群馬大学 大学院医学系研究科 医学部 医学科

本文ヘジャンプします
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

  • Home
  • 組織
  • 臨床医学領域 病態病理学講座
  • 病態病理学

臨床医学領域 病態病理学講座

病態病理学

川合貞郎教授が1943年の開学と同時に本学に着任して病理学教室を開講以来、一貫して人体病理学の研究、教育に携わり、多数の病理学研究者、病理医、病理学に精通した臨床医を育成してきました。2代目の石田陽一教授は神経病理学、中でも脳腫瘍病理学を専門とし、両教授の下で学んだ3代目の中里洋一教授は我が国を代表する脳腫瘍病理学の研究拠点へと教室を発展させ、開学70年の節目にあたる2013年より4代目の横尾英明教授に引き継がれ、2017年からは臨床講座として位置づけられました。優れた病理医育成と伝統の神経病理学を二枚看板に、スタッフと大学院生が全員一丸となって教育、研究、病理診断に精励し、その成果は論文業績にとどまらず、数々の学会賞やWHO脳腫瘍分類作成への参画として結実しています。医学部学生も多数出入りし、彼らもまた楽しく賑やかに勉学に励んでいます。歳月は流れても初代川合教授の時代から受け継がれている教室の伝統「和と探求心」は今なお健在です。

  • スタッフ
  • 研究と教育
  • 臨床業務
  • 社会貢献
  • 業績
  • 沿革

スタッフ

教 授 横尾 英明  博士(医学)
准教授 伊古田 勇人 博士(医学)
助教(部内講師) 信澤 純人  博士(医学)
助教(部内講師) 松村  望  博士(医学)

ページの先頭へ移動する

研究内容

研究内容

・ヒト脳腫瘍の病理学的ならびに分子遺伝学的解析
・脳腫瘍好発性トランスジェニックラットの解析
・神経組織抗原に対する抗体作成と病理診断への応用
・神経変性疾患の発生機序と病理
・神経組織内の免疫担当細胞の病態生理
・人体病理学全般にわたる臨床病理学的解析

教育業務

医学部
生物学演習 (1年生)、医学研究発表チュートリアル (1年生)、生命医学講義ⅢB「病理学」(3年生)、選択基礎医学実習 (3年生)、臨床医学講義 (4年生)、臨床実習(必修・選択) (4~6年生)、実践臨床病態学講義 (6年生)を担当している。

大学院
低学年学生には人体病理学(病理解剖、組織診、細胞診)と神経病理学の基礎を習得させ、高学年学生にはマンツーマンによる研究指導と論文作成指導を行なっている。

ページの先頭へ移動する

臨床業務

附属病院の病理診断業務を病理部ならびに病理診断学分野と連携しつつ担当している。
・病理解剖
・病理組織診断(生検例、手術例)
・細胞診断

ページの先頭へ移動する

社会貢献

・NPO法人日本脳腫瘍リファレンスセンターの運営
・脳腫瘍の病理診断に関するコンサルテーションの実施
・班研究、治験研究における中央病理診断の実施
・学会、研究会の開催(日本脳腫瘍病理学会(1998年)、Gunma Seminar on Brain Tumor Pathology(2000年)、日本神経病理学会(2004年)、日本病理学会関東支部会第6回夏期病理診断セミナー(2006年)、第70回日本病理学会関東支部学術集会(2016年)など)
・WHOおよび本邦における脳腫瘍病理分類体系の策定
・県下市中病院から依頼された病理学的診断の実施
・世界脳週間、地域の高校、社会人組織への講演・啓蒙活動

ページの先頭へ移動する

業績

1. Nakata S, Nobusawa S, Yamazaki T, Osawa T, Horiguchi K, Hashiba Y, Yaoita H, Matsumura N, Ikota H, Hirato J, Yoshimoto Y, Yokoo H. Histone H3 K27M mutations in adult cerebellar high-grade gliomas. Brain Tumor Pathol (in press)

2. Nakata S, Nobusawa S, Hirose T, Ito S, Inoshita N, Ichi S, Amatya VJ, Takeshima Y, Sugiyama K, Sonoda Y, Haga H, Hirato J, Nakazato Y, Yokoo H. Sellar atypical teratoid/rhabdoid tumor (AT/RT): a clinicopathologically and genetically distinct variant of AT/RT. Am J Surg Pathol, 41(7): 932-940, 2017.

