題になっています。がん治療には、薬物療法、手術療法、放射線療法、緩和医療など多面的なアプローチが必要です。また、がん診療は医師だけでは完結せず、がん医療に習熟した看護師、薬剤師、その他の医療技術者等の各種専門家が参画し、チームとして機能することが何より重要です。

「国際協力型がん臨床指導者養成拠点」では、こうした観点から、筑波大学、千葉大学、群馬大学、獨協医科大学、埼玉医科大学、日本医科大学、群馬県立県民健康科学大学、茨城県立医療大学の8大学が力を合わせて、がん医療に習熟した指導的医療人を国際的な観点から養成しようとする、大学院教育プログラムです。

医学科を卒業した後に進学する大学院医学系研究科医科学専攻には、このプログラムを履修するための特別コースが設置されています。診療や研究を行いながら、無理なく単位が取得できるように、e-learningを活用したカリキュラムが組まれています。

卒前・卒後一貫MD-PhD コース

基礎医学研究者・教育者、法医解剖医養成

医師には臨床医以外に、研究、法医解剖、病理解剖など臨床に直接関わらない医師がいます。また、医学教育や、地域の医療行政に携わる医師も必要です。しかし、医学科卒業生の多くは臨床医を希望し、これらの基礎医学分野に進む医師は減少傾向です。そこで群馬大学では、入学直後から基礎研究の体験実習や基礎医学研究室配属を行い、基礎医学への興味も持たせるような教育をおこなっています。また、MD-PhDコース(医師と医学博士を並行して目指すコース)を設置し、希望する研究室での研究に加え大学院講義の一部も受講可能としています。現在、90名以上の学生がMD-PhDコースを選択し、忙しい講義の合間を縫って各研究室で研究活動に励んでいます。

これらの試みに加え、平成24年度に「卒前・卒後一貫MD-PhDコース」を整備しました。一貫コース希望者は、大学院入学試験の一部を受験し、合格すればプレ履修生となります。学部学生時代に受講した大学院講義・演習は卒後大学院に入学した際、正規の大学院単位として認定します。また、卒後は臨床研修と並行して基礎系研究室にて研究を継続し、学位取得後に大学の教員として採用する予定です。法医解剖医志望者は認定医資格取得を目指すことができます。本プログラムを通じ、基礎研究医や法医解剖医を目指す学生の育成を図っています。