群馬大学 大学院医学系研究科 医学部 医学科

本文ヘジャンプします
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

  • Home
  • 組織
  • 臨床医学領域 臨床薬理学講座
  • 臨床薬理学

臨床医学領域 臨床薬理学講座

臨床薬理学

医療は20世紀後半から飛躍的に進歩し続けていますが、特に、医薬品を用いた治療の進歩は目覚しいものがあります。まず、分子生物学や遺伝子解析の技術が進み、体をコントロールしているからくりが分子のレベルで明らかになってきました。そして、多くの病気でこの調節機構がうまく働かなくなっていることも明らかになり、このような病気を治すための医薬品の開発も急ピッチで進んでいます。病気の原因が明らかになるに従って、よく効く薬いわゆる「切れの良い薬」が盛んに開発されてきましたが、よく効く薬を使っていると、様々な強い副作用が起こることも明らかになってきました。薬の使い方は、人に使う場合には一筋縄ではいかないものです。一人一人年齢も体重も、薬を代謝分解する肝臓の働きや尿中に排泄する腎臓の機能も、そして病気の程度も皆それぞれ違うので、一人一人に合った薬物療法をすることが大事だということが分かってきました。  このようなことを背景に、薬を病院でさまざまな病気の人に使う場合に、よりよく効いて、しかも安全な使い方をするにはどうしたらよいかを検討することが必要になりました。 私たちの研究室では、群馬大学病院薬剤部、各診療科および中央診療部門との連携のもと、有効で安全な薬物療法の推進に向けた科学的根拠の追及と臨床へのフィードバックを目的として、ヒトを対象とした、薬物動態学的・薬力学的研究を展開しています。

  • スタッフ
  • 研究と教育
  • 臨床業務
  • 社会貢献
  • 業績
  • 沿革

スタッフ

教 授 山本 康次郎(薬学博士)
准教授 荒木 拓也 (医学博士)
助 教 坡下 真大 (薬学博士)

ページの先頭へ移動する

研究内容

研究内容

当研究室ではそれぞれの患者さんに対し、個別化した最適な薬物療法を行うことを究極の目標としております。現在の主な研究内容は以下の通りです。
1.CYP遺伝子多型の人種差や臨床的意義
2.健康食品による酵素誘導
3.麻酔薬の薬物動態の個人差の原因の探索
4.遺伝子多型が抗癌薬の効果・副作用に及ばす影響の研究
5.薬物治療抵抗性の原因の探索
6.遺伝子多型の迅速判定系の確立

教育業務

医学部学生の教育として、4年生を対象とした講義で、臨床薬物動態学を中心に医薬品の取扱い、医薬品の情報、医療における医薬品の適正使用に関する講義を行っております。
また、薬害被害者本人をお招きして講義を行っていただき、医薬品の安全性を求める患者の気持ちを学んでもらいます。5年生を対象とした臨床薬理学の実習を行っています。また、大学院共通科目「器官代謝制御学」連続講義として、分子生物学の基礎技術を担当しております。医学部保健学科4年生の卒業研究実習の指導を行っています。さらに薬剤師の卒後教育を目的とし平成15年度は「遺伝子解析とTDMに基づく薬物治療の個別化」についての公開講座を開講しました。

ページの先頭へ移動する

臨床業務

当研究室は本学附属病院薬剤部との密接な連携のもと、医療に直結する患者さん毎に個別化した最適な薬物療法の確立を目標としています。患者さんにそれぞれ個性があるように、薬に対する反応性はそれぞれ異なります。我々は薬物代謝酵素の遺伝的多型解析を中心にADME全般についても研究し、より安全で効果的な薬物療法を追求しております。

