群馬大学 大学院医学系研究科 医学部 医学科

本文ヘジャンプします
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

  • Home
  • 組織
  • 臨床医学領域 腫瘍放射線学講座
  • 腫瘍放射線学

臨床医学領域 腫瘍放射線学講座

腫瘍放射線学

放射線腫瘍学を中心とした腫瘍学全般を対象として幅広く研究,教育,診療を行なっている. 1. 研究: 放射線腫瘍学の研究を中心にしている.講座内で放射線生物学を主体にした基礎研究(分子生物学や病理学を含む)から臨床的研究(臨床腫瘍学)まで行なっている.2. 教育: 放射線生物学,放射線治療学のみでなく,分子生物学や病理学,その他も含めた腫瘍学全般について幅広く教育を行なっている.一般医師から国際的なレベルの臨床腫瘍医,放射線腫瘍学研究者を育成している.3. 診療: 悪性腫瘍の放射線治療を行なっている.放射線腫瘍医として,他科の腫瘍医と連携して,腫瘍の診断や治療方針の決定から実際の治療まで,放射線治療の他,化学療法や緩和医療等も含め一貫して行なっている.特に重粒子線医学研究センターを中心とした重粒子線治療に力を入れており,世界でも最先端の放射線治療を実践している.

  • スタッフ
  • 研究と教育
  • 臨床業務
  • 社会貢献
  • 業績
  • 沿革

スタッフ

教 授 中野 隆史 医学博士
大野 達也(重粒子線医学センター) 医学博士
准教授 齋籐 淳一 医学博士
講 師 岡本 雅彦 医学博士
加藤 弘之 医学博士
河村 英将 医学博士
助 教 神沼 拓也 医学博士
久保 亘輝 医学博士
佐藤 浩央 医学博士
渋谷  圭 医学博士
水上 達治 医学博士
武者  篤 医学博士
村田 和俊 医学博士
吉本 由哉 工学博士

 

ページの先頭へ移動する

研究内容

研究内容

1、重粒子線治療の基礎的,臨床的研究

2、放射線感受性に関与する腫瘍関連遺伝子,細胞増殖因子受容体およびそのシグナル伝達に関する研究

3、放射線誘発アポトーシスとp53その他癌関連遺伝子に関する研究

4、低酸素細胞マーカーによる組織内低酸素細胞と放射線に関する研究

5、悪性腫瘍の診断,治療におけるFDG-PETの有用性の研究

6、前立腺癌,子宮頸癌,肺癌,悪性リンパ腫の放射線治療に関する研究

教育業務

医学部教育;
放射線生物学および放射線治療についての講義,実習を行ない,医師に必要な放射線腫瘍学の基礎知識を習得させている.

大学院教育:
古典的な放射線生物学,放射線治療学から,分子生物学や病理学,その他も含めた腫瘍学全般について幅広く教育を行ない,放射線腫瘍学分野の研究者および専門的な臨床腫瘍医を育成している.特に重粒子線治療の高度に関する先端的研究を推進する。

ページの先頭へ移動する

臨床業務

1、放射線治療;年間900人以上の放射線治療を行っている(脳腫瘍,頭頸部癌,肺癌,乳癌,食道癌,前立腺癌,子宮癌,リンパ腫等):直線加速器3台による外照射,低線量率・高低線量率小線源治療(腔内照射,組織内照射),放射性ヨードによる甲状腺治療疾患の治療等.

2、重粒子線治療;2010年3月より開始しており、頭頸部癌,肺癌,肝臓癌,前立腺癌,骨軟部腫瘍などの治療を行なっている.詳細は群馬大学重粒子医学研究センターのホームページを参照(http://heavy-ion.showa.gunma-u.ac.jp/).

3、病棟診療;放射線治療の他,化学療法,緩和医療も行なっている.
悪性腫瘍患者の診断;X線,CT,MRI,超音波,PET等の画像,内視鏡を用いた診断および治療方針の決定を行なっている.

ページの先頭へ移動する

社会貢献

1、IAEA(国際原子力機関)の活動への協力: ワークショップを定期的に開催し,さらに平成15年度からは教授が国際原子力機関(IAEA)のアジア地域活動の医療・健康分野の責任者を努めている.

