群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"

  • 大学院医学系研究科医学部医学科
  •  / 大学院保健学研究科医学部保健学科
  • 群馬大学
2012/12/27 / education affairs
クランケンカッセ支給金の受領について

医学科生 各位

 

平成24年11月までに学務課へ「クランケンカッセ申請書」を提出し、支給金をまだ受け取っていない学生は、

印鑑を持って学務課学事・学生支援係へきていただき、支給金を受領してください。

(対象者の学籍番号は、「臨床講義棟1階の掲示板」「基礎講義棟1階の掲示板」「共用施設棟3階ロビー」へ掲示します。)

支給金は、申請した翌月10日以降であれば受取できます。

 

6年生は平成24年11月以降も引き続きクランケンカッセ支給金を申請することはできますが、

申請した場合は必ず卒業する前に、学務課で支給金を受領してください。

(支給金を受領しないまま、卒業することのないようよろしくお願いします。)

 

なお、平成24年12月中に申請書を提出した学生は、平成25年1月10日以降に受領にきてください。

 

学務課学事・学生支援係

2012/12/27 / education affairs
クランケンカッセ(医学科学友会疾病互助会)の規約改正について

医学科生 各位

 

平成25年1月から、クランケンカッセの規約が改正となります。

(平成24年12月10日開催の医学科学生大会において、改正が承認されました。)

 

主な改正点は、次のとおりです。

1.支給補助額を、自己負担額(保険適用内診療)の「3割」から「4割」へ引き上げます。

2.虫歯を支給対象とします

3.支給金の受領期限は申請月から1年以内とし、6年生は卒業するまでとします。

4.会の名称を、「医学科学友会疾病互助会」から「医学科医療費補助会」へ変更します。

 

1及び2について、新制度(支給4割、虫歯可)の対象となるのは「平成25年1月以降に発行の領収書」です。

「平成24年11,12月の領収書」は旧制度(支給3割、虫歯不可)が適用されます。

 

なお、支給対象は「診療日から2ヶ月以内の領収書」です。

また、対象は「保険適用内診療」ですので、「保険適用外診療」については支給されません。

 

《申請方法》

(1)「クランケンカッセ申請書」を記入する。(用紙は、「臨床講義棟1階の掲示板」「基礎講義棟1階の掲示板」

  「学務課学事・学生支援係のカウンター」にありますので、持って行ってください。)

(2)学務課学事・学生支援係カウンターの提出箱へ「クランケンカッセ申請書」及び「領収書」をホッチキス留めし、提出する。

(3)申請書提出の翌月10日以降に、印鑑を持って学務課学事・学生支援係へきていただき、支給金を受領する。

 

 学務課学事・学生支援係

2012/12/25 / education affairs
臨床選択実習提出書類について

5年生各位(該当者の方々へ

年明けから選択実習が始まりますが,下記病院は,実習日初日に持参する書類があります。
該当する方は,記入して,実習当日に病院の実習担当の方へ渡して下さい。

#学務課外のロビーにある提出BOXの上に印刷した書類を置いておきます

○対象病院と提出する書類

・群馬中央総合病院・・・誓約書
・前橋赤十字病院・・・・・誓約書,駐車場利用

2012/12/21 / education affairs
選択臨床実習(核医学)

このことにつきまして2週間(ターム)の前半・後半については各ターム内での調整をお願いします。

2012/12/21 / education affairs
麻酔科からのお知らせ

麻酔科を選択した学生は必ず添付のファイルにて詳細を確認してください。
※臨床講義棟のロビーにも置いてあります。

選択実習希望調査H24

2012/12/17 / education affairs
選択臨床実習(最終結果)

このことについて添付のとおり決定しました。
各自確認してください。訂正の有る場合は担当まで連絡してください。

履修届の提出は必要ありません。

H24選択臨床実習(第2回抽選結果)

※このPDFファイルの他サイト等への無断転用、転載は禁止します。

2012/12/17 / education affairs
医療経済政策学特論(特講)レポート提出について

12月1日(土)・15日(土)に行われた医療経済政策学特論(特講)
福田敬先生のレポート提出は下記のとおりです。

課題:日本の公的医療保険制度において、医療の質や効率を上げるためには
   どのような診療報酬制度があるべきだと思いますか。良いと思う診療
   報酬体系や点数、自己負担のしくみなどを1つ提案し、それに期待さ
   れるメリットと導入するとしたら考慮すべき課題について医療経済学
   の観点から議論して下さい。

