群馬大学 大学院医学系研究科 医学部 医学科

本文ヘジャンプします
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

  • Home
  • 組織
  • 臨床医学領域 救急医学講座
  • 救急医学

臨床医学領域 救急医学講座

救急医学

「救急医学は医の原点」であり,救急医学に携わる者は,幅広い知識と迅速な判断,さらには的確な処置が必要とされる.我々は,救急医学の進歩・発展,および地域医療を中心とした救急医療の発展に貢献すべく,実際の臨床活動は勿論のこと,救急医学に関連した様々な臨床研究や基礎的研究や救急医療関連の啓発活動に積極的に取り組んでいる.
特に,
・救急医療のプロフェッショナルとしての地域医療貢献
・救急科専門医指定施設として次世代を担う若手救急科専門医の育成
・様々な救急疾患の病態生理の解明
・救急疾患に対する新たな治療法の開発
・救急医療の現場を知る者として,医療従事者のみならず一般市民に対する救命処置法やその他の救急処置手技啓発の推進
等に重点を置き,活動している.

  • スタッフ
  • 研究と教育
  • 臨床業務
  • 社会貢献
  • 業績
  • 沿革

スタッフ

教 授 大嶋 清宏
講 師 中村 卓郎
萩原 周一(医会長)

ページの先頭へ移動する

研究内容

研究内容

(基礎研究)
•心肺蘇生後の脳保護に関する実験的研究
•心肺蘇生後の臓器の虚血再灌流傷害のメカニズム解明とその抑制に関する実験的研究

(臨床研究)
•心肺停止症例の予後因子に関する研究
•多発外傷症例の重症度予測因子に関する研究
•高齢者救急症例の予後予測因子に関する研究
•歯周病菌が動脈硬化に及ぼす役割に関する研究
•新しいエンドトキシン測定法であるEndotoxin Activity Assay(EAA)の臨床的意義に関する研究
•重症救急症例における脂質代謝,特にapoC1の変動に関する研究
•重症救急病態における栄養管理に関する研究
•SOS-KANTO 2012 studyに参加

教育業務

医学科5年性から始まる臨床実習の前には心肺蘇生法の講義およびシミュレーターを用いた実習を指導している.その後開始される臨床実習では,救急医学概論,心肺蘇生法の再確認,外傷初期診療,急性腹症や循環器疾患の救急診療等の講義,また救急外来での救急診療の実際や入院患者の診療を体験してもらっている.その後の選択実習では,スタッフや研修医とともに救急患者の初療に参加してもらい,実習の最後には,担当した患者さんを症例報告としてスタッフの前で発表させ,学会発表を意識したスライド作成法やプレセンテーション法に関して実践的指導を行っている.
研修医に対しては,ACLS,ICLSやJATEC等の救急診療のスタンダードを身に付けたスタッフの元,1次~3次までの救急症例をできるだけ多く体験してもらい,診療の手順,鑑別診断から確定診断へ至る経緯といった内科的側面から,創部の洗浄,止血や縫合などの創傷処置やドレーン挿入やその管理といった外科的側面まで,幅広く指導する.また,学会発表や論文作成といった学術的な面においても積極的に指導している.

ページの先頭へ移動する

臨床業務

<外来業務>
当院では2009年より総合診療部と協力体制をとり,「救命・総合医療センター」として外来業務にあたっている.当センターは24時間オープンである.
外来業務としては,病院の最前線で,来院された患者さんの初療を担当し,必要があると判断すれば当該科の専門医にコンサルトし,それ以外の場合には我々が担当医として管理を行っている.
当センターには,walk-inで来られる1次救急の症例から,一刻を争う心肺停止や多発外傷,急性薬物中毒等,正に救急医が中心となって診療に当たるべき3次救急症例まで,非常に幅広い救急疾患に対応しており,救急科専門医だけでなく,救急診療に長けたgeneralist養成にも相応しい施設である.

