群馬大学 大学院医学系研究科 医学部 医学科

本文ヘジャンプします
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

  • Home
  • 組織
  • 臨床医学領域 口腔顎顔面外科学講座
  • 口腔顎顔面外科学

臨床医学領域 口腔顎顔面外科学講座

口腔顎顔面外科学

診療範囲としては歯科口腔外科・歯科では主に顔面の下半分を取り扱っています.歯科治療や親知らずなどの抜歯はもちろんのこと,顎の骨折,炎症,良性腫瘍そして悪性腫瘍などに対する全身麻酔での手術も行っています.また,全身疾患のある方の一般歯科治療,口腔ケア,口腔機能障害のリハビリテーションなど幅広く手がけています.

  • スタッフ
  • 研究と教育
  • 臨床業務
  • 社会貢献
  • 業績
  • 沿革

スタッフ

教 授 横尾 聡 歯学博士
准教授 根岸 明秀 歯学博士
講 師 笹岡 邦典 歯学博士
大久保 滋郎 医学博士
助 教 狩野 証夫 医学博士
神野 恵治
中曽根 良樹 医学博士

ページの先頭へ移動する

研究内容

研究内容

1.口腔ケア:口内の不潔により生じる局所的,全身的な疾患の予防と治療
口内環境の有効的な改善方法
2.口腔機能:良性・悪性腫瘍治療後に生じる口腔機能障害に対する評価と改善
3.顎関節疾患:臨床例の分析と効果的な治療法の検討
4.歯原性疾患の検討:歯原性疾患の発生学的検討,審美的顔面形態の回復の研究
5.前癌病変とその癌化:癌化のメカニズムの研究と病態診断法と治療法の検討
6.悪性腫瘍の早期診断に関する検討:転移巣早期発見のための各種検査法の検討

教育業務

歯科臨床研修制度開始後、多くの研修医の臨床教育を実施してきており,また,歯科衛生士学校の実習生を受け入れ、その教育を行っている。

ページの先頭へ移動する

臨床業務

年々、新患数、入院患者数、手術件数、ベットの稼働率、急患数、いずれも増加しており、当地域における、口腔外科の中核の診療施設としての役割を果たしつつあるものと考えられる。また、院内他科からの患者数も当科新患数の約2割を占め、付属病院内においても、十分、口腔の医療に貢献している。

ページの先頭へ移動する

社会貢献

教室では同門の方々を中心に集談会を年4回程開催している.口腔ケアと機能の会も行っている.外国からの留学生の受け入れ,社会人大学院生の受け入れ,産官学共同研究などを行い地域に貢献している。

ページの先頭へ移動する

業績

論文
根岸明秀,笹岡邦典,茂木健司,佐々木眞一:”
交通外傷による下顎全歯牙および全歯槽骨欠損に対し,デンタルインプラントと可撤性上部構造により補綴を行った1例.”
群馬県歯科医学会雑誌,5:23-25,2001.”

Uzawa, N., Akanuma, D., Negishi, A., Iwaki, H., Uzawa, Y., Amagasa, T. and Yoshida, M.A.:”
Homozygous deletions on the short arm of chromosome 3 in human oral squamous cell carcinomas.
Oral Oncology 37: 351-356, 2001.”

高野淳志,茂木健司,笹岡邦典,狩野証夫,齋藤 忠,今井正之,中曽根良樹,星野慶子,根岸明秀:”
未治療糖尿病のため頬粘膜小外傷から生じた頬部蜂窩織炎の1例
Kitakanto Medical Journal 51: 325-329, 2001.”

根岸明秀:
口唇裂口蓋裂に対するチーム医療.
Kitakanto Medical Journal 51: 401-403, 2001.”

Nakasone, Y., Inoue, T., Oriuchi, N., Takeuchi, K., Negishi, A., Endo, K. and Mogi, K.:”
The role of whole-body FDG-PET in preoperative assesment of tumor staging in oral cancers.
Annals of Nuclear Medicine 15 (6): 505-512, 2001.”

Niinaka, Y., Haga, A., Negishi, A., Yoshimasu, H., Raz, T. and Amagasa, T.:”
Regulation of cell motility via high and low affinity autocrine motility factor (AMF) receptor in human oral squamous carcinoma cells.
Oral Oncology 38: 49-55, 2002.”

狩野証夫,茂木健司,笹岡邦典,根岸明秀,鈴木克年:”
下唇に生じた放線菌症の1例
日本口腔外科学会雑誌48(1):43-45,2002.”

Akio Kano,Haruo Hagiwara,Kuniaki Takata and Kenji Mogi”
Immunolocalization of centriole-associated striated rootlets in human submandibular gland cells with and without solitary cilia
The Histochemical Journal 33: 613-620, 2001.

笹岡邦典,茂木健司,狩野証夫,鈴木克年”
下顎骨区域切除後の無歯顎患者にIMZインプラントの応用により義歯を装着した1例
群馬県歯科医学会雑誌第5巻:27-29,2001″

笹岡邦典,茂木健司,中曽根 良樹,大竹克也”
顎口腔領域に生じた表皮嚢胞(epidermal cyst)の2例
北関東医学会雑誌51(3):203-206,2001″

ページの先頭へ移動する

沿革

1943(昭和18)年 4月 前橋医学専門学校開設.
1944(昭和19)年 3月 前橋医学専門学校附属医院開院.口腔外科設置.
1948(昭和23)年 2月 前橋医科大学設置,附属病院口腔外科となる.
1949(昭和24)年 5月 国立大学設置法施行により群馬大学医学部口腔外科となる.
1980(昭和55)年 4月 口腔外科学講座設置.
1987(昭和62)年 6月 附属病院外来診療棟竣工.1階玄関横の診療室へ移転.
1990(平成 2)年 3月 南病棟竣工.南病棟4階(16床・脳神経外科との混合病棟)に移転.
2002(平成14)年 2月 北病棟竣工.南病棟7階(13床・泌尿器科との混合病棟)に移転.
2003(平成15)年  群馬大学 大学院 医学系研究科 医科学専攻臓器病態制御系 病態腫瘍制御学講座 顎口腔科学となる.