群馬大学 大学院医学系研究科 医学部 医学科

本文ヘジャンプします
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

  • Home
  • 組織
  • 環境病態制御系生体防御機構学
  • 法医学

環境病態制御系生体防御機構学

法医学

法医学は、自然科学に基づき研究・開発されてきた方法や技術を社会問題解決に応用する科学である。すなわち、法医学は広範囲、ときに複合する分野にわたる社会上の諸問題に対応する。これら社会生活上の諸問題や法律にかかわる諸問題を解決するためにあらゆる科学が動員される。例えば、基礎科学から臨床医学を包括する科学(法医病理学)、生物学から数学を包含する科学(法医遺伝学)、歯科学から人類学にわたる領域を包括する科学(法歯学)等が挙げられ、法医学はこれらの科学から成っている。当教室の研究活動は法医学研究の一大分野である”法医遺伝学”を主体としてなされている。特に、当教室で得られたヒト尿中の遺伝標識に関する知見の集積は新しい学問分野である”尿遺伝学”を確立し、新たな個人識別方法を創生した。

  • スタッフ
  • 研究と教育
  • 臨床業務
  • 社会貢献
  • 業績
  • 沿革

スタッフ

教 授 小湊 慶彦(医学博士)
講 師 佐野 利恵(医学博士)
助 教 高橋 遥一郎(医学博士)

ページの先頭へ移動する

研究内容

研究内容

1)デオキシリボ核酸分解酵素(DNaseI)の転写調節機構に関する基礎的研究 :急性心筋梗塞発症後に患者血清中のDNA分解酵素活性が上昇することを発見し、その原因を探るために、DNA分解酵素1遺伝子の発現制御機構を調べ、プロモーター領域や転写調節因子の同定、スプライシングによる発現調節を見出してきた。現在、スプライシングがどのような機構で調節を受けているのかを調べている。
2)ABO式血液型遺伝子の転写調節機構に関する基礎的研究:ABO式血液型遺伝子は転写抑制因子によるプロモーター活性の調節が重要であることが示されており、これに関わる転写抑制因子の蛋白精製とその遺伝子のクローニングに取り組んでいる。
3)ヘテロポリ酸に関する研究:ヘテロポリ酸と呼ばれる一群の無機化合物が示す、生理・生化学的効果を追求してきた。本化合物は、構造が単純な割に実に多彩な効果を示し、例えば、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌をβ-ラクタム剤に感受性化させる。この他にも、バイオフィルムの脆弱化、血小板に対する凝集シグナルの発生、アポトーシスの誘導などの作用が見出され、発展途上である。

教育業務

医学部学生に対する教育としては、法医学の講義及び実習、選択基礎医学実習、遺伝子と病気の講義を行っている。法医学の講義及び実習では、法医病理学、中毒学、遺伝学、医事法制と幅広い領域にわたり講義を行い、病理組織標本の観察、薬毒物の検出、多型形質の検出の実習を行っている。選択基礎医学実習では、赤血球型、血清型、酵素型およびDNA型の検出の実習を行っている。遺伝子と病気の講義では遺伝の基礎から遺伝疾患の原因とその表現型について統合的な講義を行っている。大学院教育としては、遺伝的多型形質の親子鑑定・個人識別への応用について詳しい概説を行い、遺伝標識(酵素型およびDNA型)の検出に関する実習を行っている。

ページの先頭へ移動する

臨床業務

(該当する業務はありません)

ページの先頭へ移動する

社会貢献

当教室では1年間に司法および承諾解剖約100件等を実施している。

ページの先頭へ移動する

業績

1.Sano R, Kuboya E, Nakajima T, Takahashi Y, Takahashi K, Kubo R, Kominato Y, Takeshita H, Yamao H, Kishida T, Isa K, Ogasawara K, Uchikawa M. A 3.0-kb deletion including an erythroid cell-specific regulatory element in intron 1 of the ABO blood group gene in an individual with the  Bm phenotype. Vox Sang, 108: 310-313, 2015.