2、重粒子線治療の普及に努め,研究会や講演会を開催している.

3、Austral-Asian Journal of Cancerの事務局として癌研究の発展に貢献している.

4、群馬放射線腫瘍研究会事務局として,地域の放射線腫瘍学,癌治療の発展に貢献している.

ページの先頭へ移動する

業績

Oike, T., Niimi, A., Okonogi, N., Murata, K., Matsumura, A., Noda, S.-E., Kobayashi, D., Iwanaga, M., Tsuchida, K., Kanai, T., Ohno, T., Shibata, A. and Nakano, T.
Visualization of complex DNA double-strand breaks in a tumor treated with carbon ion radiotherapy
Scientific Reports, 2016, Vol. 6(1), pp. 22275

Tsuchida, K., Oike, T., Ohtsuka, T., Ide, M., Takakusagi, Y., Noda, S., Tamaki, T., Kubo, N., Hirota, Y., Ohno, T. and Nakano, T.
Solitary cardiac metastasis of uterine cervical cancer with antemortem diagnosis: A case report and literature review
Oncology Letters, 2016, Vol. 11(5), pp. 3337-3341

Oike, T., Ohno, T., Noda, S.-E., Murata, T., Hirakawa, T., Hirato, J., Furuya, M., Sato, H., Hirota, Y., Minegishi, T. and Nakano, T.
Leptomeningeal metastasis of uterine cervical cancer 17 years after primary tumor treatment.
Clinical case reports, 2016, Vol. 4(1), pp. 54-61

Musha, A., Saitoh, J.-i., Shirai, K., Yokoo, S., Ohno, T. and Nakano, T.
Oral mucosal melanoma treated with carbon ion radiotherapy: a case report
Journal of Medical Case Reports, Journal of Medical Case Reports, 2016, Vol. 10(1), pp. 284

Shibuya, K., Koyama, Y. and Tsushima, Y.
Accordion phenomenon of the hepatic artery: mimicker of vasospasm or intimal injury.
Acta radiologica open, SAGE Publications, 2016, Vol. 5(8), pp. 2058460116651900

Abe, T., Shibuya, K., Koyama, Y., Okamoto, M., Kiyohara, H., Katoh, H., Shimada, H., Kuwano, H., Ohno, T. and Nakano, T.
Initial Results of Hypofractionated Carbon Ion Radiotherapy for Cholangiocarcinoma.
Anticancer research, 2016, Vol. 36(6), pp. 2955-60

Shibuya, K., Tahara, H., Takeuchi, S., Koyama, Y. and Tsushima, Y.
New Method of Parent Catheter Advancement in the Balloon Anchor Technique during Balloon-Occluded Transarterial Chemoembolization for Hepatic Tumors
Case Reports in Radiology, 2016, Vol. 2016, pp. 1-4

Abe, T., Shirai, K., Saitoh, J.-I., Ebara, T., Shimada, H., Tashiro, M., Okano, N., Ohno, T. and Nakano, T.
Incidence, risk factors, and dose-volume relationship of radiation-induced rib fracture after carbon ion radiotherapy for lung cancer.
Acta oncologica (Stockholm, Sweden), 2016, Vol. 55(2), pp. 163-6

Ohno, T., Wakatsuki, M., Thinh, D. H. Q., Tung, N. T., Erawati, D., Supriana, N., Beena Devi, C., Kato, S., Thephamongkhol, K., Chansilpa, Y., Calaguas, M. J. C., Xiaoting, X., Jianping, C., Banu, P. A., Cho, C.-K., Karasawa, K., Nakano, T. and Tsujii, H.
Concurrent chemoradiotherapy for T3–4 and N0–1 nasopharyngeal cancer: Asian multicenter trial of the Forum for Nuclear Cooperation in Asia
Journal of Radiation Research, 2016, Vol. 57(1), pp. 44-49

Ohno, T., Noda, S.-E., Okonogi, N., Murata, K., Shibuya, K., Kiyohara, H., Tamaki, T., Ando, K., Oike, T., Ohkubo, Y., Wakatsuki, M., Saitoh, J.-I. and Nakano, T.
In-room computed tomography–based brachytherapy for uterine cervical cancer: results of a 5-year retrospective study
Journal of Radiation Research, 2016, Vol. 58(4), pp. 543-551

