群馬大学 大学院医学系研究科 医学部 医学科

本文ヘジャンプします
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

  • Home
  • 組織
  • 臨床医学領域 整形外科学講座
  • 整形外科学

臨床医学領域 整形外科学講座

整形外科学

整形外科学は人の日常生活の質(quality of life)に直結する四肢体幹の骨、関節、筋肉、靭帯、神経など運動器の障害の病態解明および診断、治療を研究する学問です。
現在、1)関節疾患の病態解明 2)骨軟部腫瘍の診断と治療 3)脊椎疾患の診断と治療 4)成長期スポーツ障害 5)超高齢化社会における運動器疾患の治療などをテーマとし、診療および研究活動を行っています。

  • スタッフ
  • 研究と教育
  • 臨床業務
  • 社会貢献
  • 業績
  • 沿革

スタッフ

教 授 筑田 博隆 医学博士
准教授 飯塚  伯 医学博士
講 師 柳川 天志 医学博士
飯塚 陽一 医学博士
助 教 田鹿  毅 医学博士
岡邨 興一 医学博士
米本 由木夫 医学博士
  設楽  仁 医学博士
大澤 貴志 医学博士
齋藤 健一 医学博士
喜多川 孝欽

ページの先頭へ移動する

研究内容

研究内容

脊椎脊髄 ;  上位頸椎に関する臨床研究、頸椎神経根の解剖学的検討
上 肢 ;  肩関節疾患の病態解明、手根管症候群の超音波診断の研究
関節リウマチ; 関節リウマチの画像的解析、血清マーカーの解析
骨軟部腫瘍;  腫瘍転移に関わる分子autocrine motility factor (AMF)の機能解析、
リンパ節転移を来した軟部悪性腫瘍の検討
股関節 ;  股関節装具の有用性に関する研究、
股関節変性疾患における血液生化学的および骨代謝に関する研究
膝関節 ;  ナビゲーションシステムを用いた人工膝関節置換術における靭帯バランスの評価、
FDG-PETを用いた人工膝関節置換術前後における膝関節周囲筋の筋代謝に関する研究

教育業務

医学部教育
1)講義; 4年生の系統講義、6年生の臨床病態講義を受け持っています。
2)臨床実習; 5年生の臨床実習、選択実習を受け持っています。
3)研修会; スポーツ医学研究会などの研究会・研修会を開き、学生に研究発表の場を与えています。
大学院教育
1)講義; 基礎実習講義を受け持ち、院生に実験の基本手技を講義しています。
2)研究; 担当教官がテーマを提示して院生とともに実験を行っています。
3)報告会; 年に1から2回の報告会を開き、教室全体で研究内容に関して討論しています。

ページの先頭へ移動する

臨床業務

整形外科は各専門領域に細分化されていますが、当科では一般的な整形外科疾患にとどまらず、全ての整形外科疾患に対して専門外来をもうけ、最高水準の医療を提供することを目指しています。
患者様の痛みや機能障害を取り除き、一日も早く日常生活に復帰して頂くために、医師と患者間で理解し合い十分に納得して頂いた上で治療を行っていくことを心がけています。

ページの先頭へ移動する

社会貢献

片品村運動器健診
高校野球メディカルサポート
高校野球投手に対するメディカルチェック
少年野球選手に対するメディカルチェック
ザスパ草津チームドクター
群馬リウマチネットワーク(GRN)の運営

ページの先頭へ移動する

業績

Monitoring bone and soft-tissue tumors after carbon-ion radiotherapy using ¹⁸F-FDG positron emission tomography: a retrospective cohort study. Yanagawa T, Saito K, Kiyohara H, Ohno T, Nakano T, Takagishi K. Radiat Oncol. 2015 Dec 21;10:259.

