群馬大学 大学院医学系研究科 医学部 医学科

本文ヘジャンプします
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

  • Home
  • 組織
  • 臨床医学領域 泌尿器科学講座
  • 泌尿器科学

臨床医学領域 泌尿器科学講座

泌尿器科学

担当する分野は尿路・男性生殖器であり、前立腺を中心に膀胱、腎、精巣の悪性腫瘍を対象に専門的な治療を行うとともに、腎移植の体制を確立しています。
1) 前立腺癌の基礎的・臨床的研究で日本の中心的役割を担ってお
り、前立腺癌検診、早期診断、家族性前立腺癌、遺伝子解析等の
研究に実績があります。
2) 低侵襲治療として鏡下手術を上部尿路に対して積極的に行い、
県内での泌尿器腹腔鏡技術認定医の指導を行っています。
ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術も行っています。
3) 腎移植は、生体腎献腎移植ともに常時対応可能な体制が整備され
ています。
4) その他臨床面では、不妊治療、排尿機能、尿路感染症、性機能、
結石に対して専門外来を設け、多彩な疾患に対応しています。

  • スタッフ
  • 研究と教育
  • 臨床業務
  • 社会貢献
  • 業績
  • 沿革

スタッフ

教 授 鈴木 和浩 医学博士
准教授 伊藤 一人 医学博士
講 師 柴田 康博 医学博士
小池 秀和 医学博士
重粒子線医学センター講師 松井  博 医学博士
助 教 関根 芳岳 医学博士
野村 昌史 医学博士
新井 誠二 医学博士
周東 孝浩 医学博士
宮澤 慶行 医学博士
栗原 聰太
宮尾 武士
中山 紘史

ページの先頭へ移動する

研究内容

研究内容

1)前立腺組織内内分泌の基礎・臨床研究
2)家族性前立腺癌の臨床病理学的特徴解析および遺伝子解析
3)前立腺特異抗原(PSA)を使用した前立腺癌スクリーニング
4)前立腺癌に対する脂質代謝に関する基礎研究
5)前立腺癌に対するアポトーシス関連分子に関する基礎研究

教育業務

以下の研究テーマに関して参加し、研究手法について指導しています。
1) 前立腺癌の基礎研究①組織内内分泌②脂質代謝③遺伝子解析④アポトーシス関連分子
2) 前立腺癌検診の大規模多施設共同研究
3) 前立腺癌診断・予見因子に関する基礎的・臨床研究
4) 腎移植における基礎的な知識の習得と臨床的なマネージメント
5) 精巣腫瘍の治療方針・化学療法に関する基礎的・臨床的知識の取得

ページの先頭へ移動する

臨床業務

泌尿器科は群馬大学附属病院において外来と33病床の固有病床を持っています。1日50-100名の外来受診者があります。外来は一般泌尿器科外来以外に、専門外来として前立腺外来、膀胱腫瘍外来、腎腫瘍外来、精巣腫瘍外来、腎移植外来、性腺機能外来、男性更年期・性機能外来、排尿機能外来などを開いています。腎移植を積極的に行っており、日本臓器移植ネットワークシステムのもとで献腎移植を行っています。

ページの先頭へ移動する

社会貢献

社会貢献
1981年より前立腺検診を全国に先駆け導入し、以降地域の保健行政と連携し、前立腺癌検診に関する啓発活動、保健師を対象とした研修会を開催し、最適なシステムづくりに力を入れています。長年の前立腺癌検診システムの開発と普及に関する地域社会への貢献が評価され、2003年には「朝日がん大賞」(財団法人日本対がん協会主催)が、山中英壽教授に贈られております。

ページの先頭へ移動する

業績

1. Shibata Y, Arai S and Honma S. : Methodological approach to the intracrine study and estimation of DHEA and DHEA-S using liquid chromatography-tandem mass spectrometry (LC-MS/MS). J Steroid Biochem Mol Biol ; 145:193-199, 2015.

2. Suzuki K, Ozono S, Yamaguchi A, Koike H, Matsui H, Nagata M, Takubo T, Miyashita K, Matsushima T and Akaza H. : A phase 1 multiple-dose study of orteronel in Japanese patients with castration-resistant prostate cancer. Cancer Chemother Pharmacol ; 75(2):373-380, 2015

3. Suzuki K, Namiki M, Fujimoto T, Takabayashi N, Kudou K and Akaza H. : Efficacy and safety of leuprorelin acetate 6-month depot in prostate cancer patients: a Phase Ⅲ, randomized, open-label, parallel-group, comparative study in Japan. : Japanese J Clin Oncol ; 45(12):1168-1174, 2015.

4. Kato H, Sekine Y, Furuya Y, Miyazawa Y, Koike H and Suzuki K. : Metformin inhibits the proliferation of human prostate cancer PC-3 cells via the downregulation of insulin-like growth factor 1 receptor. Biochem Biophys Res Commun ; 461(1):115-121, 2015.

5. Miyazawa Y, Kato H, Arai S, Furuya Y, Sekine Y, Nomura M, Koike H, Matsui H, Shibata Y, Ito K and Suzuki K. : Clinical endocrinological evaluation of the gonadal axis(testosterone, LH and FSH) in prostate cancer patients switched from a GnRH antagonist to a LHRH agonsit. Basic and Clinical Andrology ; 25:7, 2015.

6. Koike H, Nitta T, Sekine Y, Arai S, Furuya Y, Nomura M, Matsui H, Shibata Y, Ito K, Oyama T and Suzuki K. : YM155 reverses rapamycin resistance in renal cancer by decreasing survivin. J Cancer Res Clin Oncol ; 140(10):1705-1713, 2014.