2.Sano R, Nogawa M, Nakajima T, Takahashi Y, Takahashi K, Kubo R, Kominato Y, Yokohama A, Tsukada J, Yamao H, Kishida T, Ogasawara K, Uchikawa M. Blood group B gene is barely expressed in in vitro erythroid culture of  Bm-derived CD34+ cells without an erythroid cell-specific regulatory element. Vox Sang ,108: 302-309, 2015.

3.Tokue H, Takahashi Y, Hirasawa S, Awata S, Kobayashi S, Shimada T, Tokue A, Sano R, Kominato Y, Tsushima Y. Intestinal obstruction in a mentally retarded patient due to pica. Ann Gen Psychiatry, 14:22, 2015.

4.Murayama M, Takahashi Y, Sano R, Watanabe K, Takahashi K, Kubo R, Kuninaka H, Kominato Y. Characterization of five cases of suspected bathtub suicide. Leg Medcine, 13:576-578, 2015.

5.Fujihara J, Yasuda T, Iida R, Ueki M, Sano R, Kominato Y, Inoue K, Kimura-Kataoka K, Takeshita H.Global analysis of genetic variations in a 56-bp variable number of tandem repeat polymorphisms within the human deoxyribonuclease I gene. Leg Medcine,17:283-286, 2015.

6.Watanabe K, Takahashi Y, Sano R, Nakajima T, Kominato Y, Kobayashi S,  Shimada T, Takei H, Awata S, Hirasawa S. Brain fragility can be estimated by its putative signs on postmortem computed tomography. Legal Medcine, 17: 98-101, 2015.

7.Sano R, Takahashi Y, Nakajima T, Yoshii M, Kubo R, Takahashi K, Kominato Y, Takeshita H, Yasuda T, Tsuneyama H, Uchikawa M, Isa K, Ogasawara K: ABO  chimerism with a minor allele detected by the PNA-mediated PCR clamping method. Blood Transfusion, 12: 431-434, 2014.

8.Takahashi Y, Isa K, Sano R, Nakajima T, Kubo R, Takahashi K, Kominato Y, Michino J, Masuno A, Tsuneyama H, Ito S, Ogasawara K, Uchikawa M: Presence of nucleotide substitutions in transcriptional regulatory elements such as the erythroid cell-specific enhancer-like element and the ABO promoter in individuals with phenotypes A3 and B3, respectively. Vox Sang, 107:171-180, 2014.

9.Takahashi Y, Isa K, Sano R, Nakajima T, Kubo R, Takahashi K, Kominato Y, Tsuneyama H, Ogasawara K, Uchikawa M: Deletion of the RUNX1 binding site in the erythroid cell-specific regulatory element of the ABO gene in two individuals with the Am phenotype. Vox Sang, 106:167-175, 2014.

10.Takahashi Y, Sano R, Nakajima T, Kominato Y, Kubo R, Takahashi K, Ohshima N, Hirano T, Kobayashi S, Shimada T, Tokue H, Awata S, Hirasawa S, Ishige T: Combination of postmortem mass spectrometry imaging and genetic analysis reveals very long-chain acyl-CoA dehydrogenase deficiency in a case of infant death with liver steatosis. Forensic Sci Int, 244:e34-e37, 2014.

11.Ueki M, Kimura-Kataoka K, Takeshita H, Fujihara J, Iida R, Sano R, NakajimaT, Kominato Y, Kawai Y, Yasuda T: Evaluation of all non-synonymous single nucleotide polymorphisms (SNPs) in the genes encoding human deoxyribonuclease I and I-like 3 as a functional SNP potentially implicated in autoimmunity. FEBS J, 281:376-90, 2014.

12.Hata Y, Mori H, Tanaka A, Fujita Y, Shimomura T, Tabata T, Kinoshita K, Yamaguchi Y, Ichida F, Kominato Y, Ikeda N, Nishida N: Identification and characterization of a novel genetic mutation with prolonged QT syndrome in an unexplained postoperative death. Int J Legal Med, 128:105-115, 2014.

13.Murakami T, Tajika Y, Ueno H, Awata S, Hirasawa S, Sugimoto M, Kominato Y, Tsushima Y, Endo K, Yorifuji H: Integrated education of gross anatomy and CT radiology for current advances in medicine. Anat Sci Edu, 7:438-449, 2014.