The Effect of Obesity and Being Overweight on Disability and Pain after Lumbar Fusion: An Analysis of 805 Patients. Sorimachi Y, Neva MH, Vihtonen K, Kyrölä K, Iizuka H, Takagishi K, Häkkinen A. Spine (Phila Pa 1976). 2015 [Epub ahead of print]

Clinical and sonographic study of elbow injuries among young baseball players. Tajika T, Kobayashi T, Yamamoto A, Kaneko T, Shitara H, Shimoyama D, Iizuka Y, Okamura K, Yonemoto Y, Warita T, Ohsawa T, Nakajima I, Iizuka H, Takagishi K. J Orthop Surg (Hong Kong) 2015 [Epub ahead of print]

Relationship between humeral torsion angle and shoulder range of motion among juvenile baseball players. Yamamoto A, Kobayashi T, Tajika T, Shitara H, Kaneko T, Ichinose T, Shimoyama D, Osawa T, Takagishi K. Sports Orthop. Traumatol. 31:182-187. 2015.

Association between neck and shoulder pain, back pain, low back pain and body composition parameters among the Japanese general population. Iizuka Y, Iizuka H, Mieda T, Tajika T, Yamamoto A, Ohsawa T, Sasaki T, Takagishi K. BMC Musculoskelet Disord. 2015 Nov 4;16(1):333.

Epidemiology and associated radiographic spinopelvic parameters of symptomatic degenerative lumbar scoliosis: are radiographic spinopelvic parameters associated with the presence of symptoms or decreased quality of life in degenerative lumbar scoliosis? Iizuka Y, Iizuka H, Mieda T, Tajika T, Yamamoto A, Takagishi K. Eur Spine J. 2015 Sep 30. [Epub ahead of print]

The Neural Correlates of Shoulder Apprehension: A Functional MRI Study. Shitara H, Shimoyama D, Sasaki T, Hamano N, Ichinose T, Yamamoto A, Kobayashi T, Osawa T, Iizuka H, Hanakawa T, Tsushima Y, Takagishi K. PLoS One. 2015 Sep 9;10(9):e0137387. eCollection 2015.

Population-based study of the association of osteoporosis and chronic musculoskeletal pain and locomotive syndrome: the Katashina study. Iizuka Y, Iizuka H, Mieda T, Tajika T, Yamamoto A, Takagishi K. J Orthop Sci. 2015 Nov;20(6):1085-9.

Retrospective review of 22 surgically treated adults with congenital anomalies of the upper cervical spine: a clinical and radiological review. Iizuka H, Iizuka Y, Mieda T, Kobayashi R, Nishinome M, Ara T, Sorimachi Y, Nakajima T, Takagishi K. Eur Spine J. 2015 Dec;24(12):2961-6.

Prospective multifactorial analysis of preseason risk factors for shoulder and elbow injuries in high school baseball pitchers. Shitara H, Kobayashi T, Yamamoto A, Shimoyama D, Ichinose T, Tajika T, Osawa T, Iizuka H, Takagishi K. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2015 Aug 4. [Epub ahead of print]

Gluteus Maximus Turnover Flap for Sacral Osteomyelitis After Radiation Therapy. Ishiwata S, Yanagawa T, Saito K, Takagishi K. Orthopedics.1;38(7):e651-4. 2015

L-type amino acid transporter-1 and CD98 expression in bone and soft tissue tumors. Koshi H, Sano T, Handa T, Yanagawa T, Saito K, Nagamori S, Kanai Y, Takagishi K, Oyama T. 2015 Sep;65(9):460-7.

A cadaveric study of the cervical nerve roots and spinal segments. Kobayashi R, Iizuka H, Nishinome M, Iizuka Y, Yorifuji H, Takagishi K. Eur Spine J. 2015 Dec;24(12):2828-31.

