群馬大学 大学院医学系研究科 医学部 医学科

本文ヘジャンプします
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

  • Home
  • 組織
  • 基礎・基盤医学領域 生体構造学講座
  • 生体構造学

基礎・基盤医学領域 生体構造学講座

生体構造学

当分野では生体の構造と機能を細胞レベル、細胞小器官レベル、分子レベルで解明することを目指しています。教授 松崎利行は2010年4月に着任し、細胞膜に分布する膜タンパク質の解析を中心テーマに据え、研究しています。形態学・組織化学を基盤として、通常の光学顕微鏡はもとより、電子顕微鏡、共焦点顕微鏡などの様々なバイオイメージングの手法を活用しています。遺伝子操作をはじめとする分子生物学的、細胞生物学的手法も積極的に取り入れて、多方面からのアプローチによる研究を進めています。解剖学、細胞生物学教育においても、このような生体構造の重要性を強調しながら教育にあたっています。

  • スタッフ
  • 研究と教育
  • 臨床業務
  • 社会貢献
  • 業績
  • 沿革

スタッフ

教 授 松崎 利行(医学博士)
准教授
講 師 向後  寛(理学博士)
講 師 向後 晶子(理学博士)

ページの先頭へ移動する

研究内容

研究内容

生命の基本単位である細胞は、細胞膜で囲まれています。細胞が生きていくためには細胞膜を介しての細胞内外での物質のやり取りが必ず必要となります。細胞膜を透過できない物質に関しては、チャネルやトランスポーターを介した輸送が必要となります。私たちの研究室では、このような細胞膜のチャネルや輸送体に注目した研究を進めています。なかでも現在は、細胞膜の水チャネルであるアクアポリンを中心に解析を進めています。アクアポリンは哺乳類では現在までに13のアイソフォームが同定されています。私たちはアイソフォーム特異的な抗体を作製し、生体内分布の全容を明らかにし、生体内の水代謝機構の解明につなげようとしています。また個々のアイソフォームについては、細胞生物学的にさらに詳細な解析を進めています。例えば、アクアポリン2は腎臓の集合管細胞に存在し、バソプレッシンの調節下に細胞内移送をすることで尿量の調節をおこなっていますが、その複雑な調節機構の解明を進めています。
研究手法としては、電子顕微鏡、蛍光顕微鏡、共焦点レーザー顕微鏡などをもちいた形態学的手法を基盤として、分子細胞生物学的なアプローチも積極的に取り入れて解析を進めています。

教育業務

・生体構造学(大学院・博士・修士)
・大学院での実験、論文作成指導
・医学基礎教育における細胞生物学関係分野の分担
・チュートリアル教育(論文作成、臨床)
・選択基礎医学実習
・神経解剖学(講義、実習)
・組織学(講義、実習)
・細胞生物学
・教養教育

ページの先頭へ移動する

臨床業務

(該当する業務はありません)

ページの先頭へ移動する

社会貢献

公開講座等の補助をおこなっている。

ページの先頭へ移動する

業績

Susa T, Sawai N, Aoki T, Iizuka-Kogo A, Kogo H, Negishi A, Yokoo S, Takata K and Matsuzaki T: Effects of repeated administration of pilocarpine and isoproterenol on aquaporin-5 expression in rat salivary glands.  Acta Histochem Cytochem, 46: 187-197, 2013.

Takahashi S, Tomioka M, Sakairi T, Hamatani H, Watanabe M, Ikeuchi H, Kaneko Y, Maeshima A, Aoki T, Ohnishi H, Matozaki T and Nojima Y: SIRPα signaling regulates podocyte structure and function.  Am J Physiol Renal Physiol, 305: F861-870, 2013.

Takahashi S, Hiromura K, Tsukida M, Ohishi Y, Hamatani H, Sakurai N, Sakairi T, Ikeuchi H, Kaneko Y, Maeshima A, Kuroiwa T, Yokoo H, Aoki T, Nagata M and Nojima Y: A novel case of nephrotic syndrome caused by immune-mediated acquired LCAT deficiency. J Am Soc Nephrol, 24: 1305-1312, 2013.