3. Arai H, Nobusawa S, Kawabata-Iwakawa R, Rokudai S, Higuchi T, Yamazaki T, Horiguchi J, Sano T, Kojima M, Nishiyama M, Yokoo H, Hirato J, Oyama T. Myeloid sarcoma arising in malignant phyllodes tumour: clonal relationships revealed by comparative genome-wide analyses. Br J Haematol (in press)

4. Nakata S, Horiguchi K, Ishiuchi I, Yoshimoto Y, Yamada S, Nobusawa S, Ikota H, Hirato J, Yokoo H. A case of high-grade astrocytoma with BRAF and ATRX mutations following a long-standing course over two decades. Neuropathology (in press)

5. Yamada S, Yamazaki T, Nakata S, Nobusawa S, Ikota H, Ide M, Mizushima K, Harigaya Y, Hirato J, Yokoo H. Dentatorubral-pallidoluysian atrophy (DRPLA) with a small ganglioglioma component containing neurofibrillary tangles and polyglutamine aggregation. Neuropathology (in press)

6. Matsumura N, Nakajima N, Yamazaki T, Nagano T, Kagoshima K,Nobusawa S, Ikota H, Yokoo H. Concurrent TERT promoter and BRAF V600E mutation in epithelioid glioblastoma and concomitant low-grade astrocytoma. Neuropathology, 37(1): 58-63, 2017.

7. Reifenberger G, Collins VP, Hartmann C, Hawkins C, Kros JM, Cairncross JG, Yokoo H, Yip S, Louis DN. Oligodendroglioma, IDH-mutant and 1p/19q codeleted. In: Louis DN, Ohgaki H, Wiestler OD, Cavenee WK (Ed), WHO Classification of Tumours of the Central Nervous System. International Agency for Research on Cancer, Lyon, updated 4th edition, 60-69, 2016.

8. Reifenberger G, Collins VP, Hartmann C, Hawkins C, Kros JM, Cairncross JG, Yokoo H, Yip S, Louis DN. Anaplastic oligodendroglioma, IDH-mutant and 1p/19q codeleted. In: Louis DN, Ohgaki H, Wiestler OD, Cavenee WK (Ed), WHO Classification of Tumours of the Central Nervous System. International Agency for Research on Cancer, Lyon, updated 4th edition, 70-74, 2016.

9. Reifenberger G, Collins VP, Hartmann C, Hawkins C, Kros JM, Cairncross JG, Yokoo H, Yip S, Louis DN. Oligoastrocytoma, NOS. In: Louis DN, Ohgaki H, Wiestler OD, Cavenee WK (Ed), WHO Classification of Tumours of the Central Nervous System. International Agency for Research on Cancer, Lyon, updated 4th edition, 75-77, 2016.

10. Nobusawa S, Nakata S, Hirato J, Kawashima T, Sato K, Fujimaki H, Okura N, Ikota H, Yokoo H. Atypical teratoid/rhabdoid tumor in the sella turcica of an elderly female with a distinct vascular pattern and genetic alterations. Virchows Arch, 469(6): 711-715, 2016.

