群馬大学 大学院医学系研究科 医学部 医学科

本文ヘジャンプします
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

  • Home
  • 組織
  • 臨床医学領域 内科学講座
  • 脳神経内科学

臨床医学領域 内科学講座

脳神経内科学

神経内科学は脳の神秘を垣間見ようとする学問であるばかりでなく,前例をみない高齢化社会を迎え増加しつつある退行変性疾患と闘う学問でもあります.私たちの教室は前身の時代からすでに筋萎縮性側索硬化症,アルツハイマー病,パーキンソン病,脳血管障害など現在注目を集めている神経疾患に対し臨床的ならびに基礎的な研究を行い,大きな成果をあげてきました.現在も,基礎的には細胞生物学的あるいは分子遺伝学的アプローチを試み,臨床的には最新の診断機器を駆使して先進医療を遂行しています.この分野は今後ますます必要とされ,発展するに違いありません.私たちの教室は,臨床研究や基礎研究に貢献するばかりでなく,21世紀を担う神経内科学の優れた臨床家,研究者および教育・指導者の育成を目指しています.

  • スタッフ
  • 研究と教育
  • 臨床業務
  • 社会貢献
  • 業績
  • 沿革

スタッフ

教 授 池田 佳生 医学博士
准教授 池田 将樹 医学博士
講 師 藤田 行雄 医学博士
助 教 長嶋 和明 医学博士
牧岡 幸樹 医学博士
平柳 公利
古田 夏海 医学博士
塚越 設貴
笠原 浩生

ページの先頭へ移動する

研究内容

研究内容

遺伝性神経疾患の遺伝子解析・新規治療法の開発
アルツハイマー病に関する研究
筋萎縮性側索硬化症(ALS)の分子遺伝学的ならびに病理学的研究

教育業務

卒前教育
4年生:神経病学の総論・各論講義および診断学実習
5年生:病棟・外来実習(ベッドサイドティーチング)
6年生:臨床体験実習および神経病学の総括講義
大学院教育
学生が選択した研究内容により各専任教官が指導する
卒後教育
内科認定医(または専門医)資格取得後神経内科専門医資格取得まで臨床
教育を行う

ページの先頭へ移動する

臨床業務

附属病院にて外来・入院患者の診療と医員・研修医の指導
SPECT・PET・MRI・CT等による中枢神経系の機能形態診断
電気生理学的検査,筋・神経生検による神経疾患の診断
高度先進医療(遺伝性神経変性疾患の遺伝子診断)の実践
臨床試験を通じた治療法の開発

ページの先頭へ移動する

社会貢献

病診連携を通じた地域医療への貢献
群馬県神経難病医療ネットワークの拠点病院としての支援
痴呆の早期発見のための群馬県ネットワークの支援
物忘れ外来・頭痛外来を通じた疾患の啓蒙活動と早期発見・早期治療

ページの先頭へ移動する

業績

Egawa N, Kitaoka S, Tsukita K, Naitoh M, Takahashi K, Yamamoto T, Adachi F, Kondo T, Okita K, Asaoka I, Aoi T, Watanabe A, Yamada Y, Morizane A, Takahashi J, Ayaki T, Ito H, Yoshikawa K, Yamawaki S, Suzuki S, Watanabe D, Hioki H, Kaneko T, Makioka K, Okamoto K, Takuma H, Tamaoka A, Hasegawa K, Nonaka T, Hasegawa M, Kawata A,Yoshida M, Nakahata T, Takahashi R, Marchetto MCN, Gage FH, Yamanaka S, Inoue (2012) Drug screening for ALS using patient-specific induced pluripotent stem cells. Science Translational Medicine 4:1-8

Furuta N, Ikeda M, Hirayanagi K, Fujita Y, Amanuma M, Okamoto K (2012) A novel GJA1 mutation in oculodentodigital dysplasia with progressive spastic paraplegia and sensory deficts. Intern Med 51; 93-98

Hashimoto Y, Muramatsu K, Kunii M, Yoshimura S, Yamada M, Sato T, Ishida Y, Harada R, Harada A (2012) Uncovering genes required for neuronal morphology by morphology-based gene trap screening with a revertible retrovirus vector. FASEB J 26; 4662-4674

