群馬大学 大学院医学系研究科 医学部 医学科

本文ヘジャンプします
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

  • Home
  • 組織
  • 臨床医学領域 内科学講座
  • 腎臓・リウマチ内科学

臨床医学領域 内科学講座

腎臓・リウマチ内科学

当教室は腎臓病学、リウマチ・膠原病学の2つの内科領域が専門です。この特徴を活かして、免疫学的機序による腎疾患(IgA腎症、膜性腎症、半月体形成性腎炎等)や腎障害を来すリウマチ性疾患(SLE、ANCA関連血管炎等)の診療を得意としています。特に全身性エリテマトーデス・ループス腎炎においては、第三内科の時代より多くの患者さんの診療を行っており、現在ではわが国の代表的な施設の1つとして診療、研究を推進しています。また基礎研究として、糸球体障害機序の解明、尿中バイオマーカーの探索、腎尿細管再生機構の解析、自己免疫性疾患における樹状細胞の関与の検討などにも積極的に取り組んでいます。教室員の力を結集し、腎疾患、リウマチ性疾患に対する高いレベルの診療を行いつつ、両疾患の病態解明、診断・治療法に関する研究を行い国内外に成果を発信していきます。

  • スタッフ
  • 研究と教育
  • 臨床業務
  • 社会貢献
  • 業績
  • 沿革

スタッフ

准教授 廣村 桂樹 医学博士
准教授(教育研究支援センター
     医療開発医科学部門)
前嶋 明人 医学博士
講 師 金子 和光 医学博士
講 師(部内) 池内 秀和 医学博士
坂入 徹 医学博士
助 教(病院) 中里見 征央

 

ページの先頭へ移動する

研究内容

研究内容

1) ループス腎炎、ANCA関連血管炎の病態、治療に関する基礎的・臨床的検討
2)糸球体障害機序の解明と腎不全進行阻止に関する検討
3) 腎疾患の診断や腎予後を予測するための尿中バイオマーカーの確立
4) 尿細管再生および腎間質線維化のメカニズム解明とその制御法の開発
5) 自己免疫性疾患ならびに腎疾患における樹状細胞の役割の検討

教育業務

1) 教養部: 「これから始める健康管理」(1年生)
2) 医学部: 「臨床医学1,3」(4年生)、「臨床基本手技実習」(4年生)、「臨床医学実習(必修)」(4~5年生)、「臨床医学実習(選択)」(5~6年生)、「実践病態学講義」(6年生)
3) 大学院: 臨床医学概論」(医学科)、「基礎連続講義」(医学科)、「病態生理学」(保健学科)、教室大学院生は研究チームに所属し、研究指導、論文作成指導を受ける
4) 初期・後期研修医、内科・腎臓・リウマチ専門医:診療チームで各指導医が指導

 

ページの先頭へ移動する

臨床業務

附属病院内科診療センターの腎臓・リウマチ内科を担当し、入院14床、外来約1100人/月の診療を行っています。慢性腎炎、慢性腎不全、ネフローゼ症候群などの腎疾患と、関節リウマチ、全身性エリテマトーデスなどのリウマチ性疾患(膠原病など)に対して、的確な診断と最善の治療を提供することを目指しています。また透析室やICUと連携して血漿交換、LDL吸着を施行しています。生物製剤や新規免疫抑制薬等の臨床治験、医師主導臨床試験にも積極的に参加し、難治性病態の治療開発に取り組んでいます。

ページの先頭へ移動する

社会貢献

1) 群馬県の教育・保健行政に関わる委員会(慢性腎臓病、糖尿病、学校検尿、指定難病)の委員を務め、専門的立場から県民の健康維持や向上に貢献しています。
2) 県内の各種研究会において、医師、看護師、薬剤師、栄養士、保健師などの医療従事者を対象に、腎臓・リウマチ性疾患に関する講演を行っています。
3) 慢性腎臓病について、群馬県、群馬県医師会と連携して市民公開講座を開催しています。
4) 指定難病の患者組織や地域住民の要望に応じて、各種の医療相談を行っています。

ページの先頭へ移動する

業績

1. Ito A, Okada Y, Hashita T, Aomori T, Hiromura K, Nojima Y, Nakamura T, Araki T, Yamamoto K. Sex Differences in the Blood Concentration of Tacrolimus in Systemic Lupus Erythematosus and Rheumatoid Arthritis Patients with CYP3A5*3/*3. Biochem Genet. 2017, 55(3):268-277.