11. Nagaishi M, Nobusawa S, Yokoo H, Sugiura Y, Tsuda Y, Tanaka Y, Suzuki K, Hyodo A. Genetic mutations in high grade gliomas of the adult spinal cord. Brain Tumor Pathol; 33: 267-269, 2016

12. Nobusawa S, Hirato J, Sugai T, Okura N, Yamazaki T, Yamada S, Ikota H, Nakazato Y, Yokoo H. Atypical teratoid/rhabdoid tumor (AT/RT) arising from ependymoma: a type of AT/RT secondarily developing from other primary central nervous system tumors. J Neuropathol Exp Neurol, 75(2): 167-174, 2016

13. Ikota H, Kaneko K, Morinaga S, Takahashi S, Yokoo H. Ovarian Sertoli-Leydig cell tumor with heterologous elements containing an unusual type of alpha-fetoprotein-producing cells. Pathol Int, 66(7): 411-412, 2016

14. Nagaishi M, Yokoo H, Nobusawa N, Fujii Y, Sugiura Y, Suzuki R, Tanaka Y, Suzuki K, Hyodo A. A distinctive pediatric case of low grade-glioma with extensive expression of CD34. Brain Tumor Pathol, 33(1): 71-74, 2016

15. Takayama Y, Matsumura N, Nobusawa S, Ikota H, Minegishi T, Yokoo H. Immunophenotypic features of immaturity of neural elements in ovarian teratoma. Virchows Arch. 468(3): 337-343, 2016

16. Nagaishi M, Nobusawa S, Matsumura N, Kono F, Ishiuchi S, Abe T, Ebato M, Wang Y, Hyodo A, Yokoo H, Nakazato Y. SLC44A1-PRKCA fusion in papillary and rosette-forming glioneuronal tumors. J Clin Neurosci. 23: 73-75, 2016

17. Nagaishi M, Yokoo H, Nobusawa S, Fujii Y, Sugiura Y, Suzuki R, Tanaka Y, Suzuki K, Hyodo A. Localized overexpression of alpha-internexin within nodules in multinodular and vacuolating neuronal tumors. Neuropathology. 35(6): 561-568, 2015

18. Nakazawa T, Nobusawa S, Ikota H, Kuwano H, Takeyoshi I, Yokoo H. Wide expression of ZEB1 in sarcomatous component of spindle cell carcinoma of the esophagus. Pathol Int, 65(12): 635-643, 2015

19. Matsumura N, Nobusawa S, Ikota H, Hirato J, Hirose T, Yokoo H, Nakazato Y. Coexpression of cyclin D1 and alpha-internexin in oligodendroglial tumors. Neuropathology 32(4): 261-267, 2015

20. Ikota H, Nobusawa S, Arai H, Kato Y, Ishizawa K, Hirose T, Yokoo H. Evaluation of IDH1 status in diffusely infiltrating gliomas by immunohistochemistry using anti-mutant and wild type IDH1 antibodies. Brain Tumor Pathol. 32(4): 237-244, 2015

21. Takayama Y, Nobusawa S, Ochiai I, Watanabe H, Ishigame H, Ikota H, Hirato J, Nakayama J, Yokoo H. Malignant meningioma with adenocarcinoma-like metaplasia: Demonstration of intestinal phenotype. Neuropathology 35: 158-164, 2015

ページの先頭へ移動する

沿革

1943年 川合貞郎が初代教授として着任、病理学講座を開講
1947年 第1例目の病理解剖を実施
1953年 第25回東京病理集談会を主催
1954年 教室名を病理学第一講座と改名(第二講座が開講のため)
1963年 日本病理学会にて川合教授が宿題報告
1967年 第8回日本神経病理学会を主催
1976年 川合教授定年退官、石田陽一が第2代教授として就任
1979年 第20回日本神経病理学会を主催
1983年 第1回日本脳腫瘍病理研究会を主催
1990年 石田教授定年退官、中里洋一が第3代教授として就任
琵琶湖国際脳腫瘍病理シンポジウムを主催
1996年 日本脳腫瘍リファレンスセンターが設立
1998年 第17回日本脳腫瘍病理学会を主催
2000年 Gunma Seminar on Brain Tumor Pathologyを主催
2003年 大学院講座化に伴い教室名を病態病理学分野と改名
2004年 第45回日本神経病理学会を主催
2005年 日本脳腫瘍リファレンスセンターがNPO法人として認可
2006年 日本病理学会関東支部会第6回夏期病理診断セミナーを主催
2013年 中里教授定年退任、横尾英明が第4代教授として就任
2016年 第70回日本病理学会関東支部学術集会を主催