群馬大学 大学院医学系研究科 医学部 医学科

本文ヘジャンプします
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

  • Home
  • 組織
  • 基礎・基盤医学領域 応用生理学講座
  • 応用生理学

基礎・基盤医学領域 応用生理学講座

応用生理学

応用生理学分野の英文名称は”Department of Integrative Physiology”であり、この名称が本教室の特徴を良くあらわしている。本教室では脳機能的発達や生体代謝に及ぼす環境因子の影響、特に甲状腺ホルモン,ステロイド ホルモンなど低分子脂溶性ホルモン受容体を介する情報伝達系への作用を解析している。実験は、分子生物学的手法から動物の行動解析まで幅広い手法を用い、 物質の動態から動物個体の行動まで、システム全体を統合的(Integrative)に理解する事を目標にしている。常時本教室にて研究に従事してる大学院生、多くのMD-PhDコースの学生や他の学部学生等が研究活動をしており、活気に溢れた研究室である。

  • スタッフ
  • 研究と教育
  • 臨床業務
  • 社会貢献
  • 業績
  • 沿革

スタッフ

教 授 鯉淵 典之 博士(医学)
講 師 高鶴 裕介 博士(医学)
講 師 宮崎 航 博士(医学)
助 教 配島 旭 博士(行動科学)
助 教 天野 出月 博士(医学)

ページの先頭へ移動する

研究内容

研究内容

本教室では脳の機能的発達や生体代謝に及ぼす環境因子の影響を統合的に解析している。特に甲状腺ホルモン、ステロイドホルモンなど低分子脂溶性ホルモン系を介する作用の研究を進めている。研究は動物を用いたin vivo実験と培養細胞などを用いたin vitro研究を並行して実施している。具体的には次のような研究を行っている。
1)ホルモンなどの液性因子による脳発達機構の解析
2)液性因子を介する脳発達機構における内分泌かく乱物質の影響の解析
3)ホルモンや液性因子による臓器の機能維持と環境適応機構

教育業務

医学部学生に対しては,2年次に神経生理学分野と共同で生理学の講義・実習を担当している。また,一年次に生物学未履修者に対し,生物学入門を担当し,二年次に進化・生態学を担当している。また,二年次の医学研究発表チュートリアルでは実施要項の作成から携わり,積極的に学生を受け入れて指導している。その 一方で,主要症候と病態生理の講義の約1/3を担当し,基礎医学と臨床医学の橋渡し的な役割も果たしている。大学院学生に対しては,器官機能制御学講座の連続講義の一部を担当している。

ページの先頭へ移動する

臨床業務

(該当する業務はありません)

ページの先頭へ移動する

社会貢献

1 群馬県教育委員会と共に保健体育教諭やスポーツ指導者に対し,熱中症についての講義を実施。また,熱中症予防のポスターを同委員会や県医師会と共に作成した。
2 スーパーサイエンスハイスクール事業に参加し、生徒を本学に招き生命科学の講義及び実習を実施。
3 世界脳週間事業に参加し,高校生に対し神経科学の講演会を企画し,また,簡単な実験指導を実施。
4 日本学術振興会 ひらめき☆ときめきサイエンス KAKENHIのプログラムに参加。中学生に対し神経科学の講演会を企画し,また,簡単な実験指導を実施。

ページの先頭へ移動する

業績

1. Amano I, Takatsuru Y, Toya S, Haijima A, Iwasaki T, Grasberger H, Refetoff S, Koibuchi N. Aberrant Cerebellar Development in Mice Lacking Dual Oxidase Maturation Factors.  Thyroid. 2016 May;26(5):741-52.

2. Vargas D, Shimokawa N, Kaneko R, Rosales W, Parra A, Castellanos Á, Koibuchi N, Lizcano F. Regulation of human subcutaneous adipocyte differentiation by EID1. J Mol Endocrinol. 2016 Feb;56(2):113-22.