松崎利行,高田邦昭.蛍光抗体法の基礎から応用まで.組織細胞化学2013(日本組織細胞化学会編),日本組織細胞化学会,京都:pp17-31,2013

Hagiwara K, Shinozaki T, Matsuzaki T, Takata K, Takagishi K.  Immunolocalization of water channel aquaporins in human knee articular cartilage with intact and early degenerative regions.  Med Mol Morphol 46: 104-108, 2013.

Sawai N, Iijima N, Takumi K, Matsumoto K and Ozawa H: Immunofluorescent histochemical and ultrastructural studies on the innervation of kisspeptin/neurokinin B neurons to tuberoinfundibular dopaminergic neurons in the arcuate nucleus of rats. Neurosci Res, 74: 10-16, 2012.

Ozawa H, Sawai N, Iwata K, Takumi K and Iijima N: Regulation of tuberoinfundibular dopamine (TIDA) neurons by kisspeptin neurons. J Nippon Med Sch, 79: 168-169, 2012.

Matsuzaki T, Susa T, Shimizu K, Sawai N, Suzuki T, Aoki T, Yokoo S and Takata K: Function of the membrane water channel aquaporin-5 in the salivary gland. Acta Histochem Cytochem, 45: 251-259, 2012.

Rice WL, Zhang Y, Chen Y, Matsuzaki T, Brown D nad Lu HAJ: Differential, Phosphorylation dependent trafficking of AQP2 in LLC-PK1 Cells. PLoS One, 7: e32843, 2012.

Aoki T, Suzuki T, Hagiwara H, Kuwahara M, Sasaki S, Takata K and Matsuzaki T. Close association of aquaporin-2 internalization with caveolin-1. Acta Histochem Cytochem 45: 139-146, 2012.

Niu D, Kondo T, Nakazawa T, Kawasaki T, Yamane T, Mochizuki K, Kato Y, Matsuzaki T, Takata K and Katoh R. Differential expression of aquaporins and its diagnostic utility in thyroid cancer. PLoS ONE 7: e40770, 2012.

松崎利行,青木武生,澤井信彦,小澤一史,高田邦昭.免疫電子顕微鏡法の基礎と応用.組織細胞化学2012(日本組織細胞化学会編),日本組織細胞化学会,京都:pp193-202,2012

Matsuzaki T, Inahata Y, Sawai N, Yang CY, Kobayashi M, Takata K, Ozawa H. Immunohistochemical localization of the water channels AQP4 and AQP5 in the rat pituitary gland. Acta Histochem Cytochem 44: 259-266, 2011.

Li W, Zhang Y, Bouley R, Chen Y, Matsuzaki T, Nunes P, Hasler U, Brown D, Lu HAJ. Simvastatin enhances aquaporin 2 surface expression and urinary concentration in vasopressin deficient Brattleboro rats through modulation of Rho GTPase. Am J Physiol Renal Physiol 301: F309-F318, 2011.

Ikeda M, Andoo A, Shimono M, Takamatsu N, Taki A, Muta K, Matsushita W, Uechi T, Matsuzaki T, Kenmochi N, Takata K, Sasaki S, Ito K, Ishibashi K. The NPC motif of aquaporin-11, unlike the NPA motif of known aquaporins, is essential for full expression of molecular function. J Biol Chem 286: 3342-3350, 2011.

Matsuzaki T, Hata H, Ozawa H, Takata K. Immunohistochemical localization of the aquaporins AQP1, AQP3, AQP4, and AQP5 in the mouse respiratory system. Acta Histochem Cytochem 42: 159-169, 2009.

松崎利行,高田邦昭,小澤一史.腎臓と唾液腺における細胞膜水チャネル,アクアポリン.顕微鏡 44:111-116,2009.

Iida Y, Matsuzaki T, Morishima T, Sasano H, Asai K, Sobue K, Takata K. Localization of reversion-induced LIM protein (RIL) in the rat central nervous system. Acta Histochem Cytochem 42: 9-14, 2009.

Hagiwara H, Ohwada N, Aoki T, Suzuki T & Takata K : The primary cilia of
secretory cells in the human oviduct mucosa. Med Mol Molph 41: 193-198,
2009.

Hagiwara H, Ohwada N, Aoki T, Suzuki T & Takata K : Immunohistochemical and
electron microscopic observations of stromal cells in the human oviduct
mucosa. Med Mol Molph 41: 221-226, 2009.

