群馬大学 大学院医学系研究科 医学部 医学科

本文ヘジャンプします
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

  • Home
  • 組織
  • 臨床医学領域 リハビリテーション医学講座
  • リハビリテーション医学

臨床医学領域 リハビリテーション医学講座

リハビリテーション医学

リハビリテーション医学は障害を引き起こす疾病を診断し治療するとともに、疾病によって引き起こされた障害そのものを治療対象とする医療分野です。脳疾患、脊髄疾患、骨関節疾患、小児疾患、神経筋疾患、呼吸器疾患、循環器疾患、精神疾患などさまざまな疾患が対象であり、臓器別ではなく、横断的、総合的に障害を学ぶ医学です。障害に対するリハビリテーションの効果を動作解析、電気生理学、運動生理学、画像診断学などさまざまな手法を用いて定量的に評価することで、リハビリテーションにエビデンスを導入することを研究の目標としています。他科と連携し、動作解析の手法を用いて治療や手術の効果判定も行っている他、医工連携、産学連携での研究も行っています。

  • スタッフ
  • 研究と教育
  • 臨床業務
  • 社会貢献
  • 業績
  • 沿革

スタッフ

教 授 和田 直樹 (医学博士)
助 教(部内講師) 田澤 昌之 (医学博士)
助 教 黒崎 みのり
助 教(病院) 井上 智貴 (医学博士)
助 教(病院) 伴野 潤一 (医学博士)
医 員 伊部 洋子 (医学博士)
医 員 有井 大典
医 員 金谷 崇文

ページの先頭へ移動する

研究内容

研究内容

現在の研究テーマは、①三次元動作解析装置によるリハ効果の定量的評価法の開発、②高次脳機能障害と就労に関する研究、③モーションキャプチャデバイスによる非接触生体情報センシングの開発、④運動器障害の客観的評価(Functional capacity evaluation)法の開発、⑤嚥下障害の治療のための医療機器の開発、⑥運動療法が精神に及ぼす影響の研究(唾液中のfree cortisolの測定によるストレスの評価)、⑦Valsalva法を用いた非侵襲的な自律神経検査法の開発、⑧バーチャルリアリティフィードバックを用いたアシスト手法の開発、⑨ヒト由来微弱信号の高感度検出と生理現象の予見です。

教育業務

医学科1年生:医学医療概論実習
医学科2年生:チームワーク実習
医学科4年生:ブロック講義4(リハビリテーション総論・各論)
医学科5年生:臨床実習(必修)
医学科6年生:臨床実践病態学講義、臨床実習(選択)
大学院医科学専攻:リハビリテーション医学講義Ⅰ、Ⅱ、実習、演習
大学院生命医科学専攻:機能回復学演習、リハビリテーション医学方法論演習、研究特論
保健学科:リハビリテーション概論講義、総合臨床実習、評価実習、チームワーク実習

ページの先頭へ移動する

臨床業務

①入院患者のリハビリテーション処方
(脳血管、運動器、呼吸器、心大血管、がんの疾患別リハビリテーション)
②リハビリテーション科外来(一般外来、専門外来:痙縮治療、高次脳機能障害、装具外来)
③理学療法、作業療法、言語聴覚療法、摂食機能療法(入院、外来)
④嚥下回診(嚥下内視鏡検査、嚥下造影検査)
⑤その他(三次元動作解析、心肺運動負荷試験装置、筋電図、重心動揺計、等速性筋力測定、肺機能検査、
超音波診断、高次脳機能検査、ドライブシュミレーター、その他の手段を用いた臨床評価)

ページの先頭へ移動する

社会貢献

①医師卒後研修:日本リハビリテーション医学会関東地方会専門医・認定医生涯教育研修会、がんリハビリテーション研修会開催、ADL維持向上等体制加算研修
②学外療法士臨床実習
③療法士、看護師等卒後研修:ホームヘルパー実務研修、群馬県呼吸リハビリテーション研究会、群馬呼吸療法認定士会研修会、機能訓練事業、介護認定審査会
④呼吸リハビリテーションクリニカルパス地域連携プロジェクト
⑤嚥下リハビリテーションと栄養管理地域プロジェクト
⑥群馬脳卒中医療連携の会

ページの先頭へ移動する

業績

2011-2016 英文業績
1. Sugaya T, Sakamoto M, Nakazawa R, Wada N. Relationship between spinal range of motion and trunk muscle activity during trunk rotation. J Phys Ther Sci. 28:589-95. 2016

2. Tokuda K, Lee B, Shiihara Y, Takahashi K, Wada N, Shirakura K, Watanabe H. Muscle activation patterns in acceleration-based phases during reach-to-grasp movement. J Phys Ther Sci. 28:3105-3111. 2016