7. Ito K. : Prostate cancer in Asian men. Nature Reviews Urology : 11(4):197-212, 2014.

8. Ito K, Fujizuka Y, Ishikura K and Cook B. : Next-generation prostate-specific antigen test: precursor form of prostate-specific antigen. Int J Clin Oncol ; 19(5):782-792, 2014.

9. Arai S, Matsui H, Ohki R, Miyazawa Y, Koike H, Hashita T, Katsuyama Y, Sekine Y, Nomura M, Shibata Y, Hatori M, Ito K, Yamamoto K, Ohmori S and Suzuki K. : Suicide attempt with an overdose of sunitinib. : Br J Clin Pharmacol; 78(4):933-935, 2014.

10. Tamura Y, Ohki K, Nishii M, Ohtuka Y, Miyakubo M, Nomura M, Ito K, Suzuki K and Suzuki K. : Clinicopathological features and outcomes of prostate cancer patients detected using Ningen dock(annual health check-up)system and population-based screening in rural area of Japan. Ningen Dock International; 2(1):27-34, 2014.

11. Magari T, Shibata S, Arai S, Kashiwagi B, Suzuki K and Suzuki K. : Time-dependent effects of castration on the bladder function and histological changes in the bladder and blood vessels. Asian J Androl; 16(3):457-460, 2014.

12. Arai S, Shibata Y, Nakamura Y, Kashiwagi B, Uei T, Tomaru Y, Miyashiro Y, Honma S, Hashimoto K, Sekine Y, Ito K, Sasano H and Suzuki K.: Development of prostate cancer in a patient with primary hypogonadism : intratumoural steroidogenesis in prostate cancer tissue.. Andrology; 1(1):169-174, 2013.

13. Ito K, Miyakubo M, Sekine Y, Koike H, Matsui H, Shibata Y and Suzuki K.: Diagnostic significance of [-2]pro-PSA and prostate dimension-adjusted PSA-related indices in men with total PSA in the 2.0-10.0ng/ml range. World J Urol; 31(2):305-311, 2013.

14. Koike H, Matsui H, Morikawa Y, Shibata Y, Ito K and Suzuki K.: Simple method for preventing inguinal hernias after radical retropubic prostatectomy.. Prostate Int; 1(2):1-5, 2013.

15. Koike H, Morikawa Y, Matsui H, Shibata Y, Ito K and Suzuki K.: Chlormadinone acetate is effective for hot flush during androgen deprivation therapy.. Prostate Int; 1(3):1-4, 2013.

16. Shibata Y, Suzuki K, Arai S, Miyoshi Y, Umemoto S, Masumori N, Kamiya N, Ichikawa T, Kitagawa Y, Mizokami A, Sugimura Y, Nonomura N, Sakai H, Honma S and Kubata Y.: Impact of pre-treatment prostate tissue androgen content on the prediction of castration-resistant prostate cancer development in patients treated with primary androgen deprivation therapy.. Andorology; 1(3):505-511, 2013.

17. Syuto T, Hatori M, Nomura M, Sekine Y and Suzuki K.: Chronic expanding hematoma in the retroperitoneal space:a case report. BMC Urology; 13:60, 2013.

18. Hirono M, Kobayashi Y, Tsushima T, Obara W, Shinohara N, Ito K, Eto M, Takayama T, Fujii Y, Nishikido M, Kimura G, Kishida T, Takahashi M, Miyao N, Naya Y, Abe T, Fujioka T, Ito K, Naito S and Members of the Japanese Society of Renal Cancer: Impact of clinicopathologic and operative factors on short-term and long-term survival in renal cell carcinoma with venous tumor thrombus extension:a multi-institutional retrospective study in Japan.,BMC Cancer; 34:447, 2013.

19. Magari T, Fukabori Y, Ogura H and Suzuki K.: Lower urinary tract symptoms of neurological origin in urological practice.. Clin Auton Res; 23(2):67-72, 2013.

20. Muramatsu K, Matsui H, Sekine Y, Koike H, Shibata Y, Ito K and Suzuki K.: Androgen receptor coactivator p120 subtypeβ is highly expressed in prostate cancer.. Prostate Int; 1(1):10-15, 2013.

ページの先頭へ移動する

沿革

初代主任教授:志田圭三先生(1961~1983年):群馬大学泌尿器科学講座新設。活性型テストステロン・5α還元酵素に関する基礎的研究を開始

第2代主任教授:山中英壽(1984年~2004.3):前立腺癌検診、早期診断、家族性前立腺癌の臨床的な特性の解析等の研究を手がける

第3代主任教授:鈴木和浩(2004.4~):前立腺疾患の病態生理を分子生物学的に解析し、特に前立腺癌の遺伝子解析や組織内内分泌をテーマに基礎研究を行う。前立腺癌や精巣腫瘍などの悪性腫瘍や男性更年期障害や男性機能障害などの臨床と基礎研究の融合を目指す

学会主催:第69回日本泌尿器科学会総会(1981年)、第68回日本泌尿器科学会東部総会(1968年)、第4回日本腎泌尿器疾患予防医学研究会(1995 年)、第63回日本泌尿器科学会東部総会(1998年)、第20回日本腎泌尿器疾患予防医学研究会(2011年)、第13回関東ホルモンと癌研究会(2013年)、第35回日本アンドロロジー学会学術大会(2016年)

主な受賞:1980年日本医師会医学賞(臨床部門)「アンチアンドロジェンの基礎的、臨床的研究」(志田圭三教授)、2003年朝日がん大賞「前立腺がん集団検診システムの開発と普及」(山中英壽教授)

研究実績:12年度~ 厚生労働省がん研究助成金主任研究者(山中英壽教授)