Shiba, S., Wakatsuki, M., Kato, S., Ohno, T., Okonogi, N., Karasawa, K., Kiyohara, H., Tsujii, H., Nakano, T., Kamada, T. and Shozu, M.
Carbon-ion radiotherapy for locally advanced cervical cancer with bladder invasion
Journal of Radiation Research, 2016, Vol. 57(6), pp. 684-690

Shirai, K., Saitoh, J.-I., Musha, A., Abe, T., Kobayashi, D., Takakusagi, Y., Takaysu, Y., Shino, M., Toyoda, M., Takahashi, K., Chikamatsu, K., Ohno, T. and Nakano, T.
Clinical Outcomes of Definitive and Postoperative Radiotherapy for Stage I-IVB Hypopharyngeal Cancer.
Anticancer research, 2016, Vol. 36(12), pp. 6571-6578

Oike, T., Sato, H., Noda, S.-E. and Nakano, T.
Translational Research to Improve the Efficacy of Carbon Ion Radiotherapy: Experience of Gunma University
Frontiers in Oncology, 2016, Vol. 6(June), pp. 139

Kubo, N., Saitoh, J.-i., Shimada, H., Shirai, K., Kawamura, H., Ohno, T. and Nakano, T.
Dosimetric comparison of carbon ion and X-ray radiotherapy for Stage IIIA non–small cell lung cancer
Journal of Radiation Research, 2016, Vol. 57(5), pp. 548-554

Held, K. D., Kawamura, H., Kaminuma, T., Paz, A. E. S., Yoshida, Y., Liu, Q., Willers, H. and Takahashi, A.
Effects of Charged Particles on Human Tumor Cells
Frontiers in Oncology, 2016, Vol. 6(February), pp. 1-19

Houweling, A. C., Fukata, K., Kubota, Y., Shimada, H., Rasch, C. R., Ohno, T., Bel, A. and van der Horst, A.
The impact of interfractional anatomical changes on the accumulated dose in carbon ion therapy of pancreatic cancer patients
Radiotherapy and Oncology, Elsevier Ireland Ltd, 2016, Vol. 119(2), pp. 319-325

Irie, D., Saitoh, J.-I., Shirai, K., Abe, T., Kubota, Y., Sakai, M., Noda, S.-E., Ohno, T. and Nakano, T.
Verification of Dose Distribution in Carbon Ion Radiation Therapy for Stage I Lung Cancer
International Journal of Radiation Oncology*Biology*Physics, 2016, Vol. 96(5), pp. 1117-1123

ページの先頭へ移動する

沿革

昭和25年 3月    戸部龍夫先生 群馬大学医学部助教授就任
昭和33年 4月    群馬大学医学部附属病院 放射線科設置
昭和34年 3月    群馬大学医学部 放射線医学教室開講;戸部龍夫教授 初代教授就任
昭和34年 9月    群馬大学医学部附属病院 放射線科病棟設置
昭和43年 4月    戸部龍夫教授 日本医学放射線学会総会で宿題報告
昭和49年 4月    永井輝夫教授 第2代教授就任
昭和55年11月    第20回日本核医学会総会開催(会長;永井輝夫)
平成 3年 4月    新部英男教授 第3代教授就任
平成10年11月    第11回日本放射線腫瘍学会開催(会長;新部英男)
平成12年12月    中野隆史教授 第4代教授就任
平成15年 4月    群馬大学大学院医学系研究科医科学専攻・大学院講座設置に伴い,病態腫瘍制御学講座 腫瘍放射線学分野に移行
平成19年 5月    第13回癌治療増感研究会(世話人;中野隆史)
平成19年 6月    日本放射線腫瘍学会小線源治療部会第9回研究会(世話人;中野隆史)
平成22年 3月    群馬大学重粒子線医学センター設置、重粒子線治療開始
平成22年 5月    第49回PTCOG(粒子線治療世界会議)開催(会長;中野隆史)
平成27年11月    第28回日本放射線腫瘍学会開催(会長;中野隆史)
平成28年10月    第54回日本癌治療学会学術集会開催(会長;中野隆史)