群馬大学 大学院医学系研究科 医学部 医学科

本文ヘジャンプします
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

  • Home
  • 組織
  • 臨床医学領域 麻酔神経科学講座
  • 麻酔神経科学

臨床医学領域 麻酔神経科学講座

麻酔神経科学

手術患者の麻酔管理を主な担当領域として開設された当教室の業務は、痛みの治療、重症患者管理、高気圧酸素治療などへと幅が広がっています。こうしたなかで、全科の手術患者が安全かつ痛みのない状態で手術を受けられるよう、麻酔科医は日夜研鑽し、診療と連携した基礎研究を進めています。麻酔の分野は、臨床活動、研究活動の双方において専門化が進み、教室のメンバーもそれぞれの得意分野を臨床、研究の両面から取り組んでいます。疼痛制御機構、循環制御機構、麻酔薬の薬物動態、毒性学などが現在の主な研究テーマです。

  • スタッフ
  • 研究と教育
  • 臨床業務
  • 社会貢献
  • 業績
  • 沿革

スタッフ

教 授 齋藤  繁
講 師 黒田 昌孝
講 師 高澤 知規
助 教 関本 研一

ページの先頭へ移動する

研究内容

研究内容

<痛みのメカニズムに関する研究>脊髄での痛み伝達のメカニズム、下行性抑制系ニューロンの役割、神経障害性疼痛の発生機序などを行動実験、組織化学的実験、マイクロダイアリシスなどの手法を使って研究している。<麻酔薬の作用メカニズムに関する研究>麻酔薬が直接作用する神経伝達物質受容体、その特異的作用部位などに関する研究を電気生理学的手法を用いて進めている。<局所麻酔薬の神経破壊作用に関する研究>高濃度局所麻酔薬による神経細胞障害のメカニズムを初代培養神経細胞を用いて検討している。また、この作用を応用した新しい神経ブロック手法の開発に取り組んでいる。<その他>心臓手術後の脳障害に関する研究、末梢循環障害に対する血管再生治療の開発、気圧障害のメカニズムに関する研究など。

教育業務

<学生教育>医学部医学科および保健学科学生に対する麻酔一般の講義、実習を行う。
<研修医教育>研修医に対して、麻酔・蘇生の臨床的知識・手技を医療の現場で教育する。
<大学院教育>大学院生に対して、講義ならびに研究活動を通じて研究の具体的手法、論文作成法などを教育する。

ページの先頭へ移動する

臨床業務

<手術麻酔>
心臓麻酔・産科麻酔・脳神経麻酔・小児麻酔などを含む手術麻酔全般をカバーする業務を行っている。

<ペインクリニック>
神経障害性疼痛などの難治性疼痛や、慢性末梢動脈閉塞による虚血の痛みなどを、神経ブロック、高気圧酸素治療、細胞移植治療などを駆使して治療に当たっている。

<集中治療>
重症病態に対する集中治療を集中治療部専属医師と協力して行っている。

<高気圧酸素治療>
一酸化炭素中毒、減圧症、ガス壊疽、四肢動脈閉塞症、突発性難聴、末梢性顔面神経麻痺などに対して高気圧酸素治療を行っている。

ページの先頭へ移動する

社会貢献

大学附属病院ばかりでなく周辺の中核病院麻酔科医師と連携を図りつつ安全な麻酔法を普及させるための勉強会や研究会を開催している。また、各種の団体からの要望に応じて蘇生法の講習会や市民講座を行っている。気圧障害を予防するための健康管理法の講習や高所でのイベントのサポートなども行っている。

ページの先頭へ移動する

業績

Hayashida K, Kimura M, Yoshizumi M, Hobo S, Obata H, Eisenach JC
Ondansetron reverses anti-hypersensitivity from clonidine in rats following peripheral nerve injury: Role of γ-amino butyric acid (GABA) in α2-adrenoceptor and 5-HT3 serotonin receptor analgesia.
Anesthesiology;117:389-98. 2012

Higashi T Nakamura F, Saruki N, Takegami M, Hosokawa T, Fukuhara S, Nakayama T, Sobue T
Nakamura F, Saruki N, Takegami M, Hosokawa T, Fukuhara S, Nakayama T, Sobue T
Evaluation of newspaper articles for coverage of public reporting data: a case study of unadjusted cancer survival data.
Jpn J Clin Oncol ;43(1) :95-100 , 2012