3. Ichinose T, Yamamoto A, Kobayashi T, Shitara H, Shimoyama D, Iizuka H, Koibuchi N, Takagishi K. Compensatory hypertrophy of the teres minor muscle after large rotator cuff tear model in adult male rat. J Shoulder Elbow Surg. 2016 Feb;25(2):316-21.

4. Tsunoda D, Iizuka H, Ichinose T, Iizuka Y, Mieda T, Shimokawa N, Takagishi K, Koibuchi N.
The Trk family of neurotrophin receptors is downregulated in the lumbar spines of rats with congenital kyphoscoliosis. Mol Cell Biochem. 2016 Jan;412(1-2):11-8.

5. Yu L, Iwasaki T, Xu M, Lesmana R, Xiong Y, Shimokawa N, Chin WW, Koibuchi N.
Aberrant cerebellar development of transgenic mice expressing dominant-negative thyroid hormone receptor in cerebellar Purkinje cells. Endocrinology. 2015 Apr;156(4):1565-76.

6. Takatsuru Y, Nabekura J, Ishikawa T, Kohsaka S, Koibuchi N. Early-life stress increases the motility of microglia in adulthood.  J Physiol Sci. 2015 Mar;65(2):187-94.

7. Shimokawa N, Koibuchi N. Downregulation of receptor tyrosine kinases through ubiquitination: analysis by immunodetection. Methods Mol Biol. 2015;1233:121-33.

8. Toya S, Takatsuru Y, Kokubo M, Amano I, Shimokawa N, Koibuchi N. Early-life-stress affects the homeostasis of glutamatergic synapses. Eur J Neurosci. 2014 Dec;40(11):3627-34.

9. Shimokawa N, Yousefi B, Morioka S, Yamaguchi S, Ohsawa A, Hayashi H, Azuma A, Mizuno H, Kasagi M, Masuda H, Jingu H, Furudate SI, Haijima A, Takatsuru Y, Iwasaki T, Umezu M, Koibuchi N. Altered cerebellum development and dopamine distribution in a rat genetic model with congenital hypothyroidism. J Neuroendocrinol. 2014 Mar;26(3):164-75.

10. Ichinose T, Lesmana R, Yamamoto A, Kobayashi T, Shitara H, Shimoyama D, Takatsuru Y, Iwasaki T, Shimokawa N, Takagishi K, Koibuchi N.  Possible involvement of IGF-1 signaling on compensatory growth of the infraspinatus muscle induced by the supraspinatus tendon detachment of rat shoulder. Physiol Rep. 2014 Jan 13;2(1):e00197.

11. Xu M, Iwasaki T, Shimokawa N, Sajdel-Sulkowska EM, Koibuchi N. The effect of low dose lipopolysaccharide on thyroid hormone-regulated actin cytoskeleton modulation and type 2 iodothyronine deiodinase activity in astrocytes.  Endocr J. 2013 Nov 29;60(11):1221-30.

12. Xu M, Sulkowski ZL, Parekh P, Khan A, Chen T, Midha S, Iwasaki T, Shimokawa N, Koibuchi N, Zavacki AM, Sajdel-Sulkowska EM.  Effects of perinatal lipopolysaccharide (LPS) exposure on the developing rat brain; modeling the effect of maternal infection on the developing human CNS. Cerebellum. 2013 Aug;12(4):572-86.

13. Takatsuru Y, Nabekura J, Koibuchi N. Contribution of neuronal and glial circuit in intact hemisphere for functional remodeling after focal ischemia. Neurosci Res. 2013 Jul 26.

14. Xu M, Sajdel-Sulkowska EM, Iwasaki T, Koibuchi N. Aberrant cerebellar neurotrophin-3 expression induced by lipopolysaccharide exposure during brain development. Cerebellum. 2013 Jun;12(3):316-8.

15. Koibuchi N. The role of thyroid hormone on functional organization in the cerebellum. Cerebellum. 2013 Jun;12(3):304-6.

