群馬大学 大学院医学系研究科 医学部 医学科

本文ヘジャンプします
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

  • Home
  • 組織
  • 臨床医学領域 小児科学講座
  • 小児科学

臨床医学領域 小児科学講座

小児科学

小児科は、1つの診療科でアレルギー、感染免疫疾患、血液・腫瘍疾患、消化器疾患、循環器疾患、神経疾患、児童精神疾患、内分泌・代謝疾患、未熟児・新生児疾患、腎臓疾患など多くの疾患を扱わなければなりません。それには、幅広い知識と技術を身に付けた豊かな人間性と倫理感を兼ね備えた小児科専門医を目指すことが出発点となります。それに加えて、それぞれの分野のサブスペシャリティーを身に付けて行く必要もあります。また、難治化している疾患の病態を臨床(bedside)から研究(bench)へ、そして再びbedsideへ、そして社会へ還元することも必要となっています。このような疾病の病態解明や治癒を目指すことは小児科医の大切な役目ですが、疾病の予防のための保健活動、健やかな子どもの成長をも診てゆくことも重要な役目です。わが国では、子どもの数が減少の一途をたどっていることは確かです。しかしながら、次世代を担う子どもたちの大切な命、健やかな成長を見守るために小児科医が果たす役割は益々増えています。子どもの笑顔に勝るものはありません。いつでも笑顔が見られるように、ある時は科学者の目で、ある時は慈父母の目で子ども達を見つめていくつもりでいます。群馬大学大学院小児科学分野は9つの診療グループがあり、各グループの優秀な専門医師が、小児科専門医や、さらにはサブスペシャリティーの専門医を目指す小児科医の指導にあたっています。また、学生教育と研修医教育に多くの時間を当て、患者さんから学ぶ姿勢と確かな診断の眼を次の世代に継承することを教育のモットーとしています。対症療法ではなく、根本から治す治療法の開発に一緒に取り組みませんか?

  • スタッフ
  • 研究と教育
  • 臨床業務
  • 社会貢献
  • 業績
  • 沿革

スタッフ

教 授 荒川 浩一 医学博士
准教授 滝沢 琢己 医学博士
講 師 岡田 恭典 医学博士
藤生  徹 医学博士
羽鳥 麗子 医学博士
助 教 小林 靖子 医学博士
池内 由果 医学博士
奥野はるな
井上 貴博
大津 義晃 医学博士
五十嵐 淑子
佐藤 幸一郎
中島 公子
中林 洋介
助教(研究休職中) 石毛  崇 医学博士

ページの先頭へ移動する

研究内容

研究内容

未熟児・新生児グループ:
早産児の大腸菌保菌と薬剤耐性、低出生体重児におけるヘプシジンと鉄代謝関連因子

神経グループ:神経変性疾患、オートファジー関連神経疾患や稀少疾患の遺伝子解析、病態の解明と治療法開発、restless legs syndromeの動物モデルによる生理学的、分子生物学的病態解析、Joubert症候群関連疾患の線維芽細胞による病態解明、CCHSの呼吸管理と発達予後に関する研究

教育業務

小児科学 講義
小児科学 演習
小児科学 実習
保健学科 講義

ページの先頭へ移動する

臨床業務

附属病院小児科は小児三次病院として最高水準の医療を行うことを目標にし、専門分野はアレルギー、感染免疫疾患、血液・腫瘍疾患、消化器疾患、循環器疾患、神経疾患、児童精神疾患、内分泌・代謝疾患、未熟児・新生児疾患、腎臓疾患に細分化され、チーム医療体制の下、お互いに協力し診療にあたっております。出生体重が1000g未満の早産児や新生児に対しては、新生児集中治療室(NICU)で特殊治療を行うなど、未熟児から思春期の広い年齢層にわたり診療を提供しております。