<病棟業務>
蘇生に成功した心肺停止症例,多発外傷,急性薬物中毒,重症熱傷等の症例を実際に主治医として受け持ち治療を行っている.特に,重症症例は集中治療部に入室させ,集中治療部の医師達(集中治療専門医)と綿密にコミュニケーションをとりながら集中治療を行っている.従って,当施設では初療を行うだけでなく,自身が初診した症例を実際に担当し集中治療管理も学ぶことができ,非常に重厚な救急医療の研修が可能である.

ページの先頭へ移動する

社会貢献

当教室は,NPO法人である「群馬県救急医療懇談会」を中心となって運営し,その活動を通じて,救急医療の原点である初期治療や災害医療の重要性の啓発に努めながら,医師だけでなく,その他の医療従事者や救急隊員等の様々な職種との連携に貢献している.
当病院では,医師(当教室所属),看護師および事務職員が厚生労働省管轄のDMAT(Disaster Medical Assistance Team)隊員養成研修を修了しDMAT隊員として登録されており,災害発生時には群馬DMAT隊として活動している.2011年3月11日に発生した東日本大震災でもDMAT隊を派遣した実績を有する.
メディカルコントロール協議会:群馬県,前橋市
その他に,一般市民に対する救命処置法の講習や,救急救命士の病院実習等にも積極的に取り組んでいる.

ページの先頭へ移動する

業績

1. Hagiwara S, Kaneko M, Murata M, Ikegami T, Oshima K. A survival case of severe liver failure caused by acetylsalicylic acid that was treated with living donor liver transplantation. Hippokratia 2014; 18: 71-73.

2. Hagiwara S, Murata M, Kaneko M, Aoki M, Kanbe M, Ohyama Y, Tamura J, Oshima K. Usefulness of serum fibrin degradation products and D-dimer levels as biomarkers to predict return of spontaneous circulation in patients with cardiopulmonary arrest on arrival: comparison with acid-base balance. Acute Medicine & Surgery 2014; 1: 222-227.

3. Ishihara K, Hagiwara S, Aoki M, Murata M, Kaneko M, Kanbe M, Oshima K. Prognostic factor in emergency patients aged 90 years and older. Acute Medicine & Surgery 2014; 1: 83-87.

4. Ishihara K, Hagiwara S, Ogino T, Morimura M, Oshima K. The Usefulness of Evaluation of IgG Antibodies against Periodontopathic Bacteria for Prediction of Vascular Disease. J Cardiovasc Dis Diag 2014, 2(1) E-pub.

5. Hagiwara S, Oshima K, Aoki M, Murata M, Ishihara K, Kaneko M, Furukawa K, Nakamura T, Ohyama Y, Tamura J. Usefulness of fibrin degradation products and d-dimer levels as biomarkers that reflect the severity of trauma. J Trauma Acute Care Surg 2013; 74: 1275-1278.

6. Hagiwara S, Murata M, Aoki M, Kaneko M, Oshima K. Septic shock caused by Klebsiella oxytoca:An autopsy case and a survival case with driving Extracorporeal Membrane Oxygenation. Hippokratia 2013; 17: 171-173.

7. Hagiwara S, Oshima K, Furukawa K, Nakamura T, Ohyama Y, Tamura J. The significance of albumin corrected anion gap in patients with cardiopulmonary arrest. Ann Thorac Cardiovasc Surg 2013; 19: 283-288.

8. Ogino T, Sakata K, Yamagishi T, Hagiwara S, Oshima K, Iino Y, Ohki S, Takahashi T, Takeyoshi I, Morishita Y. Mitral valve malfunction of a St.Jude medical prosthetic due to pannus formation and thrombosis. Kitakanto Med J 2012; 62: 301-303.

9. Ogino T, Ohbayashi T, Kaneko T, Satoh Y, Hasegawa Y, Koyano T, Ohki S, Sakata K, Yamagishi T, Hagiwara S, Ohshima K, Iino Y, Takahashi T, Takeyoshi I, Morishita Y. Surgical treatment of an aneurysm of the common and deep femoral arteries: A case report. Kitakanto Med J 2012; 62: 395-397.