16. Takatsuru Y, Nabekura J, Koibuchi N. Activity of the layer II/III neurons in the somatosensory cortex (SSC) plays a critical role on functional recovery after focal stroke in the contralateral SSC. Neurosci Lett. 2013 May 24;543:168-71.

17. Hirooka-Masui K, Lesmana R, Iwasaki T, Xu M, Hayasaka K, Haraguchi M, Takeshita A, Shimokawa N, Yamamoto K, Koibuchi N.  Interaction of silencing mediator for retinoid and thyroid receptors with steroid and xenobiotic receptor on multidrug resistance 1 promoter. Life Sci. 2013 May 20;92(17-19):911-5.

18. Takatsuru Y, Eto K, Kaneko R, Masuda H, Koibuchi N, Nabekura J. Critical role of the astrocyte for functional remodeling in contralateral hemisphere of somatosensory cortex after stroke. (NK & JN equal contribution) J Neurosci. 2013 Mar 13;33(11):4683-92.

19. Xu M, Sulkowski ZL, Parekh P, Khan A, Chen T, Midha S, Iwasaki T, Shimokawa N, Koibuchi N, Zavacki AM, Sajdel-Sulkowska EM. Effects of Perinatal Lipopolysaccharide (LPS) Exposure on the Developing Rat Brain; Modeling the Effect of Maternal Infection on the Developing Human CNS. Cerebellum. 2013 Mar 9.

20. Lesmana R, Shimokawa N, Takatsuru Y, Iwasaki T, Koibuchi N. Lactational exposure to hydroxylated polychlorinated biphenyls (OH-PCB 106) causes hyperactivity in male rat pups by aberrant increase in dopamine and its receptor Environ ToxicolEnviron Toxicol. 2012 Sep 20.

21. Shimokawa N, Haglund K, Holter SM, Grabbe C, Kirkin V, Koibuchi N, Schulz C, Rozman J, Hoeller D, Qiu CH, Londono MB, Ikezawa J, Jedlicka P, Stein B, Schwarzacher SW, Wolfer DP, Ehrhardt N, Heuchel R, Nezis I, Brech A, Schmidt MH, Fuchs H, Gailus-Durner V, Klingenspor M, Bogler O, Wurst W, Deller T, de Angelis MH, Dikic I.  CIN85 regulates dopamine receptor endocytosis and governs behavior in mice.  EMBO J 29: 2421-2432, 2010

ページの先頭へ移動する

沿革

1943年5月 前橋医專生理学教室として開講 主任:奥保男教授
就任後,思想関係で検挙・拘留。戦後帰任されたが代議士立候補し落選後に退職。
1945年10月 終戦後 松本政雄教授が主任教授として東京医学歯学専門学校(現東京医科歯科大学)より着任した。松本教授は以降1974年3月まで主任教授をつとめた。
1948年 前橋医大生理学教室へ改組
1950年 群馬大学医学部生理学教室へ改組
1954年 生理学は二講座制となり本教室は第一生理学教室となった。松本教授は神経細胞の興奮性膜の非生物学的材料による実験モデル確立と膜興奮のメカニズム解析を研究し,多くの業績を残した。
1974年4月 三浦光彦教授が千葉大学医学部より着任した。以降1999年3月まで主任教授をつとめた。三浦教授は脳幹循環中枢の局在と機能,呼吸中枢の研究を実施。電気生理,形態学,分子生物学など種々の手法を用いて研究を進め,この分野の第一人者となった。
2001年4月 鯉淵典之教授(群馬大学医学部昭和60年卒)獨協医科大学より着任,現在も主任教授をつとめている。鯉淵教授着任に伴い,教室の研究テーマを環境生理に変更した。
2003年4月 群馬大学医学部の改組に伴い大学院医学系研究科・医科学専攻・代謝機能制御系・器官機能制御学講座・器官機能学分野に改称した。
2008年4月 分野名を応用生理学分野へ変更
現在、活発に研究を展開中である。
また、医学教育、社会貢献も積極的におこなっている。