14.Nakajima T, Sano R, Takahashi Y, Kubo R, Takahashi K, Kominato Y, Tsukada J, Takeshita H, Yasuda T, Uchikawa M, Isa K and Ogasawara K: Mutation of the GATA site in the erythroid cell-specific regulatory element of the ABO gene in a Bm subgroup individual. Transfusion, 53: 2917-2927, 2013.

15.Sano R, Hirasawa S, Awata S, Kobayashi S, Shimada T, Takei H, Takahashi Y and Kominato Y: Use of postmortem computed tomography to reveal acute subdural hematoma in a severely decomposed body with advanced skeletonization.Leg Med, 15: 32-34, 2013.

16.Takahashi Y, Sano R, Kominato Y, Takei H, Kobayashi S, Shimada T, Awata S and Hirasawa S: Usefulness of postmortem computed tomography for demonstrating cerebral hemorrhage in a brain too fragile for macroscopic examination. Journal of Forensic Radiology and Imaging, 1: 212-214, 2013.

17.Sano R, Nakajima T, Takahashi K, Kubo R, Kominato Y, Tsukada J, Takeshita H, Yasuda T, Ito K, Maruhashi T, Yokohama A, Isa K, Ogasawara K and Uchikawa M: Expression of ABO blood-group genes is dependent upon an erythroid cell-specific regulatory element that is deleted in persons with the Bm phenotype. Blood, 119: 5301-5310, 2012.

18.Kimura-Kataoka K, Yasuda T, Fujihara J, Toga T, Ono R, Otsuka Y, Ueki M, Iida R, Sano R, Nakajima T, Kominato Y, Kato H and Takeshita H: Genetic and expression analysis of SNPs in the human deoxyribonuclease II: SNPs in the promoter region reduce its in vivo activity through decreased promoter activity. Electrophoresis, 33: 2852-2858, 2012.

19.Soejima M, Fujimoto R, Agusa T, Iwata H, Fujihara J, Takeshita H, Minh TB, Trang PT, Viet PH, Nakajima T, Yoshimoto J, Tanabe S and Koda Y: Genetic variation of FUT2 in a Vietnamese population: identification of two novel Se enzyme-inactivating mutations. Transfusion, 52: 1268-1275, 2012.

20.Fujihara J, Takeshita H, Kimura-Kataoka K, Yuasa I, Iida R, Ueki M, Nagao M, Kominato Y and Yasuda T: Replication study of the association of SNPs in the LHX3-QSOX2 and IGF1 loci with adult height in the Japanese population; wide-ranging comparison of each SNP genotype distribution. Leg Med, 14: 205-208, 2012.

21.Takeshita H, Fujihara J, Ueki M, Iida R, Koda Y, Soejima M, Yuasa I, Kato H, Nakajima T, Kominato Y and Yasuda T: Nonsynonymous single-nucleotide polymorphisms of the human apoptosis-related endonuclease–DNA fragmentation factor beta polypeptide, endonuclease G, and Flap endonuclease-1–genes show a low degree of genetic heterogeneity. DNA Cell Biol, 31:36-42, 2012.

ページの先頭へ移動する

沿革

当教室は、初代井関尚栄教授(1911~1986、本学在籍期間1944~1972)が多くの優秀な群馬大学出身者とともに築き上げられた、輝かしい業績および伝統をもった教室である。井関教授は、1956年に「微生物の免疫遺伝学的研究」、1969年に「酵素による血液型の転換に関する実験的研究」によって学士院賞を計2回受賞され、1976年から学士院会員であった(終身)。そのご業績は法医学や医学の領域をはるかに超えて、生命の本質にせまるものであった。
その後、1972~1995年の間、2代目として古川研教授が在籍され、糖鎖血液型抗原の生化学・免疫学・遺伝学・分子生物学、新規なレクチンの開発・生化学、輸血学、人類遺伝学などの領域で活躍された。
1995~2006年、福井医科大学から3代目として岸紘一郎教授が着任し、ヒトをはじめとする脊椎動物由来の核酸分解酵素(DNase および RNase)について生化学、人類遺伝学、進化学等の多分野領域にわたり包括的な研究を行った。2006年4月から4代目として小湊慶彦教授が助教授から昇進し、現在に至っている。