10. Ogino T, Ogawa T, Ishikawa T, Tanaka T, Aiba M, Sakamoto I, Shimizu H, Toya H, Yamazaki H, Motegi Y, Sakata K, Yamagishi T, Sugano M, Atsumi J, Masubuchi H, Hagiwara S, Ohshima K, Iino Y, Takahashi T, Takeyoshi I. traumatic thoracic aortic dissection with oral administration of antiplatelet drugs in multiple trauma: A case report. Kitakanto Med J 2012; 62: 411-414.

11. Hagiwara S, Yamada T, Furukawa K, Ishihara K, Nakamura T, Ohyama Y, Tamura J, Oshima K. Survival after 385 min cardiopulmonary resuscitation with extracorporeal membrane oxygenation and rewarming with haemodialysis for hypothermic cardiac arrest. Resuscitation 2011; 82: 790-791.

12. Yamazaki H, Oshima K, Sato H, Kobayashi K, Suto Y, Hirai K, Matsumoto K, Takeyoshi I. The effect of nicorandil on ischemia-reperfusion injury in a porcine total hepatic vascular exclusion model. J Surg Res 2011; 167: 49-55.

13. Suto Y, Oshima K, Arakawa K, Sato H, Yamazaki H, Matsumoto K, Takeyoshi I. The effect of nicorandil on small intestinal ischemiareperfusion injury in a canine model. Dig Dis Sci 2011; 56: 2276-2282.

14. Hagiwara S, Ogino T, Morimura M, Yamada T, Furukawa K, Ishihara K, Nakamura T, Sekihara M, Ohyama Y, Tamura J, Iino Y. Bilateral Internal Mammary Artery Injury without Fracture of the Chest Following a Traffic Accident. Kitakanto Med J 2010; 60: 159-162.

15. Oshima K, Kunimoto F, Hinohara H, Okawa M, Mita N, Kanemaru Y, Tajima Y, Saito S. Evaluation of Prognosis with Respiratory Failure Requiring Venovenous Extracorporeal Membrane Oxygenation (ECMO). Ann Thorac Cardiovasc Surg 2010; 16: 156-162.

16. Oshima K, Kunimoto F, Hinohara H, Ohkawa M, Mita N, Tajima Y, Saito S. Extracorporeal membrane oxygenation (ECMO) for respiratory failure: Comparison of venovenous versus venoarterial bypass. Surg Today 2010; 43: 216-222.

17. 萩原周一,大嶋清宏.偶発性低体温症:疫学と治療.ICUとCCU 2014; 38: 453-457.

18. 萩原周一,村田将人,金子稔,青木誠,神戸将彦,大山良雄,田村遵一,大嶋清宏.サテンスキー血管鉗子が止血に有効だった舌切断の1例.日外傷会誌 2014; 29: 13-16.

19. 青木誠,村田将人,金子稔,澤田悠輔,神戸将彦,萩原周一,大山良雄,田村遵一,大嶋清宏.腹部症候を伴わない上行結腸憩室炎から敗血症に至ったと考えられた1例.日腹部救急医会誌 2014; 34: 885-888.

20. 青木誠,村田将人,金子稔,澤田悠輔,神戸将彦,萩原周一,中村卓郎,大山良雄,田村遵一,大嶋清宏.肺炎球菌ワクチン接種後に難聴と敗血症様反応を呈した一例.日臨救急医会誌 2014; 17: 699-703.

ページの先頭へ移動する

沿革

1988年 4月 群馬大学医学部附属病院救急部開設(副部長1名)
1995年 4月 群馬大学医学部附属病院救急部 助手1名増員
1997年 1月 群馬大学医学部救急医学講座 開設 初代;飯野佑一教授
群馬大学医学部附属病院救急部は部長,副部長,助手の体制(講座併任)
2002年 2月 群馬大学医学部附属病院に救急部の病床が開設(11床)
また,附属病院屋上にヘリポート完成
2002年11月 群馬大学医学部附属病院救急部内に
心血管脳卒中センター(ストロークセンター)開設
2003年 1月 群馬大学医学部附属病院は日本救急医学会認定医指定施設に認定
(現在は救急科専門医指定施設)
2010年 3月 飯野佑一教授 退官
2010年 7月 第2代教授として大嶋清宏が就任