Higashi T Nakamura F, Saruki N, Sobue T
Establishing a Quality Measurement System for Cancer Care in Japan
Jpn J Clin Oncol;43(3): 225-32, 2013

Kadoi Y, Nishida A, Saito S
Recovery time after sugammadex reversal ofrocuronium-induced muscle relaxation for electroconvulsive therapy is independentof cardiac output in both young and elderly patients.
J ECT;29:33-6, 2013

Kimura M, Tobe M, Suto T, Narahara S, Yamada M, Aso C, Takazawa T, Baba Y, Saito S
Balance of older trekkers: data on alpine accidents and performance as assessed using a video game machine.
Am J of Emerg Med:30(7):1125-8, 2012

Kimura M, Obata H, Saito S
Antihypersensitivity effects of tramadol hydrochloride in a rat model of postoperative pain.
Aneath Analg;115:443-9, 2012

Kimura M, Saito S, Obata H
Dexmedetomidine decreases hyperalgesia in neuropathic pain by increasing acetylcholine in the spinal cord.
Neurosci Lett ;529:70-4, 2012

Kimura M, Hayashida K, Eisenach JC, Saito S, Obata H
Relief of hypersensitivity after nerve injury from systemic donepezil involves spinal cholinergic and γ-amino butyric acid (GABA) mechanisms.
Anesthesiology;118:173-80, 2013

Kohno T, Kimura M, Sasaki M, Obata H, Amaya F, Saito S
Milnacipran inhibits glutamatergic N-Methyl-D-Aspartate receptor activity in Spinal Dorsal Horn Neurons.
Mol Pain; 19:8-45, 2012

Matsumoto N, Aomori T, Kanamoto M, Usui T, Shiga T, Yamamoto K, Saito S
Influence of hemodynamic variations on the pharmacokinetics of landiolol in patients undergoing cardiovascular surgery.
Biol Pharm Bull;35:1655-60, 2012

Narahara H, Kimura M, Suto T, Saito H, Tobe M, Aso C, Nishihara F, Saito S
Effects of cardiopulmonary resuscitation at high altitudes on the physical condition of untrained and unacclimatized rescuers.
Wilderness Environ Med;23(2):161-4, 2012

Shingyoji M Iizasa T, Higashiyama M, Imamura F, Saruki N, Imaizumi A, Yamamoto H, Daimon T, Tochikubo O, Mitsushima T, Yamakado M, Kimura H
The significance and robustness of a plasma free amino acid (PFAA) profile-based multiplex function for detecting lung cancer.
BMC Cancer;13(1): 77[Epub ahead of point], 2013

Suto T, Obata H, Tobe M, Oku H, Yokoko H, Nakazato Y, Saito S
Long-term effect of epidural injection with slow-release lidocaine particles in a rat model of postoperative pain.
Br J Anaesth;109:957-67, 2012

Takazawa T, Croft GF, Amoroso MW, Studer L, Wichterle H, MacDermott AB
Maturation of spinal motor neurons derived from human embryonic stem cells.
PLoS ONE;7(7):e40154, 2012

Takao Motosuneya, Ikuo Motosuneya and Hitoshi Masumo
Epidural Blood Patch for the Treatment of Post-laminectomy Cerebrospinal Fluid Fistula – A Case Report
Journal of Spine & Neurosurgery;1:2, 2012

ページの先頭へ移動する

沿革

沿革:
1964年 麻酔科講座開設
1966年 初代教授藤田達士先生就任
1971年 高気圧酸素治療室開設
1972年 麻酔科病室開設
1979年 集中治療部開設
1996年 第二代教授後藤文夫先生就任
2007年 第三代教授齋藤繁先生就任
主催学会:
日本麻酔学会(1982年第29回)、
日本蘇生学会(1989年第8回)、
日本ペインクリニック学会(1991年第25回、1999年第33回)、
日本ショック学会(1995年第10回)、
日本集中治療医学会(1996年第23回)、
日本麻酔薬理学会(2003年第25回)、
日本登山医学会(2010年第30回)、
北関東ペインクリニック学会(2012年第7回)、
日本医療ガス学会(2013年第17回)他