ページの先頭へ移動する

社会貢献

小児喘息アレルギー児サマーキャンプ
小児糖尿病サマーキャンプ
群馬県糖尿病セミナー
血友病患者会
群馬県先天代謝異常症等対策委員会
群馬県腎疾患対策委員会
群馬県心臓疾患対策委員会
群馬大学附属幼稚園、小学校、中学校、特別支援学校の校医および学校保健
群馬県立赤城特別支援学校校医
新生児蘇生法講習会
群馬県周産期医療対策協議会
CCHS家族会
群馬県小児等自宅医療連絡協議会

ページの先頭へ移動する

業績

1. Saitsu H, Nishimura T, Muramatsu K, Kodera H, Kumada S, Sugai K, Kasai-Yoshida E, Sawaura N, Nishida H, Hoshino A, Ryujin F, Yoshioka S,  Nishiyama K, Kondo Y, Tsurusaki Y, Nakashima M, Miyake N, Arakawa H, Kato M, Mizushima N, Matsumoto N. De novo mutations in the autophagy gene WDR45 cause static encephalopathy of childhood with neurodegeneration in adulthood. Nature Genetics. 45(4):445-449. 2013

2. Ishii Y, Inamura N, Kawazu Y, Kayatani F, Arakawa H. ‘I-shaped’ sign in the upper mediastinum: a novel potential marker for antenatal diagnosis of d-transposition of the great arteries. Ultrasound Obstet Gynecol. 41: 667–671, 2013

3. Seki M, Kurishima C, Saiki H, Masutani S, Arakawa H, Tamura M, Senzaki H. Progressive aortic dilation and aortic stiffness in children with repaired tetralogy of Fallot. Heart Vessels. 29(1):83-7. 2014

4. Shiba N, Funato M, Ohki K, Park MJ, Mizushima Y, Adachi S, Kobayashi M, Kinoshita A, Sotomatsu M, Arakawa H, Tawa A, Horibe K, Tsukimoto I, Hayashi Y. Mutations of the GATA2 and CEBPA genes in paediatric acute myeloid leukaemia. Br J Haematol. 164(1):142–145. 2014

5. Shiba N, Ohki K, Park MJ, Sotomatsu M, Kudo K, Ito E, Sako M, Arakawa H, Hayashi Y. SETBP1 mutations in juvenile myelomonocytic leukaemia and myelodysplastic syndrome but not in paediatric acute myeloid leukaemia. Br J Haematol. 164(1):156–159. 2014

6. Hagiwara S, Mochizuki H, Muramatsu R, Koyama H, Yagi H, Nishida Y, Kobayashi T, Sakamoto N, Takizawa T, Arakawa H. Reference values for Japanese children’s respiratory resistance using the LMS method. Allergol Int. 63(1):113-9. 2014

7. Nakagawa Y, Ohtsu Y, Nagasawa M, Shibata H, Kojima I. Glucose promotes its own metabolism by acting on the cell-surface glucose-sensing receptor T1R3. Endocr J. 61(2):119-31. 2014

8. Kojima I, Nakagawa Y, Ohtsu Y, Medina A, Nagasawa M. Sweet Taste-sensing Receptor Expressed in Pancreatic bete-cells: Sweet Molecules Act as Biased Agonists. Diabetes Metab J. 29(1): 12–19. 2014

9. Ohtsu Y, Nakagawa Y, Nagasawa M, Arakawa H, Kojima I. Diverse signaling systems activated by the sweet taste receptor in human GLP-1-secreting cells. Molecular and Cellular Endcrinology. 394(1-2):70-79. 2014

10. Ishii Y. Inamura N, Kayatani F, Iwai S, Kawata H, Arakawa H, Kishimoto H. Evaluation of bilateral pulmonary artery banding for initial palliation in single-ventricle neonates and infants: risk factors for mortality before the bidirectional Glenn procedure. Interact Cardiovasc Thorac Surg. 19(5):807-811. 2014

11. Yi SH. He XB, Rhee YH, Park CH, Takizawa T, Nakashima K, Lee SH. Foxa2 acts as a co-activator potentiating expression of the Nurr1-induced DA phenotype via epigenetic regulation. Development. 141(4):761-772. 2014