ページの先頭へ移動する

社会貢献

薬剤師の卒後教育および一般の方々の教養講座として、平成15年度は「遺伝子解析とTDMに基づく薬物治療の個別化」についての公開講座を開講しました。
さらにH19年度は「一社会の期待に答える医療薬学を-」をメインテーマに第17回日本医療薬学会年会を開催し、医療薬学の発展と薬剤部の資質向上に寄与し、併せて3つの市民公開講座を開講して社会貢献に寄与致しました。
また、各スタッフは所属する国内外の学会や研究会への積極的な参加により、研究成果を広く社会に還元しています。

平成19年度市民公開講座
1.日本の医療の問題点と将来
2.進行がん患者として抗がん剤を語る
3.病気の子供とその家族を支える~小児がん治療の現場から~

ページの先頭へ移動する

業績

1. Rusdiana T, Araki T, Nakamura T, Subarnas A, Yamamoto K: Responsiveness to low-dose warfarin associated with genetic variants of VKORC1, CYP2C9, CYP2C19, and CYP4F2 in an Indonesian population. European Journal of Clinical Pharmacology 69(3):395-405, 2013

2. Obayashi K, Araki T, Nakamura K, Kurabayashi M, Nojima Y, Hara K, Nakamura T, Yamamoto K: Risk of Falling and Hypnotic Drugs: Retrospective Study of Inpatients. Drugs in R&D 36(8):1068-77, 2013

3. Ohno I, Araki T, Kawano M, Nakamura T, Yamamoto K: Sensitive and simple determination of vitamin K1 in human plasma by ultra-performance liquid chromatography coupled with a fluorescence detector. Journal of liquid chromatography & related technologies 36(8):1068-77, 2103

4. Nagano D, Araki T, Nakamura T, Yamamoto K: Determination of Intracellular Darunavir by Liquid Chromatography Coupled with Fluorescence Detection. Journal of Chromatographic Science In press

5. Fujita Y, Araki T, Okada Y, Aomori T, Shimizu R, Tomizawa T, Hiromura K, Nojima Y, Nakamura T, Yamamoto K: Analysis of cytochrome P450 gene polymorphism in a lupus nephritis patient in whom tacrolimus blood concentration was markedly elevated after administration of azole antifungal agents. Journal of Clinical Pharmacy and Therapeutics 38(1):74-6, 2013

6. Tomita H, Kadokami T, Momii H, Kawamura N, Yoshida M, Inou T, Fukuizumi Y, Usui M, Funakoshi K, Yamada S, Aomori T, Yamamoto K, Uno T, Ando S, On behalf of ATTACK-WF research group: Patient factors against stable control of warfarin therapy for Japanese non-valvular atrial fibrillation patients. Thrombosis Research 132(5):537-42, 2013

7. Hirooka-Masui K, Lesmana R, Iwasaki T, Xu M, Hayasaka K, Haraguchi M, Takeshita A, Shimokawa N, Yamamoto K, Koibuchi N: Interaction of silencing mediator for retinoid and thyroid receptors with steroid and xenobiotic receptor on multidrug resistance 1 promoter. Life Sci 92(17-19):911-5, 2013

8. Akiyoshi T, Ito M, Murase S, Miyazaki M, Guengerich FP, Nakamura K, Yamamoto K, Ohtani H: Mechanism-based inhibition profiles of erythromycin and clarithromycin with cytochrome P450 3A4 genetic variants: Drug Metabolism and Pharmacokinetics 28(5):411-5, 2013

9. Araki T, Takaai M, Miyazaki A, Ohshima S, Shibamiya T, Nakamura T, Yamamoto K: Clinical efficacy of two intravenous iron, saccharated ferric oxide and cideferron, for iron deficiency anemia. Pharmazie 67:1030-1032, 2012

10. Araki T, Yashima H, Shimizu K, Aomori T, Hashita T, Kaira K, Nakamura T, Yamamoto K: Review of the treatment of non-small-cell lung cancer with gefitinib. Clinical Medicine Insights: Oncology 6:407-421, 2012

