群馬大学 大学院医学系研究科 医学部 医学科

本文ヘジャンプします
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

  • Home
  • 組織
  • 基礎・基盤医学領域 国際寄生虫病学講座
  • 国際寄生虫病学

基礎・基盤医学領域 国際寄生虫病学講座

国際寄生虫病学

国際寄生虫病学分野では寄生虫による感染症を対象にして研究・教育を行っています。寄生虫と聞くとサナダムシや回虫といったお腹の中にいる目に見えるニョロニョロしたものを想像されるでしょうが、それだけではありません。日本では感染することはないのですが、全世界で1分間に1〜2人が命を落としている「マラリア」という病気の原因も寄生虫です。寄生虫はヒトと同じ真核生物であり,細菌に対する特効薬である抗生物質は効かず薬剤開発は困難です。また、形態変換を伴う複雑な生活史を持つためワクチンの開発も遅れています。私たちは基礎研究を通じてマラリア等寄生虫感染症をコントロールできる方法を開発するために日夜頑張っています。

  • スタッフ
  • 研究と教育
  • 臨床業務
  • 社会貢献
  • 業績
  • 沿革

スタッフ

講 師 鈴江 一友 医学博士
助 教 今井 孝 医学博士
助 教 下川 周子 医学博士
助 教 OLIA ALEX 医学修士
助教(医学教育センター) 谷口 委代 医学博士

ページの先頭へ移動する

研究内容

研究内容

マラリアは年間2億人以上の患者を出し、約60万人の死者を出す世界最大規模の感染症である。感染症を規定するのは宿主と病原体の力関係であり、感染症の理解には宿主病原体相互関係を、宿主と寄生虫の双方からのアプローチにより明確にする必要がある。当分野では、最終的な目的としてマラリア制圧を目指し、宿主とマラリア原虫の寄生体病原体相互関係に関する研究(今井)、寄生虫に対する免疫応答を中心に宿主側からの検討(鈴江、下川)を行なっている。主にマウスモデルを用いた解析であるが、ウガンダやタイとの共同研究でヒトにおける解析も行なっている(谷口)。

教育業務

感染症を考える上で重要な2つのファクターである、病原体と宿主、の双方の観点から講義も担当している。医学科3年生に、病原体学として寄生虫学を系統講義、特別講義、そして実習を担当する。日本では見られない寄生虫感染症を紹介することで、国際的な感覚を身につけてもらいたい。一方では、宿主の観点からは病原体から身を守る生体防御としての免疫学も担当する。系統講義で免疫学の基礎を身につけてもらい、さらには世界的にも優れた研究成果を紹介することで研究マインドを育みたい。大学院生には一流の研究者になるべく研究の組み立て方を教授する。

ページの先頭へ移動する

臨床業務

寄生虫感染症は決してまれな感染症ではなく、臨床において時々遭遇する機会があります。感染症法にも指定されている赤痢アメーバ・ランブル鞭毛虫症・クリプトスポリジウム症の消化管感染症や、マラリア・エキノカッカス症のような国内ではほとんど見られない感染症までカバーします。また、高度医療の発達に伴って、日和見感染症の頻度も高くなっています。寄生虫学領域ではトキソプラズマ脳症が骨髄移植を受ける患者さんで見られます。当分野では群馬大学病院からだけでなく、群馬県内外の多くの病院・医院の診断と治療に関する様々な相談に応じています。また、流行域への渡航に際しての注意など一般の方々への健康相談に応じています。

ページの先頭へ移動する

社会貢献

私たちの研究室は上述のように様々な社会貢献をしているだけでなく、外務省の医務官に対するマラリア・寄生虫学研修、開発途上国からの医療専門家に対する教育・指導、海外からの留学生及び研究者の長期・短期受入など様々な社会貢献を実施しています。特に海外の研究者の育成、及び途上国との共同研究に関して多くの経験を有します。海外ではインド、バングラディシュ、パキスタン、イラン、メキシコから研究者を受け入れ、米国、カナダ、ドイツ、ケニアとの共同研究を実施しており、群馬大学の国際化にも貢献しています。
更に、原虫・寄生虫に対する薬剤・ワクチンを開発するための様々な発明及びその特許化などの知的財産の開発を行っています。