2. Kadiombo AT, Maeshima A, Kayakabe K, Ikeuchi H, Sakairi T, Kaneko Y, Hiromura K, Nojima Y. Am J Physiol Renal Physiol. 2017, 312(2): F297-F304.

3. Hiromura K, Ikeuchi H, Kayakabe K, Sugiyama H, Nagata M, Sato H, Yokoyama H, Nojima Y. Clinical and histological features of lupus nephritis in Japan: a cross-sectional analysis of the Japan Renal Biopsy Registry (J-RBR). Nephrology (Carlton). 2016. Jul 26. [Epub ahead of print]

4. Ikeuchi H, Hiromura K, Kayakabe K, Tshilela KA, Uchiyama K, Hamatani H, Sakairi T, Kaneko Y, Maeshima A, Nojima Y. Renal outcomes in mixed proliferative and membranous lupus nephritis (Class III/IV + V): A long-term observational study. Mod Rheumatol. 2016. 26(6):908-913.

5. Sakairi T, Hiromura K, Kaneko Y, Maeshima A, Hirato J, Nojima Y. Histological findings in the spleen affected by adult-onset Still’s disease: a report of three cases. 2016. 34(3):566-567.

6. Tshilela KA, Ikeuchi H, Matsumoto T, Kuroiwa T, Sakurai N, Sakairi T, Kaneko Y, Maeshima A, Hiromura K, Nojima Y. Glomerular cytokine expression in murine lupus nephritis. Clin Exp Nephrol. 2016. 20(1):23-29.

7. Sakairi T, Okabe S, Hiromura K, Motegi S, Sakurai N, Ikeuchi H, Kaneko Y, Maeshima A, Hirato J, Nojima Y. A case of ANCA-negative renal small-vessel vasculitis with tubulointerstitial infiltration of IgG4-positive plasma cells. Mod Rheumatol. 2016. 26(5):780-783.

8. Mochizuki K, Kayakabe K, Hiromura K, Ando M, Sakurai N, Ikeuchi H, Sakairi T, Kaneko Y, Maeshima A, Nojima Y. Successful treatment of severe crescentic lupus nephritis by multi-target therapy using tacrolimus and mycophenolate mofetil. CEN Case Rep. 2015. 4(2):126-130.

9. Hara R, Miyazawa H, Nishimura K, Momoi T, Nozawa T, Kikuchi M, Sakurai N, Kizawa T, Shimamura S, Yasuda S, Hiromura K, Sada KE, Kawaguchi Y, Tamura N, Takei S, Takasaki Y, Atsumi T, Mori M. A national survey on current use of mycophenolate mofetil for childhood-onset systemic lupus erythematosus in Japan. Mod Rheumatol. 2015. 25(6):858-864.

10. Nakasatomi M, Maeshima A, Mishima K, Ikeuchi H, Sakairi T, Kaneko Y, Hiromura K, Nojima Y. Novel approach for the detection of tubular cell migration into the interstitium during renal fibrosis in rats. Fibrogenesis Tissue Repair. 2015 Jul 10; 8:12.

11. Maeshima A, Takahashi S, Nakasatomi M, Nojima Y. Diverse Cell Populations Involved in Regeneration of Renal Tubular Epithelium following Acute Kidney Injury. Stem Cells Int. 2015. 2015:964849.

