群馬大学 大学院医学系研究科 医学部 医学科

本文ヘジャンプします
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

医科学専攻 専攻長

医科学専攻長
石崎 泰樹YASUKI ISHIZAKI

先端的医学研究の推進と卓越した臨床能力をもつ倫理観豊かな医療人の育成を目指して

群馬大学大学院医学系研究科医科学専攻は、北関東における医学研究、医学教育の中核として、多くの医学研究者、医学教育者、医師、医療従事者を育成してきました。昭和18年に設置された前橋医学専門学校が、昭和24年に群馬大学医学部となり、昭和30年には大学院医学研究科(博士課程:4年制)が設置されました。平成19年には生命医科学専攻(修士課程:2年制)が開設されました。平成15年の大学院部局化以降、教員は医学系研究科医科学専攻の専任となりました。医科学専攻の教員は、医学部医学科および生命医科学専攻の教育も担当しています。

医科学専攻および医学部医学科では、"SES" をスローガンとして掲げて教育・研究を行っています。始めのSはScienceで、先端的医学研究・生命科学研究の推進を、次のEはEthicsで、医療倫理観の涵養と社会貢献を意味します。最後のSはSkillで、卓越した臨床能力・研究技術の養成・修得を意味します。

大学院教育研究支援センターの様子平成15年の大学院部局化では、基礎医学分野・臨床医学分野の融合型の大講座を組織し、領域横断的に研究を推進する中で、医学研究者・高度専門医療人を育成する体制を構築しました。すなわち、4系8大講座を中心にそれぞれの重点研究課題を設定し、大学院生や研究者が分野間で連携を取りながら重点研究を遂行できる組織となっています。さらに、大講座を中心とした連続講義、セミナー、研究会などが実施されています。

医科学専攻では、社会人特別選抜コースを設置しており、医学・医療分野等の社会人が大学院(博士課程)に入学し、講義や実習が勤務時間外に受講できるように体制を整えています。また、医学系の大学院教育に特化した大学院教育研究支援センターを中心に、動物実験施設、RI研究棟、生体情報ゲノムリソースセンター等を活用して、系統的に実験技術の基礎を学べるプログラムを構築しています。さらには統計・情報解析法などのカリキュラムを組み、幅広い実験技術を身につけられるように工夫しています。ここで学んだ技術や各研究室の伝統をもとにして、最先端の研究が行われています。

平成19年度からは、グローバルCOEプログラム(秋田大学と連携)「生体調節シグナルの統合的研究」、がんプロフェッショナル養成プラン「北関東域連携がん先進医療人材育成プラン」などのプログラムに沿った大学院教育・研究も進行しています。また、昭和キャンパスには日本の大学では唯一の重粒子線照射施設が設置されており、平成22年から重粒子線によるがん治療が開始されました。さらに、平成22年度に工学研究科と共同で申請した科学技術振興調整費若手研究者の自立的研究環境整備促進プログラム「若手先端科学研究者の研究環境改革」が採択され、若手研究者の新しいキャリアパスの形成を目指しています。このような取り組みによって、医科学専攻を中心とした世界的研究拠点の形成が期待されています。

これらのプログラムを通して、また本専攻独自のプログラムにより、大学院生への研究費の支援、国際学会での発表支援、高度専門教育の推進などが計られています。大学院生には、ティーチングアシスタント (TA)、リサーチアシスタント (RA) としての採用による経済的支援制度もあります。大学院生は、このように整えられた環境のもとで広い知識と技能を身につけて研究を遂行し、修了後は医学博士をもつ医師・医療人・医学研究者・医学教育者等として、社会に貢献することが期待されています。