11. Aomori T, Makino H, Sekizuka M, Araki T, Iizuka K, Nakamura T, Yamamoto K: Effect of ethanol contained in paclitaxel injection on the ethanol concentration in expiration. Drugs R&D 12(3):165-170, 2012

12. Hashita T, Katsuyama Y, Nakamura K, Momose Y, Komatsu D, Koide N, Miyagawa S, Nakamura T, Yamamoto K, Ohmori S: A patient with GIST modified dose by measurement of plasma concentration of sunitinib. Oncology Letters 4(3):501-504, 2012

13. Nagamine A, Takenaka M, Aomori T, Okada Y, Hiromura K, Nojima Y, Araki T, Nakamura T, Yamamoto K: Effect of genetic polymorphisms (TPMT, ITPA, IMPDH1, XO and MRP4) on the efficacy of low-dose azathioprine therapy in Japanese patients with systemic lupus erythematosus. Amer J Health-Sys Pharm 69(23):2072-2078, 2012

14. Nakamura K, Obayashi K, Araki T, Aomori T, Fujita Y, Okada Y, Kurabayashi M, Hasegawa A, Ohmori S, Nakamura T, Yamamoto K: CYP4F2 gene polymorphism as a contributor to warfarin maintenance dose in Japanese subjects. J. Clin. Pharmacy Ther 37(4):481-485, 2012

15. Achmad A, Hanaoka H, Yoshioka H, Yamamoto S, Tominaga H, Araki T, Ohshima Y, Oriuchi N, Endo K: Predicting cetuximab accumulation in KRAS wild-type and KRAS mutant colorectal cancer using 64Cu-labeled cetuximab positron emission tomography. Cancer Science 103:600-605, 2012

16. Arisawa M, Kasaya Y, Obata T, Sasaki T, Nakamura T, Araki T, Yamamoto K, Sasaki A, Yamano A, Ito M, Abe H, Ito Y, Shuto S: Design and synthesis of indomethacin analogues that inhibit P-glycoprotein and/or multi-drug resistant protein without Cox inhibitory activity. J Med Chem 55(18):8152-8163, 2012

17. Ogawa T, Nakamura T, Araki T, Yamamoto K, Shuto S, Arisawa M: Ruthenium-catalyzed cycloisomerization of 1,3-dienes, for example, an N-dienyl-2-vinylaniline derivative, leading to a 3-Exomethylene-2-vinyl indole derivative and its application to the synthesis of (±)- cinchonaminone. Eur J Organic Chemistry 16:3084-3087, 2012

18. Matsumoto N, Aomori T, Kanamoto M, Usui T, Shiga T, Yamamoto K, Saito S: Influence of hemodynamic variations on the pharmacokinetics of landiolol in patients undergoing cardiovascular surgery. Biol Pharm Bull 35(10):1655-1660, 2012

19. Nagai Y, Tanaka Y, Nakazato Y, Sugawara N, Arai M, Okada E, Koyama Y, Hinohara H, Yamamoto K, Kurabayashi M, Nojima Y, Ishikawa O: Autopsy case of delayed anaphylactic shock due to contrast medium. J Dermatol 39:852?854, 2012

ページの先頭へ移動する

沿革

1998年:堀内龍也教授、山本康次郎助教授、今野裕子助手、松本愛子秘書の体制で医学部 臨床薬理学講座
が発足
2003年:医学部が大学院に再編成され、器官代謝制御学講座 臨床薬理学分野に名称を変更
2008年:堀内教授の退官に伴い、山本康次郎教授、中村智徳准教授(2008年10月~)、中村克徳助教、
松本愛子主任の新体制でスタート
2009年:中村克徳助教の信州大学医学部附属病院准教授・副薬剤部長への栄転に伴い、助教に荒木拓也氏
が就任
2013年:中村智徳准教授の慶應義塾大学薬学部教授への栄転に伴い、准教授に荒木拓也氏が就任
現在に至る