12. Yasuda S, Atsumi T, Shimamura S, Ono K, Hiromura K, Sada K, Mori M, Takei S, Kawaguchi Y, Tamura N, Takasaki Y. Surveillance for the use of mycophenolate mofetil for adult patients with lupus nephritis in Japan. Mod Rheumatol. 2015. 25(6):854-857.

13. Motohashi R, Ikeuchi H, Hiromura K, Ohishi Y, Sakurai N, Sakairi T, Kaneko Y, Maeshima A, Nojima Y. Two cases of ulcerative colitis developing in rheumatoid arthritis patients during abatacept therapy. Scand J Gastroenterol. 2014. 49(10):1270-1.

14. Hamatani H, Hiromura K, Sakairi T, Takahashi S, Watanabe M, Maeshima A, Ohse T, Pippin JW, Shankland SJ, Nojima Y. Expression of a novel stress-inducible protein, sestrin 2, in rat glomerular parietal epithelial cells. Am J Physiol Renal Physiol. 2014. 15;307(6): F708-717.

15. Maeshima A, Nakasatomi M, Nojima Y. Regenerative medicine for the kidney: renotropic factors, renal stem/progenitor cells, and stem cell therapy. Biomed Res Int. 2014; 2014:595493.

16. Maeshima A, Mishima K, Yamashita S, Nakasatomi M, Miya M, Sakurai N, Sakairi T, Ikeuchi H, Hiromura K, Hasegawa Y, Kojima I, Nojima Y. Follistatin, an activin antagonist, ameliorates renal interstitial fibrosis in a rat model of unilateral ureteral obstruction. Biomed Res Int. 2014; 2014:376191.

17. Ikeuchi H, Hiromura K, Takahashi S, Mishima K, Sakurai N, Sakairi T, Kaneko Y, Maeshima A, Kuroiwa T, Nojima Y. Efficacy and safety of multi-target therapy using a combination of tacrolimus, mycophenolate mofetil and a steroid in patients with active lupus nephritis. Mod Rheumatol. 2014. 24(4):618-625.

18. Takahashi S, Tomioka M, Hiromura K, Sakairi T, Hamatani H, Watanabe M, Ikeuchi H, Kaneko Y, Maeshima A, Aoki T, Ohnishi H, Matozaki T, Nojima Y. SIRPα signaling regulates podocyte structure and function. Am J Physiol Renal Physiol. 2013. 15;305(6): F861-870.

19. Takahashi S, Hiromura K, Tsukida M, Ohishi Y, Hamatani H, Sakurai N, Sakairi T, Ikeuchi H, Kaneko Y, Maeshima A, Kuroiwa T, Yokoo H, Aoki T, Nagata M, Nojima Y. Nephrotic syndrome caused by immune-mediated acquired LCAT deficiency. J Am Soc Nephrol. 2013 24(8):1305-1312.

20. Mishima K, Maeshima A, Miya M, Sakurai N, Ikeuchi H, Hiromura K, Nojima Y. Involvement of N-type Ca(2+) channels in the fibrotic process of the kidney in rats. Am J Physiol Renal Physiol. 2013. 15;304(6): F665-673

ページの先頭へ移動する

沿革

昭和48年4月 内科学第三講座開講。初代教授、前川正教授就任(血液病学専攻)
昭和61年11月 第二代教授、成清卓二教授就任(腎臓病学専攻)
平成12年8月 第三代教授、野島美久教授就任(腎臓病・リウマチ膠原病学専攻)
平成14年2月 北病棟への移転に伴い、臨床診療科名が「血液内科、腎臓・リウマチ内科」となる。
平成15年4月 大学院大学化に伴い、「環境病態制御系生体防御機構学講座生体統御内科学分野」となる。
平成27年4月 内科診療センターの発足に伴い、血液内科と分かれて、「内科診療センター腎臓・リウマチ内科」となる。
平成29年4月 臓器別への改組に伴い、血液内科学と分かれて「臨床医学領域内科学講座腎臓・リウマチ内科学分野」となる。