群馬大学 大学院医学系研究科 医学部 医学科

本文ヘジャンプします
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

  • Home
  • 組織
  • 臨床医学領域 産科婦人科学講座
  • 産科婦人科学

臨床医学領域 産科婦人科学講座

産科婦人科学

産科婦人科学講座では、生殖生理学、周産期医学、婦人科腫瘍学について、主に分子生物学的手法を用いて、生理学的メカニズムおよび病態生理の解明を目指している。大学院生には、生体材料の基本的取扱からDNA、RNA、蛋白の抽出などを様々な実験目的に応じて適切に行えるよう指導すると共に、高度なアッセイ手法にも習熟することを目的として指導教育を行っている。ヒトFSHレセプター、LHレセプター遺伝子のクローニングに成功し、現在はその下流情報伝達系の解析、遺伝子変異と生殖内分泌疾患との関連について研究を行っている。

  • スタッフ
  • 研究と教育
  • 臨床業務
  • 社会貢献
  • 業績
  • 沿革

スタッフ

准教授 岸  裕司 医学博士
講 師 亀田 高志 医学博士
平川 隆史 医学博士
山下 宗一 医学博士
助 教 池田 禎智 医学博士
井上 真紀 医学博士
小暮佳代子 医学博士
星野 正道
北原 慈和 医学博士
西村 俊夫 医学博士
飯塚 円香
日下田大輔

ページの先頭へ移動する

研究内容

研究内容

生殖生理分野では、FSHレセプター、LHレセプターについて、その発現の機序及び情報伝達経路、レセプター異常と疾病(思春期早発症・早発閉経など)との関わり等について研究を行っている。
腫瘍学分野では、癌抑制遺伝子の変異や、病態関連遺伝子のクローニングを行っている。
周産期医学分野では、羊膜培養系を確立し、再生医療への基礎的研究を開始した。

教育業務

医学部:女性の生殖生理学、生殖内分泌学、妊娠・分娩の生理と病理、婦人科疾患について講義し、診断、治療法を理解する。内分泌学、病理学などの基礎医学をもとに、女性の生殖生理、病態などを理解し診断・治療を行えることを目的としている。

大学院:視床下部-下垂体-卵巣系でのホルモン相互作用を、分子レベルで理解することを目標とし、内分泌学的生体制御のメカニズムの検討を行っている。ホルモンの作用機序、ホルモンレセプターの発現調節またはレセプター構造と機能との関連の検討を行っている。

ページの先頭へ移動する

臨床業務

臨床医学では、生殖医療班、周産期医学班、婦人科腫瘍班に人員を配置し、患者さん一人一人に、最適かつ科学的な治療を行うことを心がけている。生殖医療では、顕微授精を含む体外受精・胚移植まで行える高度な医療水準にある。周産期医療では多胎妊娠、合併症妊娠、特に妊娠性糖尿病について最先端の医療水準にある。婦人科腫瘍の治療では、手術・化学療法・放射線治療を適切に組み合わせた集学的治療を行うと共に、患者さんのQOLを損なわない、侵襲の少ない医療もめざし臨床研究を行っている。泌尿器科、小児科、外科、内科、放射線科等との連携も密に行い、専門性の高い医療の統合化を心がけている。

ページの先頭へ移動する

社会貢献

日本産婦人科医会と合同の集談会、生殖医療研究会、骨粗鬆症研究会、婦人科癌セミナー、周産期医療研究会などを主催し、教育講演を行い、他大学から講師を招聘し、会員の医療技術や知識の研鑽に貢献している。
子宮癌二次検診への参加、県の医療連携に関しては、各病院との連携を中心的に取りまとめ、急性、慢性を問わず患者さんの必要に応じた治療が行えるような体制を整備している。

ページの先頭へ移動する

業績

Suwa H, Kishi H, Imai F, Nakao K, Hirakawa T, Minegish T. Retinoic acid enhances progesterone production via the cAMP/PKA signaling pathway in immature rat granulosa cells. Biochem Biophys Rep. 8:62-67, 2016

Oike T, Ohno T, Noda SE, Murata T, Hirakawa T, Hirato J, Furuya M, Sato H, Hirota Y, Minegishi T, Nakano T. Leptomeningeal metastasis of uterine cervical cancer 17 years after primary tumor treatment. Clin Case Rep. 4(1):54-61, 2016

Takayama Y, Matsumura N, Nobusawa S, Ikota H, Minegishi T, Yokoo H. Immunophenotypic features of immaturity of neural elements in ovarian teratoma. Virchows Arch. 468(3):337-343, 2015