ページの先頭へ移動する

業績

1. Okada H, Suzue K, Imai T, Taniguchi T, Shimokawa C, Onishi R, Hirata J, and Hisaeda H: A transient resistance to blood-stage malaria in interferon--deficient mice through impaired production of host cells preferred by malaria parasites. Frontiers Microbiol. in press, 2015

2. Imai T, Ishida H, Suzue K, Taniguchi T, Okada H, Shimokawa C, and Hisaeda H: Cytotoxic activities of CD8+ T cells collaborate with macrophages to protect against blood-stage murine malaria. Elife 4, doi: 10.7554/eLife.04232, 2015.

3. Imai T, Iwawaki T, Akai R, Suzue K, Hirai M, Taniguchi T, Okada H, and Hisaeda H: Evaluating experimental cerebral malaria using oxidative stress indicator OKD48 mice. Int. J. Parasitol. 44: 681-685, 2014.

4. Imai T, Ishida H, Suzue K, Hirai M, Taniguchi T, Okada H, Suzuki T, Shimokawa C, and Hisaeda H: CD8+ T cell activation by murine erythroblasts infected with malaria parasites. Sci. Rep. 3: 1572, 2013.

5. Duan X, Imai T, Chou B, Tu L, Himeno K, Suzue K, Hirai M, Taniguchi T, Okada H, Shimokawa C, and Hisaeda H: Resistance to malaria by enhanced phagocytosis of erythrocytes in LMP7-deficient mice. PLoS One 8: e59633, 2013.

6. Ishida H, Imai T, Suzue K, Hirai M, Taniguchi T, Yoshimura A, Iwakura Y, Okada H, Suzuki T, Shimokawa C, and Hisaeda H: IL-23 protection against Plasmodium berghei infection in mice is partially dependent on IL-17 from macrophages. Eur. J. Immunol. 43: 2696-2706, 2013.

7. Shimokawa C, Culleton R, Imai T, Suzue K, Hirai M, Taniguchi T, Kobayashi S, Hisaeda H, and Hamano S: Species-specific immunity induced by infection with Entamoeba histoytica and Entamoeba moshkovskii in mice. PLoS One 8: e82025, 2013.

8. Moriya-Matsuzaki C, Tu L, Ishida H, Imai T, Suzue K, Hirai M, Tetsutani K, Hamano S, Shimokawa C, and Hisaeda H: A critical role for phagocytosis in resistance to malaria in iron-deficient mice. Eur. J. Immunol. 41: 1365-1375, 2011.

9. Ishida H, Matsuzaki-Moriya C, Imai T, Yanagisawa K, Nojime Y, Suzue K, Hirai M, Iwakura Y, Yoshimura A, Hamano S, Shimokawa C, and Hisaeda H: Development of experimental cerebral malaria is independent of IL-23 and IL-17. Biochem. Biophys. Res. Commun. 402: 790-795, 2010.

10. Imai T, Shen J, Chou B, Duan X, Tu L, Tetsutani K, Moriya C, Ishida H, Hamano S, Shimokawa C, Hisaeda H, and Himeno K: Involvement of CD8+ T cells in protective immunity against murine blood-stage infection with Plasmodium yoelii 17XL strain. Eur. J. Immunol. 40: 1053-1061,2010.

11. Tu L, Moriya C, Imai T, Ishida H, Tetsutani K, Duan X, Murata S, Tanaka K, Shimokawa C, Hisaeda H, and Himeno K: Critical role for immunoproteasome subunit LMP7 in the resistance of mice to Toxoplasma gondii infection. ?Eur. J. Immunol. 39:3385-3394, 2009.

ページの先頭へ移動する

沿革

1966年 衛生学教室より寄生虫学講座として独立
沢田利貞 教授が主任となる
1976年 沢田利貞 教授 退官
1976年 鈴木 守 教授 着任
2003年 鈴木 守 教授 群馬大学学長に
2004年 野崎智義 教授 着任
2008年 野崎智義 教授 国立感染症研究所へ移転
2010年 久枝 一 教授 着任
2017年 久枝 一 教授 国立感染症研究所へ移転