Shiba D, Yamaoka Y, Hagiwara H, Takamatsu T, Hamada H &, Yokoyama T :
Localization of Inv in a distinctive intraciliary compartment requires the
C-terminal ninein-homolog-containing region. J Cell Sci. 122: 44-54, 2009.

Omran H, Kobayashi D, Olbrich H, Tsukahara T, Loges NT, Hagiwara H, Zhang
Qi, Leblond G, O’Toole E, Hara C, Mizuno H, Kawano H, Fliegau M, Yagi T,
Koshida S, Miyawaki A, Zentgraf H, Seithe H, Reinhardt R, Watanabe Y, Kamiya
R, Mitchell DR & Takeda H: Ktu/PF13 is required for cytoplasmic pre-assembly
of axonemal dyneins. Nature 456: 611-616, 2008.

Takata K, Matsuzaki T, Tajika Y, Ablimit A & Hasegawa T : Localization and
trafficking of aquaporin 2 in the kidney. Histochem Cell Biol 130: 197-209,
2008.

Ablimit A, Aoki T, Matsuzaki T, Suzuki, Hagiwara H, Takami S & Takata K.
Immunolocalization of water channel aquaporins in the vomeronasal organ of
the rat. Expression of AQP4 in neuronal sensory cells. Chemical Senses 33:
481-488, 2008.

Tanaka Y, Imai H, Konno K, Miyagishima T, Kubota C, Puentes S., Aoki T.,
Hata H, Takata K, Yoshimoto Y & Saito N. Experimental model of lacunar
infarction in the gyrencephalic brain of the miniature pig: Neurological
assessment and histological, immunohistochemical, and physiological
evaluation of dynamic corticospinal tract deformation : Stroke 39: 205-213,
2008.

Suzuki T, Matsuzaki T, Hagiwara H, Aoki T & Takata K : Recent advance on
fluorescent labeling technique for fluorescence microscopy. Acta Histochem
Cytochem 40: 131-137, 2007.

Aoki T, Hagiwara H, Matsuzaki T, Suzuki T & Takata K : Internalization of
caveolae and their relationship with endosomes in cultured human and mouse
endothelial cells. Anat Sci Int, 82: 82-97, 2007.

Hasegawa T, Matsuzaki T, Tajika Y, Ablimit A, Suzuki T, Aoki T, Hagiwara H,
Takata K: Differential localization of aquaporin-2 and glucose transporter 4
in polarized MDCK cells. Histochem Cell Biol 127: 233-241, 2007.

Hagiwara H, Tajika Y, Matsuzaki T, Suzuki T, Aoki T, Takata K: Localization
of Golgi 58K protein (formiminotransferase cyclodeaminase) to the
centrosome. Histochem Cell Biol 126, 251-259, 2006.

Ablimit A, Matsuzaki T, Tajika Y, Aoki T, Hagiwara H & Takata K:
Immunolocalization of water channel aquaporins in the nasal olfactory
mucosa. Arch Histol Cytol 69, 1-12, 2006.

ページの先頭へ移動する

沿革

昭和18年 解剖学教室の開設。新島迪夫教授が解剖学を担当。
昭和22年 新島教授の東京医科歯科専門学校への転任にともない、伊東俊夫教授が東京女子医学専門学校から赴任。
昭和27年 解剖学第二講座増設にともない、解剖学第一講座となり引き続き伊東教授が担当。
昭和35年 本教室初の大学院医学研究科課程修了者として、渡仲三、渡辺昭両氏が学位を取得。
昭和45年 伊東教授の定年退官にともない、柴崎晋教授が教室を主宰。
昭和54年 伊東名誉教授が、脂肪貯蔵細胞(伊東細胞)研究により日本学士院賞を受賞。
平成7年 柴崎教授の定年退官にともない、藤本豊士教授が京都大学から赴任。
平成12年 藤本教授の名古屋大学への転任にともない、高田邦昭教授が群馬大学生体調節研究所教授から赴任。
平成15年 大学院講座化により、解剖学第一講座は、器官代謝制御学大講座のなかの生体構造解析学分野となる。
平成22年 高田教授の群馬大学長就任にともない、松崎利行教授が日本医科大学から赴任、現在に至る。