分量:自由

講義やレポートに関する質問は電子メールでお問い合わせください。
  アドレス(福田敬先生):t-fukuda-tky@niph.go.jp

  

〆切:12月25日(火)21時

提出先:学務課大学院係(共用棟3F)
    あるいは
    小林夏子教授研究室ボックス(西棟3F)
    メールでの提出先:kobayashinats@gmail.com

2012/12/11 / education affairs
選択臨床実習(第1回抽選結果)

このことについて添付のとおり決まりました。
抽選漏れとなった方には別途全学G-mailのアドレスにメール送信しました。

全学G-mailが分からない方はhttp://www.media.gunma-u.ac.jp/から確認してください。

それ以外の訂正・追加・削除の場合は直接学務課までお越しください。

H24選択臨床実習(第1回抽選結果)

※このPDFファイルの他サイト等への無断転用、転載は禁止します。

2012/12/11 / education affairs
5年生地域保健実習について

5年生各位

今年も残すことろ、あとわずかとなりました。

地域保健実習ですが、まだ実施していない人で、チュータに相談していない人は早急に連絡をとるようにしてください。年明けに実習に行く予定の人も、連絡だけは12月中に必ずとるようにしてください。
4月のオリエンテーション時に説明しましたし、「5年次地域保健実習について」の注意事項にも明記してありますが、12月末までに連絡がない者は不合格とします。

すでに実習を終えた学生の中で「実習終了報告書」および「実習調書」を提出していない人が多数います。該当者は早急に提出してください。

レポートの提出期限は1月末日です。様式を公衆衛生のHPよりダウンロードし、添付ファイルで各チュータに提出してください。

年末は教員が不在の日もありますので、チュータに会う必要のある人は12/21(金)までに連絡をとってください。

以上、よろしくお願いします。

公衆衛生学
小山 洋

2012/12/07 / education affairs
保健学科平成26年3月卒業者向け病院説明会等について

保健学科学生対象の平成26年3月卒業者向け病院説明会等のポスターが
新棟1Fに掲示してあります。その他、各種無料配布物・冊子も
新棟1Fに設置してありますので、ご自由にお持ち帰りください。

2012/12/07 / education affairs
日本学生支援機構・奨学金 継続手続説明会について(1/9,10)

奨学金貸与中の学生を対象とした、次年度への奨学金継続手続についての説明会を下記のとおり開催します。

対象学生は必ず出席してください。 (対象者の学籍番号一覧は、12月中旬に掲示します。) 

期間内に手続を行わない場合は、奨学金が「廃止」となります。

また、奨学金を辞退する学生も、手続が必要となりますので必ず出席してください。

              記

 1.日時 平成25年①1月 9日(水) 医学科生

                    ②1月10日(木) 保健学科生、大学院生

       両日ともに、18:00~(所要時間 約1時間)

2.場所 臨床大講堂(臨床講義棟1,2階)

3.対象奨学生 :現在奨学金を貸与中の学生

《学部生》 医学科 2,3,4,5年生

      保健学科2,3年生

 《大学院生》生命医科学専攻1年生

       医科学専攻   1,2,3年生

       保健学専攻(博士前期)1年生

       保健学専攻(博士後期)1,2年生

 

 ・ 指定された日の説明会へ出席できない学生は、別の日の説明会へ出席していただいて構いません。

  (学務課学事・学生支援係へ、その旨の届出は不要です。)

・ 上記2日のいずれも都合が付かず、やむを得ず欠席する学生は、

  必ず事前に学務課学事・学生支援係(共用施設棟3階)へ申し出てください。

 卒業・修了予定者(学部、大学院の最上級生で、12月上旬までに

  返還関連書類を大学側へ提出した学生)は、出席不要です。

・ 学部1年生は、荒牧地区の継続手続説明会(1月9日(水)~11日(金))へ出席してください。

  学務課学事・学生支援係