群馬大学 大学院医学系研究科 医学部 医学科

本文ヘジャンプします
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

医科学専攻 研究と教育

研究能力と高度の臨床技能を併せ持つ臨床医の育成を図っています

医学系研究科は2003年4月より、1専攻4系8大講座に改組されました。大講座はそれぞれの重点研究課題を掲げており、従来の基礎・臨床講座が有機的に統合して重点課題の研究を遂行する基盤ができています。

バイオ研究を推進させ社会への還元を図る体制も整備されています。本学の生体情報ゲノムリソースセンター、大学院教育研究センター、共同機器センター等を活用して遺伝子とタンパク質の機能解析が実践されており、研究成果は地域共同研究センターを介して特許取得が行われています。また附属病院の臨床試験部を通して高度先進医療や創薬への道が開かれています。

本医学系研究科では、豊かな倫理観をもつ、世界水準の生命医科学研究者と教育者の養成を目指すとともに、「基礎融合型研究を推進するプログラム」「がんプロフェショナル養成プラン」によって、研究能力と高度の臨床技能を併せ持つ臨床医の育成を図っています。また、社会人特別選抜コースを設置し、昼夜開講を実施することによって、すでに地域社会で専門職として医学・医療の分野で活動している人たちにも門戸を開放しています。さらに、MD-PhDコースを設置し、生命科学研究に興味をもつ医学部学生が早期より大学院教育を受けることを可能にしています。

大学院教育は、本学独自の大学院教育に特化した教育研究センターである大学院教育研究センターで大学院教育専任の教員による基礎的な実習プログラムから始まります。さらに各分野での高度に専門的な小人数教育とともに、大講座制を基盤とした整合性のある統合型カリキュラムを編成しています。大講座による連続講義、実習コース、セミナー・研究会、基礎技術実習、動物実験実習などが開講され、シラバスも整備されています。