12. Inamura N,Kubota A, Ishii R, Ishii Y, Kawazu Y, Hamamichi Y, Yoneda A, Kawahara H, Okuyama H, Kayatani F. Efficacy of the circulatory management of an antenatally diagnosed congenital diaphragmatic hernia: outcomes of the proposed strategy. Pediatr Surg Int. 30(9):889-894. 2014

13. Ishige T, Yagi H,Tatsuki M, Hatori R,Nishida Y,  Takizawa T,Arakawa H. Endoscopic Findings in the Acute Phase of Food Protein-induced Enterocolitis Syndrome. Pediatr Allergy Immunol. 26(1):90-1. 2015

14. Onouchi Y, Fukazawa R, Yamamura K, Suzuki H, Kakimoto N, Suenaga T, Takeuchi T, Hamada H, Honda T, Yasukawa K, Terai M, Ebata R, Higashi K, Saji T, Kemmotsu Y, Takatsuki S, Ouchi K, Kishi F, Yoshikawa T, Nagai T, Hamamoto K, Sato Y, Honda A, Kobayashi H, Sato J, Shibuta S, Miyawaki M, Oishi K, Yamaga H, Aoyagi N, Yoshiyama M, Miyashita R, Murata Y, Fujino A, Ozaki K, Kawasaki T, Abe J, Seki M, Kobayashi T, Arakawa H, Ogawa S, Hara T, Hata A, Tanaka T. Variations in ORAI1 Gene Associated with Kawasaki Disease. PLoS One. 2016 Jan 20;11(1):e0145486.

15. Shiba N, Ohki K, Kobayashi T, Hara Y, Yamato G, Tanoshima R, Ichikawa H, Tomizawa D, Park MJ, Shimada A, Sotomatsu M, Arakawa H, Horibe K, Adachi S, Taga T, Tawa A, Hayashi Y. High PRDM16 expression identifies a prognostic subgroup of pediatric acute myeloid leukemia correlated to FLT3-ITD, MLL-PTD, and NUP98-NSD1: the results of the Japanese Pediatric Leukemia/Lymphoma Study Group AML-05 trial. British Journal of Haematology. 172(4):581–591. 2016

16. Ito K , Sanosaka T, Igarashi K, Ideta-Otsuka M, Aizawa A, Uosaki Y, Noguchi A, Arakawa H, Nakashima K, Takizawa T. Identification of genes associated with the astrocyte-specific gene Gfap during astrocyte differentiation.
Sci Rep. 2016 Apr 4;6:23903. doi: 10.1038/srep23903.

ページの先頭へ移動する

沿革

昭和18年5月   前橋医学専門学校創立
昭和23年2月   前橋医科大学併置(大学官制の一部改正)
昭和24年6月   群馬大学医学部(国立学校設置法の公布施行)現在に至る
昭和19年6月   初代 松村龍雄教授(東京帝国大学より赴任)
昭和19年9月9日  小児科学教室開講
研究の中心は「アレルギー」,「病巣感染」であり、気管支喘息、腎疾患、
アトピー性皮膚炎、膠原病等の分野においては膨大な業績が残された。
昭和51年4月   二代 黒梅恭芳教授(前橋医科大学出身)が赴任
小児科における臓器別の専門医を育成し、血液・腫瘍、腎臓、未熟児・新生児、循
環器、呼吸器・アレルギー、感染免疫、神経、内分泌、消化器、児童精神の10臨床
グループを構成した。
平成5年4月    黒梅教授を会頭に、第96回日本小児科学会学術集会を主催
平成6年5月    三代 森川昭廣教授(群馬大学出身)が就任
平成11年6月   第35回日本小児放射線学会を主催
平成11年11月   第24回東日本小児科学会を主催
平成12年11月   第37回日本小児アレルギー学会総会を主催
平成18年11月   第56回日本アレルギー学会秋季学術大会を主催
平成19年9月   第54回日本小児保健学会を主催
平成20年4月   四代 荒川浩一教授(群馬大学出身)が就任
平成24年7月   第36回日本小児皮膚科学会学術大会を主催
平成25年6月   第8回日本小児耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会を主催
平成26年11月   第39回東日本小児科学会を主催
平成28年10月   第53回日本小児アレルギー学会を主催