Ikeda M, Hirayanagi K, Arai M, Kakuda S, Makioka K, Furuta N, Takai E, Kasahara H, Tsukagoshi S, Fujita Y, Amari M, Takatama M, Nakazato Y, Okamoto K. Encephalopathy with amyloid angiopathy and numerous plaques in low levels of CSF Aβ1-40/Aβ1-42. Amyloid. 2012 Sep 21. [Epub ahead of print]

Ikeda Y, Ohta Y, Kobayashi H, Okamoto M, Takamatsu K, Ota T, Manabe Y, Okamoto K, Koizumi A, Abe K (2012) Clinical features of ACA36. A novel spinocerebellar ataxia with motor neuron involvement (Asidan). Neurology 79; 333-341

Makioka K, Yamazaki T, Takatama M, Nakazato Y, Okamoto K (2012) Activation and alteration of lysosomes in multiple system atrophy. Neuroreport 23; 270-276

Mizuno Y, Fujita Y, Takatama M, Okamoto K (2012) Comparison of phosphorylated TDP-43-positive inclusions in oculomotor neurons in patients with non-ALS and ALS disorders. J Neurol Sci 315; 20-25

Nawa M, Kage-Nakadai E, Aiso S, Okmaoto K, Mitani A, Matsuoka M (in press) The reduced Expression of BTBD10, an Akt Activator, is neurotoxic and possibly contributes to the ALS pathogenesis. Cell Death and Differentiation

Sohmiya M, Wada N, Tazawa M, Okamoto K, Shirakura K:Immediate effects of physical therapy on gait disturbance and frontal assessment battery in Parkinson’s disease. Geriatrics and Gerontology International (in press)

Ushikubo M, Inokuma A, Ikeda M, Okamoto K: Illness course and circumstances of deathamong individuals with rapidly progressive amyotrophic lateral sclerosis. Int Med J (in press)

Fujita Y, Ikeda M, Yanagisawa T, Senoo Y, Okamoto K (2011) Different clinical and neuropathological phenotypes of familial ALS with A315E TARDBP mutation. Neurology 77; 1427-1431

Fujita Y, Watabe K, Ikeda K, Mizuno Y, Okamoto K (2011) Morphological changes of Golgi apparatus in adult rats after facial nerve injuries. Neuropathology 31; 42-47

Fujita Y, Fujita S, Takatama M, Ikeda M, Okamoto K (2011) Numerous FUS-positive inclusions in an elderly woman with motor neuron disease. Neuropathology 31; 170-176

Mizuno Y, Fujita Y, Takatama M, Okamoto K (2011) Peripherin partially localizes in Bunina bodies in amyotrophic lateral sclerosis. J Neurol Sci; 302; 14-18

Osawa T, Mizuno Y, Fujita Y, Takatama M, Nakazato Y, Okamoto K (2011) Optineurin in neurodegenerative diseases. Neuropathology 31; 569-574

Yamaguchi H, Takahashi S, Kosaka K, Okamoto K, Yamazaki T, Ikeda M, Osawa M, Amari M, Harigaya Y, Awata S, Maki Y (2011) Yamaguchi fox-pigeon imitation test (YFPIT) for clinical practice of dementia. Psychogeriatrics 11; 221-226

ページの先頭へ移動する

沿革

1973年 群馬大学医学部附属リハビリテーション医学研究施設物理医学部門設置,平井俊策教授赴任(初代).
1975年 対応診療科として附属病院に神経内科設置,外来・入院診療開始.
1995年 平井俊策教授退官
1996年 岡本幸市教授就任(二代).
1999年 リハビリテーション医学研究施設物理医学部門が医学部神経内科学講座に改組
2003年 群馬大学大学院医学系の部局化に伴い,群馬大学大学院医学系研究科 高次機能制御系脳神経病態制御学講座脳神経内科学専攻(通常名:群馬大学大学院医学系研究科脳神経内科学)に改組.
2013年 池田佳生教授就任(三代)
現在に至る.