3. Tomono J, Adachi H, Oshima S, Kurabayashi M. Importance of compensatory heart rate increase during myocardial ischemia to preserve appropriate oxygen kinetics. J Cardiol. 68:373-378, 2016

4. Hashimoto T, Yoshiuchi K, Inada S, Shirakura K, Wada N, Takeuchi K, Matsushita M. Physical activity of elderly patients with rheumatoid arthritis and healthy individuals: an actigraphy study. Biopsychosoc Med. 5:9-19, 2015

5. Abe Y, Sakamoto M, Nakazawa R, Shirakura K. Relationship between joint motion and acceleration during single-leg standing in healthy male adults. J Phys Ther Sci. 27:1251-6, 2015

6. Manabe N, Shimizu T, Tanouchi T, Fueki K, Ino M, Toda N, Itoh K, Shirakura K. A novel skull clamp positioning system and technique for posterior cervical surgery: clinical impact on cervical sagittal alignment. Medicine (Baltimore). 94:e695, 2015

7. Takahashi K, Yamaji T, Wada N, Shirakura K, Watanabe H. Trunk kinematics and muscle activities during arm elevation. J Orthop Sci. 20:624-32, 2015

8. Wada N, Singer W, Gehrking TL, Sletten DM, Schmelzer JD, Low PA. Comparison of baroreflex sensitivity with a fall and rise in blood pressure induced by the Valsalva manoeuvre. Clin Sci. 127:307-13. 2014

9. Wada N., Kimura M., Tazawa M., Ibe Y., Shirakura K. Functional outcomes for combined acute anterior and posterior cruciate knee injuries treated non-operatively. Open J. Orthp. 4,169-75.2014

10. Okamura S, Wada N, Tazawa M, Shimizu T, Ibe Y, Usud S, Shirakura K., Injuries and disorders among young ice skaters: relationship with generalized joint laxity and tightness. Open Access J. Sports Med. 5:191-5. 2014

11. Wada N, Singer W, Gehrking TL, Sletten DM, Schmelzer JD, Kihara M, Low PA, Determination of Vagal Baroreflex sensitivity in normal subjects. Muscle Nerve 50:535-40. 2014

12. Wada N, Sohmiya M, Tazawa M, Ibe Y, Okamoto K, Shirakura K. Immediate positive effects of physical therapy on gait disturbance in patients with parkinson’s disease. Phys Ther and Rehab. 1:1-7. 2014

13. Tazawa M, Sohmiya M, Wada N, Irma Ruslina Defi, Shirakura K. Toe-out angle changes after total knee arthroplasty in patients with varus knee osteoarthritis. Knee Surg, Sports Traumatol, Arthrosco, 22:3168-73. 2014

14. Abe Y, Sugaya T. Postural control characteristics during single leg standing in individuals with a history of ankle sprain: Measurements obtained using a gravicorder and head and foot accelerometry. J Phys Ther Sci. 26:885-8. 2014

15. Sugaya T, Abe Y, Sakamoto M. Ultrasound evaluation of muscle thickness changes in the external oblique, internal oblique, and transversus abdominis muscles considering the influence of posture and muscle contraction. J Phys Ther Sci. 26:1399-402. 2014

16. Sohmiya M, Wada N, Tazawa M, Okamoto K, Shirakura K. Immediate effects of physical therapy on gait disturbance and frontal assessment battery in Parkinson’s disease. Geriatr Gerontol Int. 13: 630-7.2013

17. Ida M., Ida I., Wada N., Sohmiya M., Tazawa M., Shirakura K.A clinical study of the efficacy of a single session of individual exercise for depressive patients, assessed by the change in saliva free cortisol level. BioPsychoSocial Medicine,7:18. 2013

18. Takei K, Sakamoto M, Shirakura K, Muscle Tightness as One of the Physical Factors that Affect Kicking Motion Phys Ther Sci,24: 365-368. 2012

19. Hasegawa M,Dobashi K,Horie T,Wada N,Shirakura K, Influence of inhaled procaterol on pulmonary rehabilitation in chronic obstructive pulmonary disease. Respiratory Investigation 51:135-139. 2012

20. Qi Zhong Chang,Sohmiya M,Wada N,Tazawa M,Sato N,Yanagisawa S,Shirakura K, Alternation of trunk movement after arthroplasty in patients with osteoarthritis of the knee. J Orthop Scni,16: 382-38. 2011

ページの先頭へ移動する

沿革

2002年 4月 本院リハビリテーション部創立
2002年 8月 初代 教授(白倉賢二)就任
2008年 4月  大学院医学系研究科改組 社会環境医療学講座リハビリテーション医学分野(協力講座)設置
2012年10月 リハビリテーション科院内標榜
2013年4月  大学院医学系研究科改組 社会環境医療学講座リハビリテーション医学分野設置
2015年7月  第二代 教授(和田直樹)就任