Shoulder pain and intra-articular interleukin-8 levels in patients with rotator cuff tears. Okamura K, Kobayashi T, Yamamoto A, Shitara H, Osawa T, Ichinose T, Takagishi K. Int J Rheum Dis. 2015 Apr 30. [Epub ahead of print]

A Retrospective Analysis of Subaxial Subluxation Following Atlanto-axial Arthrodesis in Patients with Rheumatoid Arthritis Based on Annual Radiographs Obtained for Five Years. Iizuka H, Iizuka Y, Mieda T, Kobayashi R, Nishinome M, Ara T, Sorimachi Y, Nakajima T, Takagishi K. J Spinal Disord Tech. 2015 Apr 20. [Epub ahead of print]

Relationship between grip, pinch strengths and anthropometric variables, types of pitch throwing among Japanese high school baseball pitchers. Tajika T, Kobayashi T, Yamamoto A, Shitara H, Ichinose T, Shimoyama D, Okura C, Kanazawa S, Nagai A, Takagishi K. Asian J Sports Med. (1):e25330. 2015

Clinical Outcomes After Anatomic Double-Bundle Anterior Cruciate Ligament Reconstruction: Comparison of Extreme Knee Hyperextension and Normal to Mild Knee Hyperextension. Saito K, Hatayama K, Terauchi M, Hagiwara K, Higuchi H, Takagishi K. Arthroscopy. 31(7):1310-7. 2015

Efficacy at 52 weeks of daily clinical use of iguratimod in patients with rheumatoid arthritis. Okamura K, Yonemoto Y, Suto T, Okura C, Takagishi K. Mod Rheumatol. 25(4):534-9. 2015

Characteristics of neck and shoulder pain in the Japanese general population. Takasawa E, Yamamoto A, Kobayashi T, Tajika T, Shitara H, Ichinose T, Mieda T, Iizuka Y, Iizuka H, Takagishi K. J Orthop Sci. 20(2):403-9. 2015

Sonographic evaluation of the medial aspect of the knee in a population-based cohort study. Yanagisawa S, Kobayashi T, Ohsawa T, Saito K, Yamamoto A, Tajika T, Takagishi K. J Clin Ultrasound. 43(5):318-21. 2015

Efficacy of the clinical use of iguratimod therapy in patients with rheumatoid arthritis. Okamura K, Yonemoto Y, Okura C, Kobayashi T, Takagishi K. Mod Rheumatol. 25(2):235-40. 2015

Relation among the knee, sagittal spinal alignment, and the spinal range of motion: Investigation in local medical check-ups using the SpinalMouse. Yanagisawa S, Sato N, Shimizu M, Saito K, Yamamoto A, Takagishi K. Asia-Pacific Journal of Sports Medicine, Arthroscopy, Rehabilitation and Technology. 2:68-71,2015

ページの先頭へ移動する

沿革

昭和19年9月 群馬大学医学部整形外科学教室開設。初代教授として大根田恒雄教授が着任し、全国で16番目の整形外科学教室となった。
昭和28年 第2回 東日本臨床整形外科学会(現、東日本整形災害外科学会)主催。
昭和48年 第22回 東日本臨床整形外科学会主催。
昭和51年 2代目教授として宇田川英一教授が着任。
昭和61年 医療短期大学(現、医学部保健学科)の教授に茂原重雄助教授が昇任。
平成5年 第26回 関東整形災害外科学会主催。
平成9年 3代目教授として高岸憲二教授が着任。
平成11年 第38回 関東整形災害外科学会主催。
平成14年 群馬大学附属病院リハビリテーション部の教授に白倉賢二助教授が昇任。
平成14年 第15回 日本軟骨代謝学会主催。
平成15年 第30回 日本肩関節学会主催。
平成17年 保健学科茂原重雄教授の後任として渡邉秀臣助教授が昇任。
平成20年 第37回 リウマチの外科研究会主催。
平成21年 第35回 日本整形外科スポーツ医学会主催。
平成23年 第26回 日本整形外科学会基礎学術集会主催。
平成24年 第61回 東日本整形災害外科学会主催。
平成29年 4代目教授として筑田博隆教授が着任。