Nishimura T, Nakamura K, Yamashita S, Ikeda S, Kigure K, Minegishi T. Effect of the molecular targeted drug, erlotinib, against endometrial cancer expressing high levels of epidermal growth factor receptor. BMC Cancer. 15(1):957, 2015

Nakao K, Kishi H, Imai F, Suwa H, Hirakawa T, Minegishi T. TNF-alpha Suppressed FSH-Induced LH Receptor Expression Through Transcriptional Regulation in Rat Granulosa Cells. Endocrinology. 156(9):3192-3202, 2015

Kaira K, Nakamura K, Hirakawa T, Imai H, Tominaga H, Oriuchi N, Nagamori S, Kanai Y, Tsukamoto N, Oyama T, Asao T, Minegishi T. Prognostic significance of L-type amino acid transporter 1 (LAT1) expression in patients with ovarian tumors. Am J Transl Res. 7(6):1161-1171, 2015

Sadakata H, Shinozaki H, Higuchi T, Minegishi T. Case of radioactive iodine exposure during pregnancy. J Obstet Gynaecol Res. 40(12):2201-2203, 2014.

Minegishi T, Sugino N, Ishihara O, Kitawaki J, Harada T, Murakami T: Annual report of Reproductive Endocrinology Committee, Japan Society of Obstetrics and Gynecology, 2013. J Obstet Gynaecol Res. 40:349-352, 2014

Iwamune M, Nakamura K, Kitahara Y, Minegishi T: MicroRNA-376a regulates 78-kilodalton glucose-regulated protein expression in rat granulosa cells. PLoS One. 9:e108997, 2014

Imai F, Kishi H, Nakao K, Nishimura T, Minegishi T: Interleukin-6 up-regulates the expression of rat luteinizing hormone receptors during granulosa cell differentiation. Endocrinology 155:1436-1444, 2014

Takano M, Ochi H, Takei Y, Miyamoto M, Hasumi Y, Kaneta Y, Nakamura K, Kurosaki A, Satoh T, Fujiwara H, Nagao S, Furuya K, Yokota H, Ito K, Minegishi T, Yoshikawa H, Fujiwara K, Suzuki M: Surgery for endometrial cancers with suspected cervical involvement: Is radical hysterectomy needed (a gotic study)? Br J Cancer 109:1760-1765, 2013

Nakao K, Nakamura K, Kiyohara H, Ohno T, Minegishi T: Ovarian function preserved by carbon-ion radiotherapy for alveolar soft-part sarcoma. Int J Gynaecol Obstet 123:165-166, 2013

Kogure K, Nakamura K, Ikeda S, Kitahara Y, Nishimura T, Iwamune M, Minegishi T: Glucose-regulated protein, 78-kilodalton as a modulator of luteinizing hormone receptor expression in luteinizing granulosa cells in rats. Biol Reprod 88:8, 2013

Kitahara Y, Nakamura K, Kogure K, Minegishi T: Role of microrna-136-3p on the expression of luteinizing hormone-human chorionic gonadotropin receptor mrna in rat ovaries. Biol Reprod 89:114, 2013

Abe Y, Marukawa R, Tsuru N, Sato M, Matsuda H, Sadakata H, Kameda T, Minegishi T: Gram-negative bacterial lipopolysaccharide stimulates activin a secretion from human amniotic epithelial cells. Int J Endocrinol 2013:6, 2013

Abe Y, Komatsubara M, Saito M, Toda M, Shinozaki H, Tamura T, Kasahara Y, Sadakata H, Minegishi T: Activin a is stimulated by tumor necrosis factor-alpha and modulates collagen gene expression in human amniotic cells. J Endocrinol Invest 36:515-520, 2013

Luvsandagva B, Nakamura K, Kitahara Y, Aoki H, Murata T, Ikeda S, Minegishi T: Grp78 induced by estrogen plays a role in the chemosensitivity of endometrial cancer. Gynecol Oncol 126:132-139, 2012

ページの先頭へ移動する

沿革

昭和19年 2月 5日~ 昭和25年 2月28日 清水直太郎教授
昭和25年 3月25日~ 昭和33年 1月31日 梅沢 実 教授
昭和33年 2月 1日~ 昭和47年10月19日 松本 清一 教授
昭和48年 3月16日~ 平成 3年 3月31日 五十嵐正雄教授
平成 3年12月 1日~ 平成12年 3月31日 伊吹 令人 教授
平成12年 8月 1日~ 平成29年 3月31日 峯岸 敬 教授